乱読にもほどがあるッ!
趣味? 読書です。毎日欠かさず本を読む、グータラ主婦の読書記録。
このカテゴリーの記事


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ
さんざん放置していて今さらですが、
2月末までお休みします。
スポンサーサイト



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ
「本」に関係のない話のほうが多くなってきた大崎氏。

ねずみ石ねずみ石
(2009/09/18)
大崎 梢

商品詳細を見る



祭りの夜には、ねずみ石をさがせ。かなう願いは、ひとつだけ―。中学一年生のサトには、四年前のお祭りの記憶がない。恒例の子供向けイベント「ねずみ石さがし」の最中に、道に迷って朝まで行方しれずだったのだ。同じ夜、村ではひとつの惨殺事件が起こっていて、今でも未解決のまま。交錯する少年たちの想いが、眠っていたサトの記憶に触れたとき、事件は再び動き始める。(「BOOK」データベースより)


こういう、「殺人事件」について書くのは珍しいなあ、と感じだ。しかも「4年前」というのは難しい。
何故今犯人が動き出すのか、証言を変えた兄さんの思惑は、と興味津津読み進む。サトにくっついて話を聞きたがるセイの正体も気にかかるし、上手くなったなあ。

「失くしてしまった記憶」というモチーフも面白いし、事件全体の伏線の張り方もいい。
鉢巻の文字はちょっと安易かな。何故今まで誰も気付かなかったんだろう、と思いました。よそ者がやったことだから、と今まで誰も深く考えてなかった、ということになっているにしても。

出てくる少年たちが素敵なのですよ。
そして何より「願い事をかなえる石」というのがいい!
4年前に主人公が起こした行動と、願いと、その結果がせつない。

いい話を読みました!

(87点)




…という感想が、amazonの画像を貼り付けるだけの段階まで書いたところで下書き保存になってました。7月の日付で。もうすっかりUPした気持ちだった…。



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ
まだ現役で本を出してらっしゃるんですよねえ…。すごい人だなあ。

足みじかおじさんの旅―やなせたかしのおとなのメルヘン足みじかおじさんの旅―やなせたかしのおとなのメルヘン
(2009/04)
やなせ たかし

商品詳細を見る


足みじかおじさんは無名である。カッコよくない。でもぼくらが悩む時、ひそやかに悩みを解決してくれるひとが、そんなひとがいれば助かる。ここに集めた、足みじかおじさんのみじかいお話がいくらかあなたの心をなぐさめることができたなら、それが作者のよろこびです。(まえがきから)


2~3ページのショートメルヘン集。

足みじかおじさんというのは天使見習いのようなもので、ほんの少しだけ使える不思議な力を使って、困っている人の手助けをしています。
この「ほんの少しだけ」というのがポイントで、困っている人を助けることは出来るけど、世界平和といった大きな希望はかなえられない。少しだけ気持ちを明るくする手助けは出来るけれど、不治の病を治したりは出来ない。
かっこいいヒーローじゃなくいけれど、困っているときにこんな人が現れたらいい。
そういう、ささやかな幸せを上手く捉えた話です。
時々何にも解決していない話が混じっているところが絶妙。本人の心がけによって自体がよくなる話もあれば、それすらない話もある。子供が読むには少しだけビターな話もありますが、余韻を感じさせる好きな話の一つです。

かっこよいヒーローじゃなくても、誰かを助けることに喜びを感じる…。
やなせたかし氏のライフワークの一つといっていい作品です。

(80点)



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ
自分のブログに検索をかけて「読んだことあったかな」と確かめるのは読書人として間違ってる気もしますが、便利。(こういう使い方もあったのか!)

ナインナイン
(2009/09/01)
川上 健一

商品詳細を見る


それぞれの人生を抱え、でも野球が好きでたまらない老若男女9人が、草野球チーム「ジンルイズ」に集まった。やがて、ナイン一人ひとりに起こりはじめる小さな奇跡…。(「BOOK」データベースより)


とにかくもう、勝っても負けても野球って楽しいよね、というお話です。

いろんな事情を抱えた9人の草野球チーム。戦争時代の思い出を胸にグランドに立つおじいちゃんから、女性だという理由で野球をあきらめなくっちゃならなかった20代OLまで。とにかくわいわいと楽しくやっていたチームに、突然公式戦に出場する話がやってきて…。しかも「優勝する呪い」がかけられていて…。まさかまさかの連勝に、一番驚いたのはチームの面々。
「呪い」は本当なのか?

結構重たい「事情」もあるのですが、(企業買収とかね)とにかく明るい雰囲気で、読んでいてわくわくします。
野球ルールの細かいところは知らないのですが、楽しく読めました。

スポーツっていいよね、チームって素敵だよね、っていうお話。根性ものではありません。苦労の末勝利をつかむ、なんてお話が読みたい方にはおすすめしません。でも面白いよ。

(80点)



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ
今月いっぱい、更新を停止いたします。
来月から再開予定です。



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。