乱読にもほどがあるッ!
趣味? 読書です。毎日欠かさず本を読む、グータラ主婦の読書記録。
このカテゴリーの記事


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ
なんか殺伐とした話が続いたので、反対に針がふれました。

リリイの籠リリイの籠
(2007/12/14)
豊島 ミホ

商品詳細を見る


絵のモデルを頼んだ加菜に、憧れにも近い感情で惹き付けられていく美術部員の春―生意気な女子生徒―由貴に、こっそり大切な思いを打ち明けてしまったえみ先生―容姿の劣る親友・実枝に彼氏ができ、穏やかでいられなくなる里加―女子高を舞台にキラめく感情の交差を描き出した、書下ろし1編を含む全7編。(「BOOK」データベースより)


この人、自分のこと「官能小説の賞で作家になった」というくせに、青春ものが上手いんだよね。

女子高という閉鎖社会で、人を好きになったり、友達に彼氏が出来たことを嫉妬したり、こっそり容姿を比べて「私のほうが勝ってるよね」と思ったり。
成人女性の話が混じってますが、彼女も内面は「少女」ですね。
解る解る、って話だったり、「これはあの人と同じタイプの子だな」って話だったりするけど、実際にいそうな女の子の話たちです。

好きなのは「忘れないでね」。
転校続きで、クラスの輪に入るよりはみ出してる子と仲良くなってなんとなく切り抜けたほうがいい、という処世術を身につけてしまった女の子が、もう転校はないというのにやっぱりはみ出しものの子と仲良くなっちゃって・・・。というお話。
最初と最後に出てくる、駅でのお別れの場面が対照的です。

女の子(元女の子)はきっと面白いと思う。
女同士の付き合いってやっぱ大変だよね、でも楽しいよね、って話たちです。

(78点)
スポンサーサイト



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ

テーマ:本読みの記録 - ジャンル:本・雑誌

本を開いてから、エッセイ集だということに気付きました。

やさぐれるには、まだ早い! (ダ・ヴィンチブックス)やさぐれるには、まだ早い! (ダ・ヴィンチブックス)
(2009/12/02)
豊島ミホ

商品詳細を見る


大学入学を機に秋田から上京して20歳で作家になった豊島ミホの東京っぽくない東京暮らし。初めて彼氏の居るクリスマス、AV鑑賞入門、ひとり花火大会、同棲問題…。“底辺女子高生”だった彼女は、ここで何を見つけたのか。それとも、何も見つからなかったのか。(「BOOK」データベースより)

「官能小説の賞で作家になった」と何度も書かれているんですが、私まだその受賞作を読んでないので、私にとって豊島ミホは「甘酸っぱい、でもそれだけじゃない大人の視点の青春小説を書ける人」というカテゴリなんです。
この本はもう少し等身大の、「なんか疲れちゃったけど、明日もまたがんばれるかな」といった女の人の日常が書かれています。

結構地味な、だからこそ疲れているときに読むとなんか安心するような、そんなエッセイ。
最初のコンセプトがそんな感じだったようですから(あとがき参照)、成功していると思います。
しかし、地味っぽく見えるけど結構変な人だよこの人は。

(74点)



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ

テーマ:本読みの記録 - ジャンル:本・雑誌

「マザコン」と同時期にこの本を読んだことには、何がしかの価値があると思います。

ぽろぽろドールぽろぽろドール
(2007/06)
豊島 ミホ

商品詳細を見る


物言わぬ人形にこそ、向けられる愛情があり、憎しみがある。人形とのかかわりを主軸にした短編集、全6編。


子供が遊ぶような人形ではなく、もう少し大きくなった人間が主人公。
何もいわない、抵抗しない人形。人間側がどう扱ってもいいからこそ生まれる関係に、隠微さが漂います。
そして、この作品の主人公の多くが、現存するけれど自分を愛してくれない人物を、人形に投影しているのが精神的弱さを感じさせます。

この中でちょっと異色なのが「サナギのままで」。
子供のころはお互いしか見ていなかった「坊ちゃま」と女中。坊ちゃまは出征前に女中の前で涙を見せるが、慰める言葉を持たない女中。戦争が終わり、戦死した坊ちゃんへの思いをこめて、坊ちゃんそっくりなマネキンをつくる…。
この話が一番切なく感じました。

(78点。大変面白いのですが、等身大の人形に不気味さを感じる人にはおすすめできません)



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ

テーマ:本読みの記録 - ジャンル:本・雑誌

トラックバックについて。
スパム防止のため、トラックバックは私が相手方を確認してから、表示されるようになってます。出来るだけ毎日アクセスするようにしてますが、何日か空くこともあります。気長~に待っていただけると幸いです。

さて、今日の一冊。
初恋素描帖 (ダ・ヴィンチブックス)初恋素描帖 (ダ・ヴィンチブックス)
(2008/08/20)
豊島ミホ

商品詳細を見る

中学二年生。初恋の時期。クラス内でも思いがすれ違ったり重なったり。20人の恋心を鮮やかに切り取った短編集。

すっごい、甘酸っぱいんですけど!

好きな子が自分の友人に片思いしていると気付いた途端、憎まれ口しか叩けなくなってしまう女の子とか。アイドルに恋をしてたのに、「そういうのってキモい」言われた途端にあきらめなくちゃって考えることか。好きな男の子に告白しようと思ったら、タイミングをずらされて、なぜか漫才コンビを組むことになってしまう子とか。
一クラス35人中、20人の、いろんな恋の様子を、ここしかないタイミングで切り取った掌編。一編一編は短いのだけど、時系列にそって並んでいるので、「あの子達は傍から見てるとあんなんだったけどこういう考えだったのかー」とか、「あーあの発言はこういう意味でとられちゃったんだー」とか、掠めるようにつながっていくのが楽しい。
そしてちょっと目新しかったのが、「男の子目線」から書かれた話も同じくらいある、ってこと。
そして、かっこいい子ばかりの話じゃなくて、普通の子、コンプレックスに押しつぶされそうになってる思春期独特の不器用な感じが満載なこと。
そうそう、恋ってこんな感じだったなあ・・・。

「あの時期」をすぎた人ならきっと面白いに違いない。
堪能しました。

(85点)



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ

テーマ:感想 - ジャンル:本・雑誌

さほど期待しないで読み始めたんだけど、この本はいいよ。

エバーグリーンエバーグリーン
(2006/07)
豊島 ミホ

商品詳細を見る

漫画家を目指すアヤコと、ミュージシャンを志すシンは別々の高校に進むことになる。卒業式のあと二人は約束する。
「10年後にまた会おう」
10年、その間に二人はどうなるのか。淡く切ない、残酷だけど美しい日々を描いた青春小説。(出版社/著者からの内容紹介)

私はもともと、ちょっと泣けるけど泣かすための話じゃない話、というのが好きで、べた過ぎるとかえってさめたりするんだけど、この話はぐっと来た。

中学のときの夢は、大体、かなわない。
そのころはまだ、自分の能力がつかめてないから。
なのに、10年後にお互いの夢をかなえて再開しよう、と約束した二人。
二人の間にあるのは、「恋」の一歩手前の、淡い感情。

そして10年たって。
アヤコは夢をかなえて漫画家になっていたけれど、シンは高校卒業後、普通に就職していて。
再開の日が、近づいてきて。

20代も半ばになって、昔のことを思い出すのは、切なくて苦しくてちょっと甘くて。
そんな気持ちがぎゅっと詰まった話で。
私はさらにこの年代を超えてしまったので、あのころはこうだったなあ・・・、なんて思い出したりする。

読後感もさわやか。お勧めします。
(93点)



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ

テーマ:感想 - ジャンル:本・雑誌

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。