乱読にもほどがあるッ!
趣味? 読書です。毎日欠かさず本を読む、グータラ主婦の読書記録。
このカテゴリーの記事


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ
長らくご無沙汰でした。本は読んでます。

RDG3  レッドデータガール  夏休みの過ごしかた (カドカワ銀のさじシリーズ)RDG3 レッドデータガール 夏休みの過ごしかた (カドカワ銀のさじシリーズ)
(2010/05/29)
荻原 規子

商品詳細を見る


学園祭の企画準備で、夏休みに鈴原泉水子たち生徒会執行部は、宗田真響の地元・長野県戸隠で合宿をすることになる。初めての経験に胸弾ませる泉水子だったが、合宿では真響の生徒会への思惑がさまざまな悶着を引き起こす。そこへ、真響の弟真夏の愛馬が危篤だという報せが…。それは、大きな災厄を引き起こす前触れだった。(「BOOK」データベースより)


幕間的な一冊。「敵」との対決がひと段落して、生徒会の仲間と夏休みに避暑兼合宿に出かけましょう、といった話。
大きくストーリーが動いた感触はないのですが、いろんなエピソードが詰め込まれていて、今後の展開に期待できる感じです。
今回はどちらかというと宗田きょうだいの方が主眼で、完璧に見える真響の弱いところや真夏の裏の面も描かれて、物語全体の奥行きが深くなった気がします。
いろいろ企んでいる、裏の事情がある人たちばかりの話なので、全貌が見えるようになるにはまだ少し先かな。

そして深行がいろんな面を見せてくれてるのが嬉しい。泉水子との関係はよくなったり悪くなったりを繰り返しながら、だんだん近づいていってる気がします。こういうささやかなときめき要素があると読んでて楽しくなるから現金な私。

(今回は80点。紫子はかっこよかった)
スポンサーサイト



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ

テーマ:本読みの記録 - ジャンル:本・雑誌

伝統芸能シリーズはおしまいにしようと思ったら、この本にも関係のある場面が出てきてました。お神楽も芸能の一種だよねえ。

RDG2  レッドデータガール  はじめてのお化粧 (カドカワ銀のさじシリーズ)RDG2 レッドデータガール
はじめてのお化粧 (カドカワ銀のさじシリーズ)

(2009/05/29)
荻原 規子

商品詳細を見る

神霊の存在や自分の力と向き合うため、生まれ育った紀伊山地の玉倉神社を出て、東京の鳳城学園に入学した鈴原泉水子。学園では、山伏修行中の相楽深行と再会するも、二人の間には縮まらない距離があった。弱気になる泉水子だったが、寮で同室の宗田真響と、その弟の真夏と親しくなり、なんとか新生活を送り始める。しかし、泉水子が、クラスメイトの正体を見抜いたことから、事態は急転する。(「BOOK」データベースより)

うん。
荻原氏、絶対少女マンガ好きですよね。

引っ込み思案で自分の能力を使いこなせない主人公泉水子。対照的に、自分の能力の使いどころを心得ていて、そつなく振舞える深行。
泉水子と同室になった真響は、明るくて文武両道を実現している、でも気さくな女の子。真響の弟の真夏は人付き合いはちょっと苦手、勉強も苦手、でも動物好きで前向きで、たくましい。
この4人と対決することになるキャラクターも、それほど斬新な個性を持っているわけではない。
書きようによってはどこかで読んだことのあるストーリーになっておかしくないものを、ぐいぐいと読者を引っ張る力はさすが。

二冊目になって、ストーリーにも勢いがついてきたのか、読み応えはぐんとアップしました。
泉水子も、ゆっくりながら成長しているし。

おそらく、まだまだストーリーは序盤。
日本古来の「言霊」や「陰陽師」「山伏」などの不思議ワードをちりばめながら、どんどんスケールが大きくなっていくことを期待します。

(83点)



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ

テーマ:本読みの記録 - ジャンル:本・雑誌

「銀のさじ」、二冊目。優れた作者を集めたいいレーベルだと思うのですが。

RDG レッドデータガール  はじめてのお使い (銀のさじ)RDG レッドデータガール はじめてのお使い (銀のさじ)
(2008/07/04)
荻原 規子

商品詳細を見る

「人から見られている」事に異常なほど恐怖心を抱く泉水子。メガネにひっつめみつあみという古臭いスタイルから脱出して、普通の女の子になりたいと切望していた。しかし、父から東京の高校への進学を進められ、拒否したのを期に、彼女の周りに隠されていたたくさんの出来事が現れ始めて・・・。

一見普通の(むしろ野暮ったい)女の子、でも本当は隠された高貴なほにゃららで・・・という、荻原氏大得意の設定ですね。
途中から出てくるナイト役、深行も、最初は敵対心全開で、だんだん理解しあっていくという王道パターン。

しかしもちろん本の魅力というのはそれだけではないわけで。
ありえないファンタジー世界なのに、説得力を持たせる筆力はもちろん、主人公に思い入れできる描き方も魅力だと思います。

ちょっと毒舌気味に言ってしまうと、
このストーリーなら、少女小説やライトノベルの(文庫)レーベルで、長編を前提に、二分冊・三分冊しても、面白かったと思います。

(82点。なんだかんだ、こういう話もすき)

出てくる男たちがどいつもこいつもいい男ばかりなのに驚きましたが(これもきっと荻原氏の趣味だと思われます)。
しかしちょっと強引で毒がある男を嫌味なく書けるというのもすごいなあ、と思います。



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ

テーマ:本読みの記録 - ジャンル:本・雑誌

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。