乱読にもほどがあるッ!
趣味? 読書です。毎日欠かさず本を読む、グータラ主婦の読書記録。
このカテゴリーの記事


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ
予定より若干遅れましたが、皆様今年もよろしくお願いします。

都会のトム&ソーヤ(7)《怪人は夢に舞う 〈理論編〉》 (YA!ENTERTAINMENT)都会のトム&ソーヤ(7)《怪人は夢に舞う 〈理論編〉》 (YA!ENTERTAINMENT)
(2009/11/28)
はやみね かおる、にし けいこ 他

商品詳細を見る


この世界を救うため、怪人を夢の世界まで追いかける―。そんな「究極のゲーム」をついに作りはじめる、内人と創也。しかしそこへ、謎の「ピエロ」からの不吉なメッセージが…。 (「BOOK」データベースより)


このシリーズがもう、読むたびに「究極のゲームといったってもともとの能力が高い人しかクリア出来ないゲームははたして良ゲームか?」と考えてしまうのですが、今回の作品は「プレイヤーが『彼らだったら』」という地点から語られていくのでまあいいかな。それぞれのプレイヤーに対してクエストの難易度を変えていくだけのまめさがあるのであれば、ゲームとしては成立するのかもしれない…(でも商業的には成立しないよなー)。
こういうゲームは主催側がどれだけプレイヤーの行動を読めるかにかかってくるので、相性のいいプレイヤーと主催って言うのはあるし、前巻のあれだってプレイヤーが違う人だったら楽しめないと思うんだよねえ…。
元TRPGプレイヤーの戯言ですが。

今回の作品では、いよいよ内人と創也のチームがゲーム制作に動き出します。まだ企画段階ですけど、細かいことを煮詰める段階まで進んできます。
しかも創也が宣伝媒体に選んだのがラジオ! その出演者がまた一癖も二癖もある落語家! 予想の上を行く展開でした。しかもそこに「プランナ」の影もちらついてきて、栗井栄太たちと三つ巴の腹の探りあいになって行きます。ゲームを作る際のアイディアの煮詰め方が少し甘いかなーと思うのですが、実践編でもう一ひねりしてくれるのではないかと期待。ミステリ的な騙しもきっちり入れてくれて、満足の一冊です。

この話は後半の「実践編」に続いています。どうやら実際にプレイされるみたいです。
期待して読みたいと思います。

(点数は実践編の後で)
スポンサーサイト



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ
お久しぶり、の第6巻。

都会のトム&ソーヤ(6)≪ぼくの家へおいで≫ (YA!ENTERTAINMENT)都会のトム&ソーヤ(6)≪ぼくの家へおいで≫ (YA!ENTERTAINMENT)
(2008/09/30)
はやみね かおる

商品詳細を見る


創也が内人をお家へご招待!?ダージリンティーでもいれて、二人で優雅にティータイム…といくはずがとんでもないことに―。(「BOOK」データベースより)


そもそも創也が何のたくらみもなく自分の家に内人を呼ぶわけもないわけで、しかもあの手この手を使って何が何でも彼を呼ぼうとしているところがすでに怪しい。

案の定、アルバイトとしてセキュリティを突破するように言われた内人。このセキュリティがまたそんなのありか!的とんでもな装置になってます。人工知能もついてたりしてね。いったいどういう人がこのシステムを使うつもりで開発されているのかしら。
そのセキュリティシステム側に立つのが卓也さん。彼を出し抜いてミッションをクリアしたらいよいよ待望のゲーム作りが始められるとあって、内人もしぶしぶながら創也のたくらみにのることになります。
いや、面白かったよ!
こんな手があったか、という戦略のあれこれは読んでいて楽しいし(無理があるのもあるけどね。ワカメとか)、伏線の張り方もお見事。これはそこにおとすのか、という驚きも楽しい。

番外二編とおまけ漫画はさらっと読めて笑いを誘います。

(80点。ただし必ず一巻から読んで欲しい)







ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ

テーマ:本読みの記録 - ジャンル:本・雑誌

本日、18日。これで読んだ本は10冊目。間に合うか?

ぼくらの先生!ぼくらの先生!
(2008/10/11)
はやみね かおる

商品詳細を見る


学校で起きた、ちょっと不思議な…でもそれほど大事ではなく、日常にまぎれて流れていきそうな小さな事件たち。退職した元教員が、妻に思い出話として語ったところ、妻はあっという間に解決して見せて…。


安楽椅子探偵ものの基本といっていいつくりです。過去を振り返って、という話なのでちょっと昔風の話が多いように感じましたが、懐かしい感じがして悪くない。
そして何より、この奥さんがかわいらしい。
根っからの「先生」のだんなを支えて、愚痴も言わすでしゃばらず、ただ優しく見守っている奥様。それでいてちゃんと芯がある、しっかりしたところも持ち合わせていて。
そしてようやく、だんなさまが自分の妻の魅力に気付く話でもあります。
理想の老夫婦像の一つです。

「肝だめしの夜」が面白かった。学校でおきた怪談騒ぎ。肝だめしのチェックポイントとして持って帰ってくるはずだったコインが姿を消して…。謎解きが一番鮮やかで、映像的だった気がします。

(80点)



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ

テーマ:本読みの記録 - ジャンル:本・雑誌

図書館ではヤングアダルトの棚においてあったんだけど、普通に講談社ノベルズから出ている本なんだねえ…。

少年名探偵 虹北恭助の冒険 (講談社ノベルス)少年名探偵 虹北恭助の冒険 (講談社ノベルス)
(2000/07/06)
はやみね かおる

商品詳細を見る

ひとりでにふえてゆく駄菓子屋のおかし。深夜、アーケード街をさまよう透明人間の足跡。なんでも願いをきいてくれるお願いビルディング。虹北商店街で巻き起こる不思議な不思議な謎・謎・謎!美少女・野村響子ちゃんをワトソン役に、講談社ノベルス史上最年少の名探偵〈小学6年生〉・虹北恭助の推理が冴える。 (「BOOK」データベースより)


でも内容はいつものはやみねかおるです。
優しさと暖かさのある、日常の謎系本格推理。語り手も探偵も小学生で、二人の暮らす商店街と小学校で起きた不思議な事件。それを鮮やかにといてく話。

謎としての難易度はそれほど高くないかな、フェアに書いてあるから余計に。謎解き部分での伏線の回収はお見事。

全体に、少し私には物足りないかな。ボリュームも、事件の内容も。もう少しがっつりした謎が読みたいですねえ。
あとイラストが多めなのも賛否分かれるところだと思います。

(78点。この内容ならYAのレーベルで出てもよかったかな)



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ

テーマ:本読みの記録 - ジャンル:本・雑誌

シリーズ最長編(今のところ)、上下巻です。

都会のトム&ソーヤ(5)IN塀戸上 (YA! ENTERTAINMENT)都会のトム&ソーヤ(5)IN塀戸上 (YA! ENTERTAINMENT)
(2007/07/22)
はやみね かおる

商品詳細を見る


栗井栄太のつくった究極のRPG、R・RPG(リアル・アールピージー)のテストプレイヤーとして塀戸村を訪れた内人と創也。次々に起こる不思議な出来事に翻弄されながら、ゲームクリアを目指すことになります。

いろいろイベントが起きて、「どこまでゲーム? これは主催が仕掛けたもの?それともバグ?」という楽しみ方ができる、わくわくする一冊。
冒険譚、ですよね。

夢中になって読みました。内人の恋心がかわいそう。
今までの巻で登場人物の性格がわかっていた方が楽しめると思います。

(冒険譚として読むなら、80点) 理由は追記にて。



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ

テーマ:本読みの記録 - ジャンル:本・雑誌

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。