乱読にもほどがあるッ!
趣味? 読書です。毎日欠かさず本を読む、グータラ主婦の読書記録。
このカテゴリーの記事


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ
臨時収入があったので(貸してたお金が返ってきただけともいう…)なんとなく読んだことのない人の本を読もうと思い立ったのですが。これが大当たり。

チーム (実業之日本社文庫)チーム (実業之日本社文庫)
(2010/12/04)
堂場 瞬一

商品詳細を見る


箱根駅伝といえばお正月2・3日にテレビ中継される大学対抗の駅伝。マンガや小説の題材になっているものもありますね。しかしこの作品が他と違うところは「学生選抜」チームを主役にすえているところ、なのです。
チームとして箱根には出られない、しかし予選会でいいタイムを出した個人を抜擢して、一つのチームとしてたすきをつなごうというのです。
タイムから見ても個人の能力は高いのですが、なかなか「チーム」としてまとまるのは難しい、何のために襷をつなぐのかモチベーションの維持が難しいチーム。

主人公の浦は昨年の自分の不調がもとで所属チームのシード権をなくしてしまったことを悔いている青年。そこへ選抜の話が届く。個人で箱根に出ることをチームのみんなは裏切りだと感じないだろうか…。この葛藤から物語が始まるところにほれました。

そしてこのチームの監督もいい。陸上会の名伯楽といわれ、何人もの名選手を送り出してきたが、自分のチームを率いて箱根にでたことはない。引退のこの年も予選会に挑んだが数秒差で出場できない。そこへ舞い込んだ選抜チームの監督。この寄せ集めのメンバーをどう率いて成績を残すか…。
この監督は本当にいい監督なのですが、箱根を走らせた経験がないということがどれだけのプレッシャーなのか。

チームの中も一枚岩ではなく、天才だからこそ他と馴れ合わない性格的に難がある人もいます。
キャプテンを負かされることになってしまった浦がどうやって彼らを纏め上げるのか。
彼らはどんな思いをこめて襷をつなぐのか。

後半のレース部分も、経験が足りなくて失敗する選手あり、悪天候に泣かされる選手あり、さまざまな思いをこめて繋がっていく襷。
臨場感たっぷりながらもテンポのいい文章で、読ませてくれます。

故障しない選手がいい選手、とか考えさせられる台詞もたくさん。
いい小説でした!

(90点)
スポンサーサイト



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ
このタイトルと、表紙にひかれて読み始めたんですが。

このどしゃぶりに日向小町は (ハヤカワ・ミステリワールド)このどしゃぶりに日向小町は (ハヤカワ・ミステリワールド)
(2010/01)
鳥飼 否宇

商品詳細を見る

暗雲立ち込める山中のサナトリウムの前に、20年前解散した伝説的ロックバンド鉄拳の元メンバーが集結した。薬物依存症で脱退し、闘病の末亡くなった天才ギタリスト・ルビー。その遺体は即日茶毘に付され、形見の紙片には暗号めいた文字が記されていた。ルビーの死に不審を抱いたメンバーたちは真実を追って病院の門扉を叩く。それが新たな崩壊への序曲だとも知らず…迫りくる嵐が呼ぶ衝撃の結末とは―。 (「BOOK」データベースより)


ミステリ、ではないですね。謎解き要素はないですもんね。
スプラッターが平気なひとにおすすめ、としか言いようがない作品です。あと、性的描写もかなり露骨に出てきます。

あらすじにある「病院」は、表向きサナトリウムですが、実は研究施設です。この研究内容も相当えげつない。

もののように命が奪われていきます。私はこういうの駄目だ。最後まで読んだらそれでも何かカタルシスめいたものがあるかと思いましたが、それも期待しちゃ駄目でした。

(70点。こういう作家だったっけ?)



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ

テーマ:本読みの記録 - ジャンル:本・雑誌

これは書店でもらった「新刊ニュース」だったかに紹介がのっていて、そのうち読もうと思っていた本です。

追跡―警視庁鉄道警察隊追跡―警視庁鉄道警察隊
(2009/07)
高嶋 哲夫

商品詳細を見る

東京都内を運行する列車内で、スリと切り裂き事件が相次いで発生した。『多国籍スリ集団』と呼ばれる犯人たちは、お年寄りや女性を狙い、乗客を集団で取り囲み、連携して犯行に及ぶ。一方、『切り裂き魔』と呼ばれる犯人は、女性のバッグを狙い、ゲリラ的に切りつける犯行を繰り返していた。警視庁鉄道警察隊新宿分駐所の小松原たちは、犯人グループを追い、警乗に追われていた。日々拡大する被害のなか、小笠原たちの執念の捜査で辿りついた犯人像…それは、男性ではなく女性だったのだ―。(「BOOK」データベースより) 

新人警察官が自分の仕事に誇りを持つまでの成長物語、です。
ミステリ的に、「誰が犯人だろう」と思いながら読むのも楽しいですが、犯人を当てるのに足るだけの伏線はないかもしれません。刑事がこつこつ証拠を集めていくタイプの作品なので、劇的な証拠というのはないです。

※以降、若干ネタばれ※

『切り裂き魔』と呼ばれる、女性のバックばかりを切り裂く犯罪者。犯人と目される老婦人が捕まったものの、痴呆にかかっているため明確な自白が得られない。
新人警官の小松原は、「何かが違う」と思い、他の犯人の可能性はないか証拠固めに奔走する。
しかし、そこへ新たな『切り裂き魔』が現れる。
過去の犯罪はどこまでが新しい犯人の仕業で、どこから老婦人の犯行か…。
鉄道警察隊という、条件の限られた中での捜査しかできない警官たちを描いた作品で、集団ものとしても面白いし、脇役のキャラクターもしっかりしています。
地に足の着いた警察ものとして、出色の出来。
それでいてラストにちゃんと山を持ってきてくれるあたり、小憎い感じもします。

この作家さん、初めてでした。また読もう。

(80点)



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ

テーマ:本読みの記録 - ジャンル:本・雑誌

二冊続けて読みました。

10年後の「結婚しないかもしれない症候群」10年後の「結婚しないかもしれない症候群」
(2003/07)
谷村 志穂

商品詳細を見る

バブル時代真っ盛り、そろそろ30歳、結婚の予定なし。自分はもう、一生結婚しないかもしれない、と感じる女性たちの生き方をまとめた「結婚しないかもしれない症候群」。それから10年。その後の彼女たちの人生は・・・?

まずこっちの「10年後~」を見かけて、そういえば結構話題になったのに、もともとの方を読んでないなあ、と両方読むことにしました。

90年にでた方の本は、単純に面白かったです。
バブル期。旧弊の価値観に縛られながら、新しい生き方も選択できるようになった女性たち。不安になったり、だれかにすがりたかったり、でも縛られるのは嫌だったり。ああ、うん、そうそう、こういう時代もあったよね、と今だから離れたところから楽しめるけど、当時はそりゃあいろいろあっただろうなあ、と想像できる文章でした。
だって、筆者が若いもの。考え方も頑な。他の価値観を許す度量がない。
でもまあ・・・確かにあの頃、このくらいの世代のオンナノコたちは、こうやって生きてた人たちもいるんだろうね、と思う。

そして、10年後。
結婚して、子供も出来、驚くほど穏やかになった筆者。
前作に登場した女性たちも、結婚したり、離婚したり。子供もいたりいなかったり。
結局、いろんな人生があるんだな、ということが書かれている本になってます。

10年という年数を経て、生き方も人生設計もいろいろあっていい、ということがだんだん時代の空気になってきたな、と思いました。

彼女の生き方も、周囲の生き方も、特別じゃない。
今読むとそれがしみじみ解ります。

(二冊あわせて73点。大人になったらいろいろ丸くなるよね、という本かも)



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ

テーマ:本読みの記録 - ジャンル:本・雑誌

これも雑誌掲載であらかた読んでいて、単行本にまとまってから読んでなかった本なのでした。

落下する緑―永見緋太郎の事件簿 (創元推理文庫)落下する緑―永見緋太郎の事件簿 (創元推理文庫)
(2008/07)
田中 啓文

商品詳細を見る

唐島英治クインテットのメンバー、永見緋太郎は天才肌のテナーサックス奏者。音楽以外の物事にはあまり興味を持たない永見だが、ひとたび事件や謎に遭遇すると、楽器を奏でるように軽やかに解決してみせる。逆さまに展示された絵画の謎、師から弟子へ連綿と受け継がれたクラリネットの秘密など、永見が披露する名推理の数々。鮎川哲也も絶賛した表題作にはじまる、日常の謎連作集。 (「BOOK」データベースより)


ジャズバンドのメンバーが主役ですけど、音楽的素養はさほどなくても楽しめるかと。

田中啓文の作品はほとんど読んでないので、的外れな感想だったら申し訳ないのだけれど、割とこう・・・内容を説明しにくい、悪ふざけと紙一重の(でもしっかり面白い)作品を書くお方、という印象がありました。
でもこの本は、一冊丸ごと日常の謎系本格ミステリ。
バンドマンの話なので音楽ネタが多いのはまあ当たり前として、絵画もの・時代小説ものなんかも混じってます。

一番面白かったのは「挑発する赤」かな。怠慢で傲慢な音楽批評家と、来日した伝説のブルースシンガーを絡めた話。ゲストキャラの編集二人が好き。ラスト2ページの展開が小気味いい。

最近は落語ものとかも書かれてるんですよねえ。読んでみようかしら。

(80点)



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ

テーマ:本読みの記録 - ジャンル:本・雑誌

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。