乱読にもほどがあるッ!
趣味? 読書です。毎日欠かさず本を読む、グータラ主婦の読書記録。
このカテゴリーの記事


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ
実をいうとしばらく本を買っていなかったのである。その上図書館にも行ってなかったのです。結果、ろくに本を読んでいないというゆゆしき事態に陥っていたのでした。

チヨ子 (光文社文庫)チヨ子 (光文社文庫)
(2011/07/12)
宮部 みゆき

商品詳細を見る


五年前に使われたきりであちこち古びてしまったピンクのウサギの着ぐるみ。大学生の「わたし」がアルバイトでそれをかぶって中から外を覗くと、周囲の人はぬいぐるみやロボットに変わり―(「チヨ子」)。表題作を含め、超常現象を題材にした珠玉のホラー&ファンタジー五編を収録。個人短編集に未収録の傑作ばかりを選りすぐり、いきなり文庫化した贅沢な一冊。 (「BOOK」データベースより)


単行本未収録の短編(中編)5作。ただしアンソロジーに収録されているものはあるので読んだことがある話もあるかも。私は表題作を読んだことがありました。

作品全てに共通するテーマのようなものはあるようなないような。普通の顔をして生きている人間の中に眠っている悪意が一番恐ろしい…というようにも読めるけどこれは宮部氏の作品には結構出てくるテーマだし。

私が好きなのは「いしまくら」。
近所で起きた殺人事件。事件について調べたいという娘と、いやいやながら協力することになった父親。
なんといっても、
「被害者の女の子はエンコーとかしちゃうような子だったから殺されたって思うほうが安心だからよ」
というこの娘のセリフがいい。(原文はちょっと違う表現です)
悪意…ではないんだよね。
でもみんな、あの子は普通じゃなかったからあんな目にあった、私は普通にしているから大丈夫、って思いたい。
でもそれは死んでしまった彼女にとってとても失礼なことだ、という憤りがかわいい。
その上この調査が別な展開を生みます。ラスト数ページでパタパタっとストーリーが展開する小気味よさ。
短編っていうのはこうじゃなくちゃ。

「聖痕」はどちらかというと嫌いなタイプの話。
読んでてどっと疲れる感じの話です。

(全体通して82点。面白かった!)
スポンサーサイト



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ
「おそろし」に続くシリーズ第二段。今回は前作とは少し味わいが違うような。

あんじゅう―三島屋変調百物語事続あんじゅう―三島屋変調百物語事続
(2010/07)
宮部 みゆき

商品詳細を見る


さあ、おはなしを続けましょう。三島屋の行儀見習い、おちかのもとにやってくるお客さまは、みんな胸の内に「不思議」をしまっているのです。ほっこり温かく、ちょっと奇妙で、ぞおっと怖い、百物語のはじまり、はじまり。 (「BOOK」データベースより)


全作では大きく傷ついて自分のことでいっぱいになっていたおちかですが、今回は不思議話の中心にいるのが子供だからか少ししゃんとしてきた気がします。

特によかったのがおひでりさまの話。
日本の神様というのはきちんと祀っていれば福をもたらし、怠れば災いを運ぶもので、人間くささも残していて、だからこそ人々が上手く折り合いをつけて共存してきたもの――だったはずなのですが、この「おひでりさま」はとりわけ幼く、上手く人間に利用された挙句に疎んじられてしまう神様です。頑是無い子供のような外見がそれを象徴しています。
大水が出ないように神様に懇願したのに、いつしかその恩恵を忘れて粗末に扱い、さらに時代が下ると軽んじて封じてしまう…。何十年もたった後、その神様は一人の少年の力を借りて封印をとき、村に災いをもたらそうとする。…のですが、この災いがまた大変なのだけど現象としては小さなことで、しかも封印を解くのに手を貸した少年の周りでしか起こらないものだから、村人たちは彼のせいにして江戸へと厄介払いしてしまう。
収まらないのはおひでりさまで、さらに怪異を呼ぶものだからまわりまわって三島屋の客になってしまう、といった展開です。

そしてこの「おひでりさま」に対する三島屋の面々の反応がいいのよね。
怪異はあるとして、どうやってそれと折り合っていくか。

くろすけの話もかわいかったし、子供たちはたくさん出てくるし、宮部みゆきはこういう話もいいよね。

(86点)



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ

テーマ:本読みの記録 - ジャンル:本・雑誌

そりゃあもちろん、面白くないわけがない。

小暮写眞館 (100周年書き下ろし)小暮写眞館 (100周年書き下ろし)
(2010/05/14)
宮部 みゆき

商品詳細を見る


なんか行動が変な両親と、高校一年生の長男・小学生の次男の年の離れた兄弟のいる花菱家。彼らがすんでいるのは、昔写真館だった家を改装したところで、そのまま「小暮写真館」の看板が上がっている。どうやらそこには以前の主人、小暮さんが幽霊となって住み着いているらしい―――。


この設定だけでもわくわくするのに、長男の英一が最初に遭遇するのは「心霊写真のいわくを探れ」とということなんですね。小暮写真館が現像したらしい写真に幽霊らしきものが映っている、看板も下ろさずにすんでいるのならあなたはこの写真館にゆかりのある人なんだろう、何とかしてくれ、と言いくるめられて写真を受け取った英一。このゆかりのあるというのがまったくの誤解名なのだけど、写真を受け取った英一はただ処分するのを良しとせずに、この写真をしかるべき人に渡そうと考える。

この英一というのがいい男で! 高校生だからまだ幼い部分はあるのだけど、礼儀作法から人との距離感まできっちりした、「育ちのよさ」を感じさせる子なのです。こういう子供が育つってことは、やってることが奇矯極まりないように見えてもここのご両親はしっかりした人なんだろうな、と思わせる説得力がある。

幽霊話は出てくるのだけど、怖がらせることが目的ではなくて、やるせなさや未練なんかを描いた人情物です。

上手いな、と思ったのはコゲパンのくだり。コゲパンというあだ名の色黒の同級生が出てくるのだけど、彼女がいじめのターゲットになってしまうあたりの心理とか秀逸で、英一が憤慨する様子なんかももっともで、なのにそこから恋愛には持っていかないのに感心した。気の合う異性の友人っているよね。

一章ごとのちいさな事件の他に、無愛想な不動産屋の女性と英一の話が全編通して書かれているのだけど、この話も上手い。安直に大団円にしないところも上手い。

この話を一冊にまとめて出してくれた講談社に感謝します。分冊されてしまったら、きっと続きが気に案って仕方なかったと思うので。

(90点! 文句なし!)



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ

テーマ:本読みの記録 - ジャンル:本・雑誌

ようやく読めました。「ブレイブストーリー」に続く宮部みゆきのファンタジー。

英雄の書 上英雄の書 上
(2009/02/14)
宮部 みゆき

商品詳細を見る

お兄ちゃんが、人を刺して行方不明になった。何故、の答えは「英雄の書」が知っている。答えを求めてユーリは「印を抱く者」として旅立った・・・!


宮部みゆきのファンタジー作品のいいところは、主人公がかっこよくないことだと思うのです。
ごく普通の、年相応の、ちょっとだけ強い心の持ち主の主人公たちが、どうしてもどうしてもあきらめられないものに向かって、じたばたしながらかっこ悪くがんばっていくところ。
何もかも上手くなんてできないし、泣きそうになるし、協力者は優しい人ばっかりじゃないし、でも「あきらめられない」からがんばるんです。

今回の主人公は女の子。「英雄の書」にのっとられた兄を取り戻すために異世界へ旅立ちます。
協力者は、本が変化したネズミの「アジュ」と、「過去に何か罪を犯した」無名僧のソラ。魔法の力は持っているけれど万能じゃない、使い方もよくわからないのに、小学生のユーリは「大好きなおにいちゃん」のために旅立つ決意をします。
途中で自信がなくなってためらったり、本当に自分でいいのか自問したりしながら、それでも立ち止まらずに進むんです。

途中で明かされる、「お兄ちゃんがどうして英雄の書の力を欲したか」の場面はさすが。集団の中の弱者、弱者をいたぶってもいいと思う群れたちの心理。「理不尽なこと」として描かれているのに、宮部みゆきの筆は揺らぎません。
だからこそ、浮き出てくる悲しさ。

ああ、宮部みゆきはやっぱりいい。

決してすべて丸く収まるハッピーエンドではないのだけれど、それでも収まるところに収まった、いいラストだと思います。

(90点。もう少しボリュームがあるとうれしかったかな)



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ

テーマ:本読みの記録 - ジャンル:本・雑誌

毎年この日に書こう! と決めていて、当日になったらすっかり忘れてる本があるのです。今年は間に合いました(ぎりぎりで。汗)

蒲生邸事件 (文春文庫)蒲生邸事件 (文春文庫)
(2000/10)
宮部 みゆき

商品詳細を見る


予備校受験のために上京した受験生・孝史は、二月二十六日未明、ホテル火災に見舞われた。間一髪で、時間旅行の能力を持つ男に救助されたが、そこはなんと昭和十一年。雪降りしきる帝都・東京では、いままさに二・二六事件が起きようとしていた―。大胆な着想で挑んだ著者会心の日本SF大賞受賞長篇。(「BOOK」データベースより)


2.26事件当日が舞台の、タイムスリップミステリーです。

ネタばれ的に書いてしまいますが、このタイムスリップで日本の歴史が変わることはありません。そもそも主人公の孝史には、2.26事件について受験対策程度の知識しかなく、歴史を変えようにも誰に働きかけるといいのかすらわからない。
たまたま、何の心の準備すらなく戦時下に迷い込んでしまって、帰ってくるまでの数日を、おろおろしながら過ごす話。(といってしまうと非常に辛辣な書き方になりますが)
それでいいのです。主人公は孝史になっているけれど、魅力的なのは脇を固める人物。

まずなんといっても、女中のふきがかわいらしい。孝史の、現代とは生活様式が違うことから来るわがままに、膨れたり、しかったり、諭したり。孝史がひかれていく様子も、納得がいく。

そして、平田。彼は時間旅行能力者なのだけど、それは幸せとつながらない。このあたりが実に宮部みゆきらしい。「能力者」が「能力」があるがゆえに苦しむこと、それでも誰かのためにがんばりたいと思うこと、自分を犠牲にしても何かを成し遂げようとすること。
きりきりと胸が痛くなるような、追い詰められていく感じ。

あっと驚くどんでん返しもない、むしろ淡々と進んでいく話。なのに段々感情移入して、どんどん切なくなっていく。

最終章は泣けました。何回読んでも、ほろりときます。

断然お勧め。面白いです!

(95点!)



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ

テーマ:感想 - ジャンル:本・雑誌

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。