乱読にもほどがあるッ!
趣味? 読書です。毎日欠かさず本を読む、グータラ主婦の読書記録。
このカテゴリーの記事


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ
大きな作家だなあ、と読みながら感嘆してしまいます。

偽りの墳墓 (光文社文庫)偽りの墳墓 (光文社文庫)
(2002/12/10)
鮎川 哲也

商品詳細を見る

浜名湖東岸の温泉街で、土産物屋のおかみ・いくが首つり死体で発見された。自殺を偽装した痕跡があったことから、多額の保険金を掛けていた夫・捨松が疑われるが、アリバイが崩せない。さらに、保険会社の依頼でいくの死を調べていた美人調査員が殺される、第二の事件が発生。やはり真犯人は捨松なのか!? ところが、事件当日いくを訪ねてきていた第三の男の存在が浮上して…。 (「BOOK」データベースより)

冒頭で、縊死体が発見される。足元にあったのは高さの会わない箱。これは殺人か、と捜査を開始する警察、だが第一章終了時にはこの事件はあっさりと迷宮入り。この時点では鬼貫刑事が出てきてないので、「きっとあとで出てきて鮮やかにアリバイトリックを崩してくれるんだわ」と期待する。
そして第二の事件発生。
生命保険会社の依頼で第一の事件の捜査に当たっていた調査員が殺される。
これはやっぱり調査されたくない犯人の仕業か? と思い込んで読みすすむ。でもさすが鮎川氏、そんな単純な話でもなかった。何かを知っていそうな男性や架空の親戚など、手がかりを積み上げてはひとつずつ消していく手法。いかにも警察らしい、堅実な仕事。
鬼貫刑事はあくまで刑事で「名探偵」ではないんだなあ、なんて確認しながら読んだ。

こういう小説もたまには読みたい。

(73点)
スポンサーサイト



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ

テーマ:感想 - ジャンル:本・雑誌

山荘の死―鮎川哲也コレクション 挑戦篇〈1〉 山荘の死―鮎川哲也コレクション 挑戦篇〈1〉
価格:¥ 1,785(税込)
発売日:2006-06

出版芸術社から出ている鮎川哲也全集の一冊。分野別の全集なので、選びやすいです。

これは、いわゆる「読者への挑戦」が入る短編集。各短編についての感想は煩雑になるんで省略。問題部分を前半に、解決編をまとめて後編に、という構成なので、解決を読む前にちょっと考える時間が取れます。こういう遊びごころも好きだ~。挑戦もののお手本になるような書き方がされているものもいっぱい入ってます。しかし、執筆時期が古いものもあるので、本来なら読者へのヒントになる部分が何のことやらわからなかったりする欠点も。今の小説を読みなれている人にはつらいでしょう。

これもファンブック、かな。鮎川哲也氏の本をまとめて読みたいという人以外にはお勧めしづらい。しかし、私の行く図書館ではこの全集そろえてあるんです。何故?

(70点)




ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ
王を探せ 鬼貫警部事件簿―鮎川哲也コレクション 王を探せ 鬼貫警部事件簿―鮎川哲也コレクション
価格:¥ 620(税込)
発売日:2002-05

犯人の名前は亀取次郎。被害者の手帳から掴んだのはその名だけ。近郊だけで40名の同姓同名がいた。絞り込まれた数名は、いずれもアリバイを持つものばかり…。難航する捜査のさなか、犯人は新たな凶行に及ぶ。

この作品の凄い所は、冒頭から犯行シーンなのに、叙述トリックではないところ。犯人もちゃんと名前で呼ばれてるし、「どの亀取二郎か」は解らないようになっているけれど、内容はフェア。何回かはさまれる犯人側から見た場面も、絶妙な伏線になっている。トリックが一部解りにくかったんだけど、それは私の興味がそっちをむいてなかっただけなので問題なし。

正直、時々こんな小説を読むと安心するのです。登場人物が皆まともで。殺人者をまともと言っちゃいけないのかも知れないけど、犯行の動機も普通だし、行動も常識ある。最近の小説だと、どこか壊れている人間の独白シーンが延々あったりして、疲れてしまう。現代の人間は本当にそんなに病んでいるのか、それとも題材にしやすいのか。

あえてこの本の欠点を上げるとすれば「題名」。タイトルだけ見て手に取りたくなる本ではないよね。「王」が出てくるのも中盤以降だし、トリックだとかに絡んでくるわけでもなし。鮎川氏に限らず、昔の作家は時々こういう無頓着なタイトルをつけてます。今の新人賞なら「タイトルに魅力がない」とばっさりいかれるんじゃないかしら。

(でも好きなんです。80点)




ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ
戌神はなにを見たか 鬼貫警部事件簿―鮎川哲也コレクション
価格:¥ 820(税込)
発売日:2001-12

鮎川哲也 光文社文庫

ミステリの世界って、よそよりも特に、前の作品からの流れがあるし、(トリックとかもそうだ)新しい作品を読んで面白いと思っても、何年か先に出た本を読んでみたら作品の構造が同じだったりして、となると作品の評価も変わってきちゃうんだよね。出版されている全ての本を読むのは不可能でも、せめて古典と呼ばれる作品くらいは目を通しておきたいな、と、「古典は30代のうちに読む!」という目標を立ててみた。海外だとクイーン、クリスティ、カー、クロフツ、とそうそうたる名前がすぐ思いつくんだけど、国内ってどこまで古典? 戦前作家の作品はほとんど読む手段がなかったりするし…。

で、とりあえず鮎川氏。三番館シリーズの軽快さも捨てがたいが、まずは豪華絢爛なこれ。

幻の推理作家(いくつかの作品を戦前発表したものの消えていった作家たち)の足跡を追う話、江戸川乱歩生誕碑、推理作家協会のレリーフ、写真を使ったアリバイトリック、二人一役、アナグラム、死体の移動、とこれでもか! とアイディアを盛り込んだ作品。

誰が犯人か? どんなトリックか? と考えながら読んでいくのがたまらない。探偵役は刑事なので、こつこつと一つずつ他の可能性をつぶしていく話。それが面白いんだけど、名探偵ものを読みなれている人にはつまらないかもしれない。もったいない。




ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。