乱読にもほどがあるッ!
趣味? 読書です。毎日欠かさず本を読む、グータラ主婦の読書記録。
このカテゴリーの記事


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ
6月は後半ぐだぐだだったので、一月のまとめは7月末に二ヶ月まとめてします。

竜とわれらの時代 (徳間文庫)竜とわれらの時代 (徳間文庫)
(2005/10)
川端 裕人

商品詳細を見る

北陸の手取郡荘山村で発掘された40メートルにも及ぶ完璧な竜脚類の化石。発見もつかの間、何者かがその化石を盗み出した。米国の進化論否定の聖書原理主義者やイスラム過激派も動き出す。少年期の夢を孕んだ壮大なスケールの本格恐竜小説。 (「BOOK」データベースより)


いやあ…長かった。

川端氏お得意の、科学に裏打ちされた人間ドラマなんですが、バランスよく書かれていて、読みやすいです。
化石と進化論、イスラム教と聖書原理主義、アメリカの一国主義と対抗する人々、原発という力にすがる自治体、そして何より「竜神さま」と信仰して生きる人たち。
いろんな流れがうねりながら、クライマックスに向けて終結していく様子は圧巻です。

重要な舞台を日本の田舎の村にすえて、方言を上手く使っています。
竜神様にお仕えする文ばあの、何もかも受け入れて大きく見守るような空気感があるおかげで、この本、硬くなりすぎずに読みやすさが増している気がします。
化石を追う男たちだけの話になってたら、多分読み終えられなかったと思います。

ただし、文庫にして800ページ弱。結構時間がかかりました。

(80点)
スポンサーサイト



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ

テーマ:本読みの記録 - ジャンル:本・雑誌

久しぶりの川端さん。正直ちょっと、理屈っぽいのが玉に瑕な文章を書かれる作家さんですが、今回は・・・さて?

てのひらの中の宇宙 てのひらの中の宇宙
価格:¥ 1,470(税込)
発売日:2006-09

ミライとアスカ、二人の子どもたちと暮らすぼく。妻は、再発癌で入院した。子どもたちが初めて触れる死、それは母親の死なのだろうか。地球の生命、そのはてしない連鎖。死は絶望ではないと、どうやって伝えたらよいのだろう?(これ以上の説明はいらない、帯より)

これは、設定の勝利、かな。主人公が、理系の文章書き(パソコンのマニュアルとか書いてる)で、幼い子供が科学に興味を持つ場面を、丁寧に書き込んでる。ここまで詳しく書かなくても話は成り立つと思う。だけど、主人公のことを「理科系の男の人って、頭脳明晰で理屈っぽくてちょっと抜けてる」と切って捨てている奥さんの視線が無理なく優しいし、これは確信犯的に書いてるんじゃないかな。

川端さん、ご自身のブログなんかでも書かれているのだけど、PTA活動とかにも熱心ないい「お父さん」。今、実際に子供がいるから書ける小説ってのはあると思う。

私はこれはありだと思いますが、「理屈っぽい」と敬遠する人もいるかと思います。

(70点)




ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ
なんか空気のぬけたふうせんみたいなタイトルですが、実は「父乳」のことなんです。


ふにゅうふにゅう
価格:¥ 1,575(税込)
発売日:2004-07-23


産まれたての子供ってほぼ例外なくお母さんが大好きで、もっと言うならお母さんの「母乳」が大好きで、お父さんはどんなに頑張ってもかなわなくて、俺からも「父乳」が出ればいいのにな・・・と思うお父さんの話。


全5編の短編集なんですが、これがもう、どれを読んでもすごく生々しい。出産から5・6歳になるまでの育児を題材にしてるんですけど、育児経験のない人には書けないだろう話ばかり。ぜひ育児に悩んでいるお母さんにも読んで欲しい。


で、これもわりと最近読んだ関連性のあるようなないような本。



子どもが減って何が悪いか!子どもが減って何が悪いか!
価格:¥ 735(税込)
発売日:2004-12


男女共同参画は少子化対策にはならない。しかし男女参画はこれからの社会にとって必要だから行うべきだ。その結果、子供の数が増えようが減ろうが、それは別の問題だ。そもそも、愛情をもって子供を育てる覚悟をした男女だけが子供を生めばいいのだ。


乱暴に要約しちゃうとそういう内容の本です。データとかが多くて少し難しいです。

でも内容にはすごく納得した。児童手当が多くなったり出産費用がただになったら子供を産むか、というと「?」だし、そんな方向にばかり力を入れている行政ってどうよーと思っていたところだったので。



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ
The S.O.U.P. (角川文庫)The S.O.U.P. (角川文庫)
(2004/05)
川端 裕人

商品詳細を見る


うちのダンナがあさりよしとお好きで、彼の「なつのロケット」からこの作者の「夏のロケット」を読んで、すごい人だなあと思ったのがかれこれ6・7年前。で、こっちの本も読んで、ますますすごいと思いました。

「夏のロケット」の中に出てくるロケットの構造とか、「S.O.U.P」に出てくるインターネットの仕組みとか、ぜんぜん知らないんだけど、で、その部分は作品中でかなり重要な部分なんだけど、それでも読んで面白いんだもの。

判りやすい平易な文章で、なおかつ説明くさくならずに、これだけ判ってくれるとストーリー判りますよーって、ガイドしてくれてるみたい。

失礼ながら彼の本はこの2冊しか読んでないんですが、昔少年だった、そして今も少年の部分を持っている主人公が、昔の夢を夢で終わらせない為に頑張る話。

ノンフィクションも色々書いているそうで、読んでみたいと思いました。



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。