乱読にもほどがあるッ!
趣味? 読書です。毎日欠かさず本を読む、グータラ主婦の読書記録。
このカテゴリーの記事


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ
お久しぶり、の伊坂氏の作品。

砂漠砂漠
(2005/12/10)
伊坂 幸太郎

商品詳細を見る

「大学の一年間なんてあっという間だ」入学、一人暮らし、新しい友人、麻雀、合コン…。学生生活を楽しむ五人の大学生が、社会という“砂漠”に囲まれた “オアシス”で超能力に遭遇し、不穏な犯罪者に翻弄され、まばたきする間に過ぎゆく日々を送っていく。パワーみなぎる、誰も知らない青春小説。(「BOOK」データベースより)


青春小説…。いや、間違ってはいないんだけど、それがどうしてここまでひね曲がってしまうのか、不思議です。
登場人物たちがどいつもこいつも愛すべき馬鹿なんですね。みんな取り揃えてちょっと変。そんな人たちが4年間を泣いたり笑ったり落ち込んだり怒ったりしながらすごす小説、です。
「大統領か?」といいながら暴行をはたらく男とか、空き巣グループとか、犯罪者たちも出てきますが、そういう事件の謎解きが主眼じゃないというか、あくまで大学生活が芯になってます。若さゆえの暴走とか、恥ずかしいけど面白い。

これだけ面白いのはやはり作家の人徳でしょう。
重いテーマも入っているのに、楽しく読めました。

「砂漠」の比喩も深いです。さらっと読めるのにいろいろ考えさせれれますよ。

(88点)

しかし。
こういうブログを書いていると、あまりにお久しぶりの作家さんが多くて嫌になることがあります。
なんとなく読む気にならなかった作家さんもいますが、「読み尽くしちゃって新刊待ち」な作家さんもちらほらいます。
面白い本が読みたいなあ。
スポンサーサイト



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ

テーマ:本読みの記録 - ジャンル:本・雑誌

伊坂氏の本はいつ読んでも楽しませてくれるだろう事確定で、逆説的に「何か本が読みたい」時用にあまり読まないようにしている。同じ理由で買ってない本も結構あるのだけど、これ、ほかの人にも通じる理屈なのかしら。

陽気なギャングが地球を回す (祥伝社文庫)陽気なギャングが地球を回す (祥伝社文庫)
(2006/02)
伊坂 幸太郎

商品詳細を見る

嘘を見抜く名人、天才スリ、演説の達人、精確な体内時計を持つ女。この四人の天才たちは百発百中の銀行強盗だった……はずが、思わぬ誤算が。せっかくの「売上」を、逃走中に、あろうことか同じく逃走中の現金輸送車襲撃犯に横取りされたのだ! 奪還に動くや、仲間の息子に不穏な影が迫り、そして死体も出現。映画化で話題のハイテンポな都会派サスペンス! (出版社 / 著者からの内容紹介)

なんといっても軽妙な語り口が魅力な作品。こんなに上手くいくわけないじゃん、とか言う反論が思いつかないほどテンポがいい。
そもそも、この4人、お金に困ってて銀行強盗をするわけじゃないのです。偶然、銀行強盗に巻き込まれて、その犯人のあまりの手際の悪さに、「俺ならもっと上手くやれる」と思って実践してみた、というあっけらかんとした感じ。この、突き抜けた感じが、風通しよく作中を貫いてる。
ところが、そのお金を別な強盗犯に持ち逃げされて・・・。
となると、普通、必死になって取り替えそうとするもんじゃないかと思うんだけど、そんなこともない。
「悔しいなあ」とは言うものの、実にあっさりしている。お金が必要な切実な理由はないから、「俺たちの計画は完璧だった」って言うところである程度の満足はしちゃってる訳。「まあ、横取りした人がどんな素性の人か興味があるよね」くらいの軽い感じ。
伏線もよく効いてる。これは最初の方に出てきたあれ、使うのかなーと思ってたら大当たり。それでも「そこが浅い」といった印象はない。

エンタメに徹した作品。こういうの大好き。
(80点)



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ
はー。読みたい本もたまってるし感想書く本もたまってるし。なんか、宿題抱えてる気分です(T‐T)

フィッシュストーリーフィッシュストーリー
(2007/01/30)
伊坂 幸太郎

商品詳細を見る

あの作品に登場した脇役達の日常は? 人気の高い「あの人」が、今度は主役に! デビュー第1短編から最新書き下ろし(150枚!)まで、小気味よい会話と伏線の妙が冴える伊坂ワールドの饗宴。  (「MARC」データベースより)

変な話、ようやくこの「かっこ悪くてかっこいい」伊坂ワールドの登場人物たちに愛が芽生えてきた。何作か読んで慣れたのもあるし、「あ、こいつあの話のあいつ!」っていう部分での愛着もあるんだろうな。

一番すきなのは「サクリファイス」。ミステリ仕立ての構成も好きだし、集落独特のしきたりの書き方も好き。
「フィッシュストーリー」も、「歴史は連鎖する」って話で、いい話ではあるんだけど、もう少し迫力のようなものがほしかったな。

(全体通して、75点)



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ

テーマ:今日の一冊 - ジャンル:本・雑誌

きのうの「生存者、一名」と骨格は同じ話、かも知れない。

ゴールデンスランバーゴールデンスランバー
(2007/11/29)
伊坂 幸太郎

商品詳細を見る

仙台市でパレードをしていた首相が、ラジコンヘリの爆発によって暗殺された。元宅配ドライバーの青柳は、暗殺犯の濡れ衣を着せられて、市内中を逃げ回ることになるが・・・。

第一章は事件の始まりを、傍観的な立場から切り取ったプロローグ。
第二章で事件当時にテレビを通して事件の一部始終を見ていた一般人の視点で、事件渦中の三日間が語られる。
第三章は20年後、狂騒がすぎて当時を検証してみたら・・・という視点で、実は青柳は犯人ではない、と示される。
つまり、青柳にかけられたのは「冤罪」で、しかもそれは国家規模での計画だ、と読者にはあらかじめ知らされている。
しかし、この部分終わって、まだ本文は4分の1終わった程度。これから、当事者「青柳」の視点で、当時の様子が語られる。

伊坂幸太郎はこういう作家、って思い込みがあると裏切られるかも。エンタテイメントに徹してる分、くせみたいな部分は薄まってる気がする。それでいて、ところどころに「これは」ってセリフが混じってるんだよね。岩村さんのロックな感じとか。

ラストのどんでん返しは少し弱いかな。驚かせるのが目的の話じゃないからだろうな、と思いました。
でも、手紙とか、この伏線がこう落ちるのか、と驚くようなエピソードも盛りだくさんで、さすが伊坂幸太郎という感じ。

(88点。2時間半くらいの、密度の濃い映画にしたら面白そう)



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ

テーマ:今日の一冊 - ジャンル:本・雑誌

メンテがトラブったとかで、午前中はUPできませんでした。この時間に記事書いてるの久しぶり。

チルドレン (講談社文庫 (い111-1))

チルドレン (講談社文庫 (い111-1))
価格:¥ 620(税込)
発売日:2007-05-15

友人の陣内に付き合って閉店間際の銀行にやってきた鴨居は、銀行強盗の人質になってしまった! プラスチックのお面をかぶらされて、縛られているというのに、陣内が強盗犯を挑発。発砲した音を聞きつけてやってきた警察に、強盗犯は苛立ちはじめる。一緒に人質になっていた視覚障害者の長瀬は、その様子を見て「この犯人は多分・・・」と、鴨居に耳打ちをする。さて、結末は?(『バンク』より)

「短編集のふりをした長編小説です」って帯に書いてあります。まさにそんな感じ。

まあ結末を言ってしまえば無事に開放されるわけです。(顛末については書きませんが)

このとき知り合った長瀬との交流を基本にした短編と、その後十数年たって社会人になった陣内に振り回されっぱなしの後輩をメインにした短編とが交互に描かれてて、でも1冊読むと「ああ、こうつながってるんだ」って納得する感じ。ストーリーもさることながら、陣内のキャラクターで引っ張られる。屁理屈のときは猛烈に舌が回り、なおかつ手が早く、「俺ルール」最優先で、・・・かっこいい。伊坂氏お得意の作風です。

読みやすくてちょっと元気が出る、「伊坂氏の本は読んだことないんだけど・・・」って人向けの本かも。

(73点)




ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。