乱読にもほどがあるッ!
趣味? 読書です。毎日欠かさず本を読む、グータラ主婦の読書記録。
このカテゴリーの記事


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ
なんとなく、久しぶりにこのページにやってきたような気が。いかんなあ、もっと精進しなくちゃ。

流れ行く者―守り人短編集 (偕成社ワンダーランド 36)流れ行く者―守り人短編集 (偕成社ワンダーランド 36)
(2008/04/15)
上橋 菜穂子

商品詳細を見る


王の奸計により父を殺された少女バルサと暗殺者の魔の手から親友の娘バルサを救ったがゆえに反逆者の汚名を着ることになったジグロ。ふたりは故国を捨て酒場や隊商の用心棒をしながら執拗な追ってをかわし流れあるく。その時々にであった人々もまたそれぞれに過去を持つ流れ行く者たちであった。番外編にあたる守り人短編集。(amazon ・内容紹介より)

いないとは思いますが、「守人」シリーズを読んでいない人は、まだ読まないほうがいいと思います。
かのシリーズでは女傭兵として活躍していたバルサの、幼いころのお話です。
タンダを主人公とした農村での中編と、バルサを主人公にした傭兵ぐらしの中篇、それに彩を添える短編2本といった構成です。

しかし。
短いからといってすらりと読み捨てられる話ではなく、なかなか深いものを持っています。
特に感心したのが長さ的には短編といっていいだろう、「ラフラ<賭事師>」。
酒場兼賭場に、腕を買われて雇われている老賭事師。バルサの勘のよさを見抜いた彼女とバルサとの交流は、純粋な好意からだったのだけど。
それとは別に、「雇われている」ということの枷。50年来続けてきた勝負に、決着をつけるべく持ち込まれた条件でさえ、雇い主に断らなくては受けることの出来ない彼女。
善良な男の好意が、必ずしも人のためになるわけではない、という悲しさ。
この短編の、ラスト2ページが、この作者の真価だと思う。
どこまで感情を書き込むのか。どの情景に絞るのか。かかれなかった部分を、いかに読者の想像力にゆだねるのか。計算された文章と、それを支える圧倒的な描写力。
甘い話ではないけれど、読めば読むほど味が出てくる感じがします。

善悪二元論ではないファンタジー。
子供のころこれを読める子は幸せだと思う。

(85点)

とある有名な外国産ファンタジーが、あまりに宗教色が強くて幻滅させられた私。このシリーズは引っかかりなく読める、数少ないファンタジーです。
スポンサーサイト



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ

テーマ:本読みの記録 - ジャンル:本・雑誌

断然、親本のほうが表紙デザインよかったのに、アマゾンに画像があるのはこっちだけだった(がっかり)

月の森に、カミよ眠れ (偕成社文庫)月の森に、カミよ眠れ (偕成社文庫)
(2000/10)
上橋 菜穂子

商品詳細を見る

朝廷から稲作を進めるよう厳命されたムラ。田に適した土地といえば森との間にある沼だが、そこにはカミがおわしまして、下手に触れると祟られると言い伝えられている。カミを鎮めるべくやってきたナガタチだったが、カミの妻・カミンマの少女にこの土地の歴史を聞き・・・。

古代日本風ファンタジー、です。
中央集権を進める朝廷に迫られ、それまでの生活を捨てさせられた人たちの話。カミというのが、実際に肌で感じられていた頃の話。

前半部分が過去の回想なこともあってか、少し展開がゆっくりですが、後半は一気。ちょっと荒削りな感じもしますが、それは先に「守人」シリーズを読んじゃったからかもしれません。

(72点。荻原規子氏の「勾玉」シリーズが好きな人とかがいけると思う)



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ

テーマ:今日の一冊 - ジャンル:本・雑誌

骨太の児童書は、大人が読んでも面白い。そう信じているんですが、この作者の本はその思いを強めてくれる本。

獣の奏者 I 闘蛇編獣の奏者 I 闘蛇編
(2006/11/21)
上橋 菜穂子

商品詳細を見る


人が乗れるほど大きな蛇、闘蛇。戦闘用のその獣を飼育する闘蛇衆の一人を母に持って育ったエリン。ある日、闘蛇が何頭も死亡し、その責任をとる形で母が処刑されることになる。エリンは母を助け出そうとするが、母は逆に指笛を用いてエリンを処刑場から逃れさせた・・・。


振り仮名が多いので、この本は多分「児童書」なんだろうと思うのだけど(図書館でも本屋でも児童書コーナーにおいてあるし)、内容的にはそんなカテゴリでくくって、大人が読まないなんて馬鹿らしい、と思わせてくれます。

闘蛇と、その天敵の羽を持つ獣、王獣。決して人に馴れず、また、馴らせてはいけないといわれている獣。
その獣を指笛で扱い、それを「大罪」と呼んだ母。
母の力で生き延びたものの、家族も住む家も失い、養蜂家の男性に拾われたエリン。彼女の知識欲は、彼女をもっと大きな世界へ連れて行くが、それは安穏とした世界からの別れを意味している。

ファンタジーにも色々ありますが、この方の書く世界は、決して「魔法の世界」ではありません。異世界民話、というのが一番雰囲気を伝える言葉かな。決しておとぎ話ではない。
人間よりも大きな力を持つ生き物たちを捕らえて使役してきた国家が、それを維持していく為の力を失って、軋みをあげている。そこに現れた、既存の概念を打ち破る少女。彼女の存在が、国のあり方を変えていく話。
もっと突っ込んで書けるところもあるよなあ、と思ってみたり、でもそこを書いてしまうと対象年齢が変わってしまうのかなあ、とも思ってみたりします。

でもラストの場面は、一見きれいに全部解決したようでいて、問題山積みなのですよ。もうちょっと読みたかったなあ・・・。

(83点。なんとなく今日は歯切れが悪いなあ・・・)



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ

テーマ:今日の一冊 - ジャンル:本・雑誌

ここから、いつもの読書感想に戻ります。

「守人シリーズ」最終章。精霊の守人は感想書いてましたが、後のはスルーでした。まとめて行きます。

天と地の守り人〈第1部〉 (偕成社ワンダーランド) 天と地の守り人〈第1部〉 (偕成社ワンダーランド)
価格:¥ 1,575(税込)
発売日:2006-11

タルシュ王国からの侵略を避けるため、鎖国をした新ヨゴ王国。帰れなくなった人々を助けて国境越えの警備をするバルサ。そこへ、チャグムが行方不明だという知らせが届く。チャグムを探しに旅に出たバルサだが、一方、異世界からの影響で小さな災害が群発していて・・・。

精霊の守人で「面白いけどもう一味読み足りない」と思い、闇の守人で「チャグムが出てこないのは残念だけど、前作より一段凄みを増してる」と思い、夢の守人で「やられた」。まず何より、世界観。たくさんの国が出てくるのに、揺らがない、ワンパターンにならない。各国で起こる出来事が、風習としっかり結びついている。その辺にいくらでも落ちている「似非ファンタジー」とは一味違う。

そして、「虚空の旅人」。今度はチャグムが主人公。一作目のファンの求める部分を、しっかりわかってらっしゃる。バルサもかっこいいけど、チャグムのその後も気になってたのよ、うんうん。

神の守人を読んで、「やっぱりこの人はこのくらい長い話がいい、しっかり書ききってる」と思い、そして最終章。3冊。厚い。

長かった。でも、だれている部分はなかった。

よその国から攻められる恐怖。そして軍事力では決して勝てない焦り。それとは違う次元での民の暮らし。人知を超えた災害。親と子の確執、出世欲で目が曇っている権力者たち、ひとつひとつのエピソードが絡み合って濁流のようになだれ込むラスト。

ここに落ち着くために書かれたような10冊。

それでいて、「児童書」なのです。陰惨な場面はある。いのちを踏みにじられる場面もある。失われるものもある。すべてのみこんで、希望のあるラストシーン。上手い。

今日の感想はどうにも上から目線だわー。何故だろう・・・。

(80点。文庫になって入手しやすくなりつつあるんで、ぜひ読んでください)




ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ

〈守人シリーズ〉が有名な作家さん。児童向けのファンタジーを主に書いていらっしゃるようなんですが、今回は日本風。

狐笛のかなた 狐笛のかなた
価格:¥ 1,575(税込)
発売日:2003-11

怪我をした子狐を拾った小夜は、猟犬に追われて普段近づかない屋敷の方へ逃げていった。そこには同い年の少年、小春丸がいて小夜を助けてくれる。これをきっかけに、大人たちには内緒で仲良くなる二人。二人を物陰から見つめる子狐は、実は獣ではなく霊孤だった・・・。時はすぎ、小夜は十六歳になっていた。保護してくれていた祖母も亡くなり、一人で生活していたが、ある日の市で昔の自分を知っているらしい女性とその兄に出会う。そこから、小夜の運命が動き出した・・・。

日本風なのだけど、日本ではない。守人シリーズのときも思ったけど、世界を作り上げることとそれを過不足なく描写するのはさすがの一言。特別な用語もちらほら出てくるんだけど、解りにくいことは一度もなかった。底の浅いエセファンタジーをかいてる人に、「やるならここまでやらんかい!」といって読ませてあげたいくらいの作品。

実を言うと、小夜と小春丸の身分違いの恋愛がテーマになるのかな~、べただけどそれもありだよな~、なんて邪推しながら読み進めたのだけど、違いました。(いや、べた度で言うと同じくらいな展開ですが)恋愛を超えて、「お互いを大切に思う気持ち」がテーマ。どろどろしない、読後感のよさがいいです。

(80点)

本編とはまったく関係ないんですが、割とシリアスな場面で、「もんどりうって転ぶ」というのを読んだ途端にふきだす私。恐るべし森見登美彦。




ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。