乱読にもほどがあるッ!
趣味? 読書です。毎日欠かさず本を読む、グータラ主婦の読書記録。
このカテゴリーの記事


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ
日明氏、大好きなんだけどなかなか新刊が出ないんだよねえ…。

ロード&ゴーロード&ゴー
(2009/10/21)
日明 恩

商品詳細を見る


元暴走族の過去を持つ消防隊員、生田は、周囲も認めるベテランの運転手。だが、二カ月前に異動してからは、慣れない救急車のハンドルも握らなければならなくなった。そんなある日、路上で倒れていた男を車内に収容したところ、突然、その男、悠木がナイフを手に救急隊員のひとりを人質にとる。同じ頃、警察と TV局に謎の男から犯行声明が入った。男は、悠木の家族を人質にしていることと、悠木に爆弾を持たせていることを告げ、二億円を要求する―。 (「BOOK」データベースより)

それなりの人口のところにすんでいたら、日に一度くらいは見かける救急車。でも、その救急隊員の勤務実態について走らないことばかりです。

「道で倒れている男性を保護したら、爆弾を持っていて救急車を走らせ続けるよう指示を出された」救急車ジャックの顛末を軸に、救急隊員のあれこれも盛り込んだ小説。
そういう知識的なものもしっかり詰め込まれていますが、それによってスピード感が削られることはありません。

ジャック犯に指示を出している犯人の目的は何か。何故、救急車なのか。しかし真相が明かされるときには確かにこれは救急車じゃなくちゃダメだと思わせる説得力があります。

幕間に書き込まれる無線マニアの女の子の章もよかった。

そしてなんといっても、主人公たち救急隊員(と、消防隊員)がかっこいいのです。
自分の仕事に誇りを持っている男たち。素敵です。

(88点)
スポンサーサイト



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ

テーマ:本読みの記録 - ジャンル:本・雑誌

昨日の続編です。大変期待して読みました。

そして、警官は奔る (講談社文庫 た 101-3)そして、警官は奔る (講談社文庫 た 101-3)
(2008/08/12)
日明 恩

商品詳細を見る

前回の事件の責任をとる形であちこち移動させられ、経験をつんだ武本。「隣家から子供の助けを求める声がする」という訴えに応じて、操作に赴く。そこで出会った人身売買、不法滞在、不法滞在者の子の国籍問題。国家公務員上級試験に受かった潮崎も、武本に協力して独自に調査を開始するが・・・。

主人公の武本が、前作にもまして不器用で朴訥なキャラクターになってる。もうね、この人はこれ以上くだけたり器用になったりしないで、このまま純粋なままでいってほしい。
前作が組織と組織、その中で浮いてしまう人たちの話だったとすると、今回は国家と法の隙間、無視されているけれど実際に存在している人たちの話、です。

柴田よしきのフォー・ディア・ライフシリーズなんかにも通じるところのある、国家というのは子供たちに優しくない、という話です。日中働いてる両親を持っている子供ですら、保育先がなかったりしてる中、夜間働いてる親ならさらに状況は厳しく、しかも日本国籍がないのなら・・・なにをかいわんや、といった感じ。
しかし、実際にそこに生きている子供がいて、無視できるのか。
その子たちを助けるのは法律違反になることはわかっている、しかし、無視できるのか。
解説の方も書かれてますが、人としての情の話です。

ミステリ的には満点は上げられない! 先読みできてしまう部分が多すぎる。この女性の過去は多分こうだろうなあ、と思ったら本当にそうだったりして。
しかし今回もやっぱりキャラクター小説なので、そこは必要十分程度でいいのです。

脇を固める、「温情」の刑事と「冷血」の刑事。行動はまるで反対なのに、それだけではない感じ。この二人が実にいい対照で、大変面白く読みました。警察という機関のありようについても、考えさせられます。

私はこういう話、大好きです。ミステリ読みとしては多分、甘いところがあるんだと思います。それでもいいのだ!

(84点)



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ

テーマ:感想 - ジャンル:本・雑誌

続編の文庫が出たついでに、両方そろえてみました。前回も「面白いなあ」と思ったものの、それほど高い評価じゃなかった気がしたんですが・・・。

それでも、警官は微笑う (講談社文庫)それでも、警官は微笑う (講談社文庫)
(2006/07/12)
日明 恩

商品詳細を見る

「キチク」というあだなの硬派な刑事・武本は、年下の上司・潮崎のお守を押し付けられていた。潮崎は弁が立ちすぎるきらいはあるものの、決して無能ではない。ただ、親が警察上層部とつながりを持つ人間なため、疎んじられている。そんな二人が銃を持つチンピラを追いかけていた際、麻薬取締官とトラブることになって・・・。(昔の自分が書いたあらすじを読んで、ちょっと感心した)

麻薬と、密造拳銃。日本へ乗り込んでこようとする中国マフィア。5年前の覚醒剤乱用防止推進員の謎の死。
まさにいろいろてんこ盛り。
その細かいディティールの積み重ねがキャラクターを生かしていて、この作者さんの話はみんなそんな感じなんですが、実に面白い。
ただし、捜査過程の話とか、そんな都合のいい偶然があるのか、とか、お茶のエピソードはちょっと無神経すぎやしないのか、とか、ミステリ読みが読んだらつつきたくなるような重箱の隅もいっぱい。

いいんです、これ、キャラクター小説ですから。
とにかく、警察官二人に書き方が実にいい。
(とかいいながら、私が実にツボだったのは麻薬捜査官の彼ですが)
スーッと勢いに乗って読む本です。

(80点)



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ

テーマ:感想 - ジャンル:本・雑誌

日明氏の本はかなり好きだ~。 なかなかめぐり合えなかったデビュー作。ようやく読めました。

それでも、警官は微笑う それでも、警官は微笑う
価格:¥ 1,155(税込)
発売日:2005-04-06

私が読んだのはハードカバー版なんですが? アマゾンは現行本以外は駄目だったりするからなあ・・・。

「キチク」というあだなの硬派な刑事・武本は、年下の上司・潮崎のお守を押し付けられていた。潮崎は弁が立ちすぎるきらいはあるものの、決して無能ではない。ただ、親が警察上層部とつながりを持つ人間なため、疎んじられている。そんな二人が銃を持つチンピラを追いかけていた際、麻薬取締官とトラブることになって・・・。

・・・すごい。見事に女性が出てこない。主要キャラクターがみんな男。(脇には女性もいる。出番は少ないが重要な役回りだったりする)

となると気になるのは書き分け。「こいつだれだっけ?」とページを繰るようじゃあ駄目です。その点については合格点ですね。武本と潮崎の対比もいいし、頼れる上官安住、麻取の宮田のキャラクターも立ってる。それぞれの同僚の印象が薄いのはまあ仕方ないところでしょう。

事件の動機に「?」な部分がないとはいえないし、ラストの潮崎の決断も「それは無理なんじゃあ」と思わなくもない。欠点はあるけれど、楽しく最後まで読めた。一昔前の刑事ドラマみたいな感じ、かな。

(80点。キャラクター重視の方に向いてます)




ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ
埋み火―Fire’s Out 埋み火―Fire’s Out
価格:¥ 1,890(税込)
発売日:2005-08

講談社

消防士大山雄大は、成り行きでなった消防士という仕事に特に情熱を感じないまま、早く現場から離れて事務職につきたいと考えていた。そこへおきた火災。幸い延焼はなかったものの、住宅内で独居老人が死亡。数日後、その住宅に花を供えに来ていた老人も、火災で死亡。さらにもう一件。同じような事件が。--これは本当に失火なのか?

と、冒頭のあらすじを書くとまさにこのとおりなのだけど、感触が違うんだよねえ。いかにもミステリみたいな出だしで、そう思って読んでいくと、半ばを過ぎた所で違うと気付く。普通のミステリなら、何故この連続失火が起きたのか、誰が計画を立てたのか、何故老人たちは死のうと思ったのか、そういうことがメインになっていって、全部明らかになったところでおしまいなんだけど、この話はさらにもう一段二段ある。

火事が起きてしまえば、消防士は否応なく命の危険にさらされる。救助した人に感謝されるとは限らない。勤務時間は24時間連続ということもある、非常に厳しい職場環境。チーム内の不協和音を放置していると、命に関わる危険性もある。

そんな厳しい状態で、でも主人公の心は、まっすぐで強い。昔やんちゃもしたらしいけど、その分人間に幅がある。主人公の親友の鬱屈加減も絶妙で、彼がいなければ話の色合いも変わったはず。なぞを解くだけの話じゃない、それぞれが生きていく話。そして、多少型破りでも、お互いに助け合うことでより強くなる話。

そして、本編とは少しずれるんだけど、うなったのはラスト近くの主人公と母親が語り合う場面。この母にしてこの子あり。こんな事いってもらえたら母としては最高だよなあ、とわが身を省みたりして。

面白かった! いい本読みました。




ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。