乱読にもほどがあるッ!
趣味? 読書です。毎日欠かさず本を読む、グータラ主婦の読書記録。
このカテゴリーの記事


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ
何冊かまとめて読んだので数日続けて更新できそう。

NO.6〔ナンバーシックス〕#9 (YA!ENTERTAINMENT)NO.6〔ナンバーシックス〕#9 (YA!ENTERTAINMENT)
(2011/06/14)
あさの あつこ、影山 徹 他

商品詳細を見る



待望の完結巻。

んんんんんんん~~~~~
うーん、うーん、やりたかったことも狙ったこともわかるのだけど、正直どうかなあ。

矯正施設から脱出したネズミと紫苑、待っていたイヌカシたち、騒乱のただなかにあるNO.6。巻き込まれる市民たち。明かされるネズミの過去。そして近づくNO.6崩壊の時。
盛りだくさんですよ?

その割に盛り上がってない気がするんですよね。
ネズミを病院に運び込んだ時の緊迫した空気はさすがだと思って読んだんですが、その後がいただけない。
一介の本読みがプロ作家に言うには生意気だけど、言わせていただこう。
あさの氏は、「その場全体の空気」を書くのが不得手ではないのだろうか。

主人公たちに感情移入して読む分には引っ掛かりは少ないだろう。こんな大変なことが次々と!だ。そこにはたっぷり紙幅をとって語ってくれている。
その割に、同じく傷ついているはずの「市民たち」はどうだ? 彼らが何を見て何を感じたのか。そこを語っていただけないから、これだけのテーマが私の心を打たない。
主人公だけが活躍して物語が終わるのか。

「ゆがんだ世界の終りと始まり」がテーマなのだ、と思いながら読んだのに。

ネズミと紫苑にほれ込んでこの物語を読んでいる方には、十分満足できる作品になっていると思う。
銃で撃たれたネズミがその後どうなるのか。
紫苑との危うい関係はどう発展するのか。
紫苑は母のもとに帰れるのか。
こう来たか! 的な展開が待っています。

ラストは少し駆け足だけど。

(点数は…つけるとえらく辛くなってしまうのでつけません。長い間読み続けてきた作品として、感想だけ)
スポンサーサイト



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ
何でこんな本を読もうと思ったんだか。

独身王子は早く死ぬ? (ピンポイント選書)独身王子は早く死ぬ? (ピンポイント選書)
(2008/06/12)
牛窪恵

商品詳細を見る


一生結婚しない男性は、既婚男性より8~9年早く死ぬ―。未婚者は人生でソンをする?トクをする?結婚するなら、早婚と晩婚、どちらがおトク?100人超の独身&既婚者から、リアルな体験を聞きました。いまの時代の「結婚の損得」がわかります。
(「BOOK」データベースより)

結婚して一人前、という風潮はなくなってきたと思います。私の周りにも結婚はおろか彼女の気配さえない、という人がたくさん・・・。

この本は経済的な観点などを踏まえた上で、独身がいいのか、早婚がいいのか、晩婚がいいのか、ということについて語っている本なのですが、私の読んだところやや独善的。
晩婚だとこういうメリットが、独身だとこういうメリットが、と紹介もされていますが、印象としては「結婚しておいた方がいいよ」という感じが残りました。
将来年金生活を考えたら配偶者はいた方がいいんですけどね・・・。(年金がもらえるんなら)

まああれだ、結局のところは結婚なんてめぐり合わせだよね、と思いながら読み終えました。

結婚したいなーと思っているけど出会いがないと思っている人にとっては、偉く気に障る内容じゃないかしら。

(点数付けず)



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ
私には詩は解らない、と思っていました。

詩画集 汲む詩画集 汲む
(1998/07)
茨木 のり子、宇野 亜喜良 他

商品詳細を見る


何せ小さな時から活字が大好きで、詩集なんて読んでもあっという間に終わってしまうし、興味がなかった。

私が目を開かされたのはこの詩集の中にある「自分の感受性くらい」という詩です。

難しい言葉なんて何一つ使っていない、誰でも言えそうな言葉。
なのに、力を感じました。

がつん、と殴られた気がした。自分の甘さを見透かされた気がした。
共感、なんて言葉で片付けられないものを感じました。

こういう詩人さんもいるんですね。不勉強でした。
私の目を覚ましてくれた作者に感謝。

この詩についてはネットで検索をかけても全文を読むことが出来ます。が、紙媒体で読むとまた一味違うかと。

(点数なんてつけられるものじゃないですよ)


自分の感受性くらい自分の感受性くらい
(2005/05)
茨木 のり子

商品詳細を見る


こっちのパターンでも読んでみたいなあ。また何か発見がありそうだ。



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ
ようやく自宅でネット接続完了、と思いきや、なんだか不安定なのである。やる気そげることはなはだしい。

サムシングブルーサムシングブルー
(2009/06/26)
飛鳥井 千砂

商品詳細を見る


ありえない。恋人と別れた次の日に、昔の恋人と昔の親友の結婚式の招待状が届くなんて―。今の私に、この結婚は祝えない。(「BOOK」データベースより)


いやあ、読書っていいですね。

私生活がごたごたしていて、精神的に結構大変なのです。
そんな時こそ本は読まなきゃね。

この話の主人公の梨香は、冒頭から不幸のどん底です。なんたって、恋人と別れるところから話が始まってしまいます。
別れの原因なんて些細なことで、「なんとなく話がかみ合わなくなってきた」これに尽きます。些細なことで言い争いをし、それでいて強迫観念的に週末になると会わずにはいられなく、しかし会ったからといって心浮き立つような何かがあるわけでなく、むしろすれ違いを実感してしまう。
気持ちとしては、「もう無理かな」といった感じ。
それでも別れて泣きに泣いてしまうのだからそこには愛情が残っていたのでしょう。

そこへやってきた結婚式の招待状。
差出人は、高校時代の恋人と、同時期の親友。

そんな話は聞いてない、いつの間に再会して交際をはじめたのか、ひょっとして当時から二人の間には何かあったのか…。
私がこんなに辛いのに、よりによってこのタイミングでこれかよ! と叫びたくなる気持ちはよくわかります。
しかもその後、彼らを含めたメンバーで集まって、結婚祝いの準備をしなくてはならなくなってしまう。
没交渉にするほど子供ではない、しかし平気でもいられない。ゆれる女性の心に共感しながら読みました。

ネタバレをするのは無粋だと思うので一言だけ。
この話、ハッピーエンドです。
辛い気持ちを乗り越えた彼女は、きっとこれからも元気に生きていくでしょう。時々傷ついたり、泣いたりしながら。

この本がこのタイミングで私の手元にやってきたのは、神様が采配してくれたかのようでした。
もうだめだ、もう無理だ、と思う気持ちを吹き飛ばしてくれたよう。
ダメでもいいんだ、ダメな過去の自分も込みで今生きてるんだ、まだこれからがあるんだ…って。

いやあ、読書って本当にいいですね。

(甘々ですが、90点)



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ

テーマ:本読みの記録 - ジャンル:本・雑誌

確かにこれは石持さんの好きそうな話だわ。

耳をふさいで夜を走る耳をふさいで夜を走る
(2008/06/17)
石持 浅海

商品詳細を見る


犯罪者目線の話といえば、「完璧に思えた犯罪計画が犯人のちょっとしたミスによって探偵に暴かれる話」という定型がありますが、この話はそれに当てはまりません。

並木直俊は、決意した。三人の人間を殺す。完璧な準備を整え、自らには一切の嫌疑がかからないような殺害計画で。標的は、谷田部仁美、岸田麻理江、楠木幸。いずれ劣らぬ、若き美女たちである。倫理?命の尊さ?違う、そんな問題ではない。「破滅」を避けるためには、彼女たちを殺すしかない…!!しかし、計画に気づいたと思われる奥村あかねが、それを阻止しようと動いたことによって、事態は思わぬ方向に転がりはじめる… (「BOOK」データベースより)


主人公の並木は、三人の女性を殺さなくてはならないと思い込んでいます。しかしそれは自分が捕まらずに達成できる条件がそろってから、のつもりでした。しかし並木は恋人に命を狙われ、彼女を殺害してしまう。これによって3人の殺害計画は、この夜中に決行しなくてはならないことになりました。彼女が先に俺を殺そうとしてた、これは正当防衛だ、そしてオレはこいつを殺害した後気絶していた、だからあの3人を殺害した犯人はオレではない、という論法で無実となるために。

この後彼が起こすいくつかの犯罪は、ミステリを読みなれている人ならいくつも穴を見つけられるほどずさんなものだし(返り血対策とか)、絶対に成功する訳がないことは解っているのですが、この話の肝はそこではない。
罪を犯す人というのはこうやって自分の都合のいいようにしか物事を考えないのかもしれない。
並木の考え方は普通ではない。どんどん視野が狭くなっていって、考え方も硬直してゆく。
心神喪失状態というのはこういうことかもしれない。
そして最後にいろんな物事が別な方向から光を当てられる、景色が一転する見事さといったら!

犯罪者サイドから描いた黒い話ですんで、あまり万人受けはしないものと思われます。
私もお勧めはしがたいですが、印象に残る話ではあります。

(71点)



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ

テーマ:本読みの記録 - ジャンル:本・雑誌

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。