乱読にもほどがあるッ!
趣味? 読書です。毎日欠かさず本を読む、グータラ主婦の読書記録。
このカテゴリーの記事


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ
これこれ! こういうのが読みたかったのよ。

ニサッタ、ニサッタニサッタ、ニサッタ
(2009/10/21)
乃南 アサ

商品詳細を見る


最初の会社を勢いで辞め、二番目の会社が突然倒産し、派遣先をたて続けにしくじったときでも、住む場所さえなくすことになるなんて、思ってもみなかった。ネットカフェで夜を過ごすいま、日雇いの賃金では、敷金・礼金の三十万円が、どうしても貯められない。失敗を許さない現代社会でいったん失った「明日」をもう一度取り返すまでの物語。 (「BOOK」データベースより)


最初の会社を辞めてしまったのは甘え、でもすぐ次の会社に就職したところはまだよかった。ふたつめの会社が倒産してからの、派遣社員すら勤まらないだめっぷりのリアルさに、泣けた。
働く意思がないわけでもない、働かなくては食べていけない自覚もある、でも「どうせなら体力を使わずに」「清潔な職場で」「嫌な思いをせずに」働きたいと思っていて、希望の職種じゃないから、派遣だと思って正社員のやつらがバカにするから、と次々に仕事をやめてしまう。何とか続きそうな仕事を見つけても、自分の不注意でそのチャンスを逃してしまい、気付くと住む家もなくし、クレジットに手を出し、それももう首が回らないくらいの額に膨れ上がり、もう本当ににっちもさっちもいかなくなってしまう…。

というところから、再生する主人公・耕平。

日雇いでも短期でも住み込みがあるのなら何とか働き、母親に心配をかけないために利息だけでも返済しようとする耕平がたどり着いたのは新聞店の住み込み。借金を一括で返してもらって、月々の給料から天引きで返すという契約。借金を返し終わるまではと、劣悪な環境でも、感情を殺して何とか何とか働き続けるのです。
ここの仕事が彼を変えたね。なんだかんだいっても借金踏み倒して逃げようとしないあたりが偉い。さらにこの段になってもまだ、親に心配かけないように、って気遣う気持ちもある。

作者のすごいところは、ここで改心したからもう安心だよね! っていう風に話を持っていかないこと、なのです。
ちょっとした油断からまた失敗することはある。それも、順調な生活で勢いがついてたから大きくなってしまった失敗を。
脇が甘いというか隙があるというか、どうも頼りない主人公なのです。

でも人間っていうのはそういうものかもしれない、前進してつまずいて、ちょっと戻ったところからまたやり直して、ちょっとずつしっかりしていく。
なかなか失敗した後に復帰するのが難しい社会だけど、それでも道はある。

最後が寝坊からはじまるエピソードなのもいい。冒頭でも寝坊の場面は出てくるけど、まるで別人。
成長したなあ、としみじみ。

(89点!)
スポンサーサイト



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ

テーマ:本読みの記録 - ジャンル:本・雑誌

これまた、シリーズ順関係なく読んでいる本の一つ。

カカオ80%の夏 (ミステリーYA!)カカオ80%の夏 (ミステリーYA!)
(2007/04)
永井 するみ

商品詳細を見る


私は、三浦凪、17歳。好きなものは、カカオ80%のチョコレートとミステリー。苦手なことは、群れることと甘えること。夏休みに、クラスメートの雪絵が、書き置きを残して姿を消した。おとなしくて、ボランティアに打ち込むマジメな雪絵が、いったいどうして…?(「BOOK」データベースより)


なんとなく周囲になじめない人っていると思うのだけど、この作品の主人公はなじめないことを前向きにとらえる女の子です。自分の世界を持って、かといって周りを排除するわけでもなく、少しだけ距離を置いてまっすぐ立ってるタイプ。
そもそも母親が精神的に子供で、誰かにもたれかからないと生きていけないタイプ。母子生活をしているおかげか、反面教師のようにしっかりしてしまっている部分というのはあると思う。そして周りの人たちも、彼女のそういうところをしっかり認めつつ、控えめに手助けをするタイプ。素敵。

その主人公の凪のクラスメイトの雪絵が、突然一緒に洋服を買いにいこうと誘ってくる。なんとなく不自然な部分を感じながらも、そのままにしていたところ、幸恵は夏休みが始まると同時に置手紙を残して失踪。なんとなく責任を感じてしまった凪が幸恵探しに乗り出します。おとなしくて真面目なタイプと見られていた雪絵は、実は親にも友人にも内緒でしていた事があるようで…。
友人というかクラスメイト、という距離感だと思っていたら相手は自分のことを親友だと思っていた節がある、というなんとも罪悪感を刺激するに十分な設定で、しかも細い糸をたどってだんだん状況が見えてくる過程が別軍に面白い。あまり入り組んでないすっきりとしたつくりなのも気に入りました。それでいてどんでん返しもあるのです。

べったりいっしょにいるわけじゃないけど、なんとなくつながっている友達…。そんな関係を予感させる女の子たちもたくさん出てきて、これは続編に期待。かっこいいけど自覚がなくて、弱いところもある凪のキャラクターが生きてます。

(80点)



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ

テーマ:本読みの記録 - ジャンル:本・雑誌

おお? 貫井氏単独カテゴリ作ってなかった。結構読んでると思ってたんだけど、考えてみたら年に一冊かそこいらかも。

悪党たちは千里を走る (集英社文庫)悪党たちは千里を走る (集英社文庫)
(2008/09/19)
貫井 徳郎

商品詳細を見る


しょぼい仕事で日々を暮らすお人好しの詐欺師コンビ、高杉と園部。ひょんなことから切れ者の美人同業者とチームを組むはめになり、三人で一世一代の大仕事に挑戦する。それは誰も傷つかない、とても人道的な犯罪計画だった。準備万端、すべての仕掛けは順調のはずだったが…次ぎから次ぎにどんでん返しが!息をつかせぬスピードとひねったプロット。ユーモア・ミステリの傑作長編。(「BOOK」データベースより)


悪党といってもこの話の主人公たちは「詐欺師」。それもなけなしの金を巻き上げるのではなくて、金が余ってそうなところから、少しだけまきあげる、小悪党。いつか大きい儲けを夢見ている高杉と、その子分の園部。ペットの誘拐ならまあ子供の誘拐より罪は軽いしいいかな、なんて考えていたところをその家の子供に感づかれ、進退窮まったところを「じゃあ僕を誘拐したことにして分け前をちょうだい」と持ちかけられ、なし崩しで誘拐しちゃうのか? と思っていたところ、別な犯人がその少年を誘拐したらしく、すっかり情のうつっていた高杉たちが彼を助けることに…。
坂道を転がるように犯罪にまきこまれていく主人公(でも詐欺師)という設定が面白い。
騙し騙されのコンゲーム、というにはやってることがせせこましくて、残酷なことはでてこない。なんたって、主人公が「誘拐なんて残酷極まりない犯罪には手を出さない」と言い切ってしまうような男だし。
そして被害者であるところの誘拐された少年の親も非常にせせこましくて、身代金を値切ってみたり。
人質は無事に帰ってくるのかと、真犯人は誰で何故高杉たちのことを知っているのか、という二本の謎を軸に物語が進みます。

軽い雰囲気で一気に読めて、読後感もいい、エンタメらしいエンタメ小説です。

(80点)



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ

テーマ:本読みの記録 - ジャンル:本・雑誌

さてさて、今日も一冊。

自白―刑事・土門功太朗自白―刑事・土門功太朗
(2010/03)
乃南 アサ

商品詳細を見る



新シリーズです。

昭和の高度成長時代を背景に、さえない中年男の刑事が事件捜査に当たる連作もの。昭和史を彩る事件やヒット曲がちりばめられていて、懐かしい感じがします。
刑事ものだけど、推理ものではなくて、もっと普通の人生を淡々と描いているような感じ。派手さはないけれどいぶし銀のよさがあります。
もう一ひねり、同僚に癖のある刑事がいたりすると物語としては盛り上がりそうですが、この話が求めているのはそういうものではないのでしょう。
各章の最初に、事件の当事者の目から見た事件の様子がさらりと描かれるのですが、ここのうまさはさすがとしか言いようがない。

私は「また逢う日まで」が好き。突然張り込みを命じられた主人公・土門が、じりじりとあぶられながら勤めをはたす話ですが、じわっと暑さがわき出てくるような文章がいい。

(80点。昭和にノスタルジーがない人は読みにくいと思う)



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ

テーマ:本読みの記録 - ジャンル:本・雑誌

さて、本日から通常営業の方が多いと思います。気候もよくなってきたので、張り切っていきましょ~。

転落 (講談社文庫)転落 (講談社文庫)
(2009/04/15)
永嶋 恵美

商品詳細を見る


ホームレスになってしまった「ボク」は、食料を探していた神社で、小学生の麻由から弁当を手渡される。巧妙な「餌付け」の結果生まれた共犯関係は、運命を加速度的に転落へと向かわせる。見せ掛けの善意に隠された嫉妬・嘲笑・打算が醜くこぼれ落ちるとき、人は自分を守れるのか!?(「BOOK」データベースより)


これは読むタイミングの問題とかもあるんだと思うんだけど(「告白」に前後して読んだから)、でも正直詰めが甘い話な気がします。

最初の章は、面白かった。少女とホームレスのゆがんだ関係がだんだん破綻していく話。でもその後の話は味わいが変わっていってしまっている。
犯罪被害者に対する周りの対応のくだりはよくかけていると思うし、こっちがメインの話なんだろうけど・・・。全体に、話のバランスが悪いかな。

子供をなくしてしまった母の話です。
非常に気持ち悪い、いやな感じが残ります。
でも半端な感じなんだよね。人の悪意を書くにしても、もっと突き抜けてるほうが面白いかと。

(78点。悪くはない、と思う)



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ

テーマ:本読みの記録 - ジャンル:本・雑誌

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。