乱読にもほどがあるッ!
趣味? 読書です。毎日欠かさず本を読む、グータラ主婦の読書記録。
このカテゴリーの記事


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ
実をいうとしばらく本を買っていなかったのである。その上図書館にも行ってなかったのです。結果、ろくに本を読んでいないというゆゆしき事態に陥っていたのでした。

チヨ子 (光文社文庫)チヨ子 (光文社文庫)
(2011/07/12)
宮部 みゆき

商品詳細を見る


五年前に使われたきりであちこち古びてしまったピンクのウサギの着ぐるみ。大学生の「わたし」がアルバイトでそれをかぶって中から外を覗くと、周囲の人はぬいぐるみやロボットに変わり―(「チヨ子」)。表題作を含め、超常現象を題材にした珠玉のホラー&ファンタジー五編を収録。個人短編集に未収録の傑作ばかりを選りすぐり、いきなり文庫化した贅沢な一冊。 (「BOOK」データベースより)


単行本未収録の短編(中編)5作。ただしアンソロジーに収録されているものはあるので読んだことがある話もあるかも。私は表題作を読んだことがありました。

作品全てに共通するテーマのようなものはあるようなないような。普通の顔をして生きている人間の中に眠っている悪意が一番恐ろしい…というようにも読めるけどこれは宮部氏の作品には結構出てくるテーマだし。

私が好きなのは「いしまくら」。
近所で起きた殺人事件。事件について調べたいという娘と、いやいやながら協力することになった父親。
なんといっても、
「被害者の女の子はエンコーとかしちゃうような子だったから殺されたって思うほうが安心だからよ」
というこの娘のセリフがいい。(原文はちょっと違う表現です)
悪意…ではないんだよね。
でもみんな、あの子は普通じゃなかったからあんな目にあった、私は普通にしているから大丈夫、って思いたい。
でもそれは死んでしまった彼女にとってとても失礼なことだ、という憤りがかわいい。
その上この調査が別な展開を生みます。ラスト数ページでパタパタっとストーリーが展開する小気味よさ。
短編っていうのはこうじゃなくちゃ。

「聖痕」はどちらかというと嫌いなタイプの話。
読んでてどっと疲れる感じの話です。

(全体通して82点。面白かった!)
スポンサーサイト



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ
「おそろし」に続くシリーズ第二段。今回は前作とは少し味わいが違うような。

あんじゅう―三島屋変調百物語事続あんじゅう―三島屋変調百物語事続
(2010/07)
宮部 みゆき

商品詳細を見る


さあ、おはなしを続けましょう。三島屋の行儀見習い、おちかのもとにやってくるお客さまは、みんな胸の内に「不思議」をしまっているのです。ほっこり温かく、ちょっと奇妙で、ぞおっと怖い、百物語のはじまり、はじまり。 (「BOOK」データベースより)


全作では大きく傷ついて自分のことでいっぱいになっていたおちかですが、今回は不思議話の中心にいるのが子供だからか少ししゃんとしてきた気がします。

特によかったのがおひでりさまの話。
日本の神様というのはきちんと祀っていれば福をもたらし、怠れば災いを運ぶもので、人間くささも残していて、だからこそ人々が上手く折り合いをつけて共存してきたもの――だったはずなのですが、この「おひでりさま」はとりわけ幼く、上手く人間に利用された挙句に疎んじられてしまう神様です。頑是無い子供のような外見がそれを象徴しています。
大水が出ないように神様に懇願したのに、いつしかその恩恵を忘れて粗末に扱い、さらに時代が下ると軽んじて封じてしまう…。何十年もたった後、その神様は一人の少年の力を借りて封印をとき、村に災いをもたらそうとする。…のですが、この災いがまた大変なのだけど現象としては小さなことで、しかも封印を解くのに手を貸した少年の周りでしか起こらないものだから、村人たちは彼のせいにして江戸へと厄介払いしてしまう。
収まらないのはおひでりさまで、さらに怪異を呼ぶものだからまわりまわって三島屋の客になってしまう、といった展開です。

そしてこの「おひでりさま」に対する三島屋の面々の反応がいいのよね。
怪異はあるとして、どうやってそれと折り合っていくか。

くろすけの話もかわいかったし、子供たちはたくさん出てくるし、宮部みゆきはこういう話もいいよね。

(86点)



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ

テーマ:本読みの記録 - ジャンル:本・雑誌

感想を書き上げてから某所の書評を読む習慣なのです。私がよいと感じた本を酷評している人がいると、気になって他のレビューも見に行ったりするのですが、やっぱり逆の感想を持っていることが多い気がします。万人に受ける物語はない、と実感するときです。

スコーレNo.4スコーレNo.4
(2007/01/20)
宮下 奈都

商品詳細を見る


どうしても忘れられないもの、拘ってしまうもの、深く愛してしまうもの。そういうものこそが扉になる―。ひとりの女性への道のりを描く書下ろし長編小説。 (「BOOK」データベースより)


アンソロジーで短編を読んだことがあるっきりの作家さんなので、それほど期待していたわけじゃないのですが、これは大当たりでした!

自分よりかわいい妹と常に比べられて育った麻子。
自分には妹のようなかわいげはない、妹のように激しく何かを愛する気持ちはない。自分には何かが欠けていると感じながら成長していく女の子。

初めての恋、二度目の恋、なんとなく就職してしまった職場、そこで出会った人たち。自分に自信がないからの回り道。もう少しだけ貪欲であったなら、手に入ったかもしれないもの。
自分で思っているほど麻子は無能な女性ではない。それでも小さいころからすりこまれた「妹のような生き方は出来ない」という思いが彼女を卑屈にさせる。

自分を認めてくれる人にであったり、責任のある仕事を任されたりして少しずつ成長していく彼女の様子が細やかに描かれていて、胸がつまる思いをしたのも一箇所や二箇所ではない。
そして最終章で、「長い迷路をさまよっていた」と言えてしまう麻子。妹の姿を見て、彼女もきっと彼女の迷路を歩いていたのだと考える場面なんかもう、泣きそうになりました。

自分を愛してあげられる、自分を認めてあげられる、たったそれだけのことが時にはこれだけ難しい。

心震える繊細なお話です。いい本にめぐり合えました。

(90点)女の子に。そして、かつて女の子だった人に。



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ

テーマ:本読みの記録 - ジャンル:本・雑誌

恥ずかしながら初読です。世の中には知らない本がたくさんあるなあ。

かいぶつのまちかいぶつのまち
(2010/07)
水生 大海

商品詳細を見る


演劇大会の前日、出演者たちが次々に体調を崩し、上演作品「かいぶつのまち」に見立てたかのように主人公に繰り返し凶器が届く。元「羅針盤」メンバーは、後輩との壁の大きさに戸惑いながらも、その隙間に巣くう「かいぶつ」を探し始める。心打つ青春ミステリー。(「BOOK」データベースより)


ところどころ解らない描写がでてくるな、と思ったらシリーズ2作目でした。こちらから読んでも物語的には問題ありません。

自分が小劇団用に書いた脚本が母校で演じられることになり、全国大会まではたし、観覧と激励に訪れたところ、顧問を含む何人かが原因不明の体調不良を訴え、なし崩しに面倒を見ることになった瑠美。しかし問題は体調不良だけではなく、主役の下へ何度も届けられるカッターナイフ、顧問と生徒の確執、以前の主役の退学、2年と3年の間にある温度差と盛りだくさん。それでも舞台の幕は開くし、出来がどうであろうと幕はおりるのです。しかし舞台が終わったからといって人生の幕はおりないし、問題も解決するわけではありません。主人公の瑠美たちは、一連の問題の原因を探ることになります。

何より胸に迫ってきたのは、演劇に対して「部活動です」とさめた目線で言い切れてしまう現部長。舞台にのめりこんで舞台の周囲で生きている主人公たちとはまるっきり違う考え方で、このあたりも衝突の原因になったりするのですが、イマドキの少年はこういうものなのかもしれません。寂しいけど。

物語としては最高だけど、私がこの現場にいたら怒るな、ということが最後の山場で行われていました。私はそこを減点せざるを得ない。見ていた観客はどう思ったんでしょうね。そういうことを瑠美たちは考えたのかな。

(80点。面白かったです。一作目も探してみよう)



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ

テーマ:本読みの記録 - ジャンル:本・雑誌

最近同じ作家さんの本ばかり読んでいる気がしてならない。新規開拓しなくちゃな。

まほろ駅前番外地まほろ駅前番外地
(2009/10)
三浦 しをん

商品詳細を見る


『まほろ駅前多田便利軒』での愉快な奴らが帰ってきた。多田・行天の物語とともに、星、曽根田のばあちゃん、由良、岡老人の細君が主人公となるスピンアウトストーリーを収録。(「BOOK」データベースより)


「まほろ駅前多田便利軒」の番外編です。何があっても、本編を先に読むことをおすすめします。

番外編としてはね、悪くないと思うんですよ。
便利屋の主の多田と、居候の行天が片付けるいくつかの依頼たち。人間ってバカだなあと思う話もあれば、人間って深いなあ、と思う話もあります。ただし、全体として話は小粒。まあ番外編ですしね。

「逃げる男」なんかは、他者からは伺えない夫婦の関係について書かれた話。それも、夫が死亡してからの話。「あの人はこんなことを考えていたんだ!」という安易な結論を出さない潔さがありますね。好きなタイプの話です。

作者の脳内で彼らは息づいているみたいですから、続編を楽しみにしたいと思います。

(75点)



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ

テーマ:本読みの記録 - ジャンル:本・雑誌

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。