乱読にもほどがあるッ!
趣味? 読書です。毎日欠かさず本を読む、グータラ主婦の読書記録。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ
今度は坂木さんが解説を書いている本。

百万の手 (創元推理文庫)百万の手 (創元推理文庫)
(2006/06/10)
畠中 恵

商品詳細を見る

だんだん死んだ父に似てきた主人公夏貴。彼に恋人めいた行動をする母、そのせいで過呼吸になる夏貴に、水をかけても消えない火事で死亡した親友が携帯電話から語りかけてくる。その親友によく似た少女。病院の医師の不審な行動。急に再婚相手を連れてくる母。夏貴の家も火事で燃える。放火? なぜ?

と、魅力的な謎てんこ盛りで、一気に読めるんですが・・・。

正直、物足りない。坂木さんも解説で書いているように、「どの部分を膨らませても違う話が一本かけそうなほどのエピソードに満ちた本作」。ここ、もうちょっと読みたい、と思うところが一杯。でもそうしたらストーリーのテンポが悪くなるのかな。

5年前にこの本読んだら「面白い!」だったと思う。本をたくさん読むってことはそれだけすれていくってことね・・・。

主人公の母の再婚相手、東さんは素敵でした。
スポンサーサイト



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ

青空の卵に続くシリーズ2作目。

仔羊の巣 (創元推理文庫)仔羊の巣 (創元推理文庫)
(2006/06/17)
坂木 司

商品詳細を見る


坂木は同僚から、同期の女性の様子が最近おかしい、と相談を受ける。おりしも鳥井は風邪でダウン中だったため、自力で探偵役をつとめるが、さて結果は・・・?

有栖川氏が解説を書いてるのを目次で確認して、ちょっとお得感を得つつ購入。

でも。でも、有栖川氏は「僕は鳥井を好きになれない」「もし最初から彼の行く末を温かく見守っているという方がいたら失礼。別の読み方があるというしかない」とおっしゃって。

え! ええぇぇー!!

私は、わりかし最初から鳥井くん、いい子だなあと思って読んでたよ。一話目は確かに「何だこいつ」だったけど、一冊終わる頃には、もう。

別の読み方をしてるってことですか・・・(がっくり)

何でだろう。私に引きこもりと似た経験があるから? 特に外出したいと思わない、気を許している同居人が帰宅するのは嬉しいけど他に友人を増やそうって意欲はあんまりない、生活のために買い物には出掛けるけど近所の人と立ち話とかは・・・したくない、人ごみに出掛けるのは嫌。これってやっぱり引きこもり?

実を言うとこれ、妊娠・出産・育児初心者の頃の私でして。マタニティーブルーとかもあったのかも。今はもう少しまっとうな生活をしてる(つもり)ですが、仕事が休みの日なんかは一日外出しないこともあるなあ、まだ。

で、旦那はやっぱりそんな私と暮らしてて、苦労したと思うんですよ。感謝。

ちょっと話がずれましたが、私にとって引きこもりは理解しにくいハンデではないってこと。鳥井くんは、自分のそういう部分も自覚していて、でも自活できるよう職業(在宅のプログラマー)を選んだし、料理もちゃんとつくるし、自分を管理できるってこと。人付き合いがだめ、ってとこを除けば、鳥井くんはいい子だと思うな。それが大事だろ! とお叱りを受けるかもしれないけど。

あと、私は年配の方を魅力的に書いている小説に弱い。昨日書いたとおり。だから私にとっての肝は栄三郎さん。彼が出てこないようなお話なら、つまらなかったかもしれない。




ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ
ちょっとしたきっかけで、「ペンギンブックカフェ」というブログにたどり着いたのですが・・・。

面白かった! 書評、というより気ままな読書感想といった感じのブログなんだけど、確かにその本読んでない人には「?」みたいな文章もあるんだけど、面白かったです。文章がうまいわけではないところがまた、いい。(ほめてるんです)自由っぽくて。僕はこう思うんだけど・・・みたいな、ちょっとためがある感じが。

残念ながら、ペンギン店長さん、文庫はほとんど読まないらしいので、文庫を中心に読んでいる私とは読書傾向がびみょーに違うんだけど。ハードカバーはそんなに買えません、私。財布の中身と家のスペースがそれを許さないんで。気になる新刊は図書館でチェックしつつ、文庫になるのを待っている、小心者。

で、そこでおすすめだった作家さんの本を読んでみた。

ホームタウンホームタウン
(2005/08)
小路 幸也

商品詳細を見る

主人公の柾人が、急にいなくなった妹の木実を捜していくと、彼女の婚約者も失踪していることがわかる。手がかりを求めて二度とかえりたくなかった街に戻り、昔の知人に会い、疎ましく思っていた自分の過去を知ってても協力してくれる人達に会って・・・。

道内在住の作家さん? 知らなかった・・・。が、最初の感想。読む前の。

「デパートの探偵? こんな仕事あるの?」と思いながら読んだ。そのうちそんなことどうでもよくなった。主人公の上司のカクさんが、いい。自分の芯をしっかり持っているお年寄りって素敵。もちろんばあちゃんの包容力もいい。ラスト直前のばあちゃんの台詞がじんわりきた。

人間っていいな、と思った。間違っても、許しあえるっていいな、と思った。いろんな葛藤も、苦しさも、飲み込んで笑えるようになりたい、と思った。

すぐさま「キサトア」予約しました。楽しみ。




ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ
クロス・ゲームクロス・ゲーム
(2004/07/21)
中野 順一

商品詳細を見る


どういったらいいんだろう。この本は、ストーリーが目新しいわけでも、キャラクターが面白いわけでもない。チャットとか、オンラインゲームとか、闇金融とか、小道具は確かに面白いんだけど、それもまあ何年かしたら特に目新しいものでもなくなるだろうし。(もうなってる?)


でも夢中になって読んだ。2時間かからなかったと思う。もともと読むのは早い方だと自負しているけど、トイレも我慢して読むことはあんまりない。


休日に同じ部屋にいながらお互いにオンラインゲームをして、必要なときはチャットで会話するカップルっていう箇所を読んだとき、「あるかも」と思っちゃったのがきっかけ、かな。「それのどこが変なの?」って言う人だっているかも。


たかが仮想現実の中の出来事、と思えない人ってきっと一杯いるよね。


でもやっぱり、現実って大事だよ。人間には体温を伝え合う距離にいる相手ってのが必要なんだって言ったのは誰だっけ?


私にはそういう本でした。面白かったけど、この系統の本を続けて読んだら苦しくなるな、て感じ。



゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚


今、この記事を読んで、書き直したくてたまらない。けど、多分今の私にこの文章はかけまいと思い、このままにしておくことにする。

ただし! ここまで持ち上げるほど面白い本だとは思えなくなった、とだけは追記。

(2007.10.4)



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ
で、やっぱり「小説」で有栖川氏の本について書くならこれが最初かなあ。
46番目の密室 (講談社文庫)46番目の密室 (講談社文庫)
(1995/03)
有栖川 有栖

商品詳細を見る

「密室? ああ、あの、針と糸を使ってなんかするヤツでしょ?」 とか言う声はやっぱり今でも聞くし、そもそもミステリと聞いて「人が変な死に方をして名探偵が犯人を見つけるヤツ」 とかいう言い方をする人もいたりする。でも確かにそれだけの本も、まあ、年に一冊か二冊は読みますね。で、がっかりする。

この本も、あらすじでまとめちゃうと、それだけの話。

でも、それだけじゃない、プラスアルファの部分が読みたくて、私は有栖川氏の本を読む。乱暴な言い方かもしれないけど、有栖川氏の(シリーズの)登場人物はおおむね心を病んでいる。ひっそりと。火村助教授が犯罪を研究する理由も、江神先輩が大学生でいることにこだわる理由も、アリスが小説を書く理由も、突き詰めればそういうこと。

それが、淋しくて愛しい。

この本は火村・アリスシリーズ第一作で、有栖川氏いわく「火村の探偵像は大急ぎでざっと素描したもの」らしい。でもその段階ですでに「重要な部分は出揃っている」と、私も思う。

新刊が出るたびに、火村助教授が悲しい思いをしてないといいな、と思いながら読む。女子学生が手の届かない憧れの人を見つめる姿勢に、似てるかもしれない。

ちなみに有栖川氏の言葉の引用は「有栖の乱読」メディアファクトリーより。




ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。