乱読にもほどがあるッ!
趣味? 読書です。毎日欠かさず本を読む、グータラ主婦の読書記録。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ
本所深川ふしぎ草紙 本所深川ふしぎ草紙
価格:¥ 540(税込)
発売日:1995-08

新潮文庫

一年の締めは大好きな作家の大好きな作品で。

深川に伝わる七不思議をモチーフに、江戸の町に起こる犯罪を描いた宮部みゆきお得意の人情物短編集。

捕物帳といってもいいようなつくりなのですが、ストーリーの主眼は犯罪ではなく市井の人の生活。一話ずつ主人公が違います。事件はというと、殺人事件だったり、押し込み強盗だったり、描きようによっては重苦しい話になりそうなものなのに、読後感のさわやかさ、心がほっこりする感じはさすが宮部氏。

全編通して解決に尽力するのは回向院の茂七親分。宮部氏の時代物ではほぼレギュラーに近い彼が出てくるのもファンとしては嬉しい。

短編集だからといって、あっさり終わるかというとそうではない、深い話も入ってます。大好き。

それではみなさん、よいお年を。

スポンサーサイト



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ

一日早いですが今月の〆。

読んだ本の総計48冊、

内訳 図書館本36冊・購入本8冊・再読本4冊。

先月よりだいぶ減っていますが、原因は「陰摩羅鬼の瑕」に時間がかかったことと(他の本3冊分くらい時間かけて読んだ)雑誌「ミステリーズ!」に耽溺していたからで(バックナンバーを読み直したりした)読書時間はさほど減っていないだろうと思われます。

今月のあたりはやっぱり「私を離さないで」カズオ・イシグロ。

「日の名残」を探しているんだけどまだ入手できず。

あと、ブログには出てこないけど「ファンタージェン」や「ペギー・スー」なんかの児童書もまとめて読みました。いい児童書は大人の目にも面白い、を地で行く本。

今月はミステリらしいミステリをあまり読んでない月。来月はどうだろう? 面白い本にめぐり合えますように。




ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ
輪違屋糸里 上 輪違屋糸里 上
価格:¥ 1,575(税込)
発売日:2004-05-27

文藝春秋

年末時代劇ってことで。

新選組がまだ「みぶろ」と呼ばれていたころ。島原で天神(太夫の下の位)を張っている糸里は、土方に恋心を寄せていた。その折、姉とも母とも慕う音羽太夫が、新撰組局長芹沢に無礼打ちにされてしまう。芹沢といえば商家への押し借りや酔った上での乱暴など、悪名高い人物だが、その胆力で周囲に一目置かれているのも本当。島原芸者としての伝統を受け継いだ女・糸里は、幕末という時代のうねりの中に、いやおうなく巻き込まれていく…。

浅田次郎氏の作品からはしばらく間をおいていたんですが、久しぶりに読むとやっぱり上手いなあ。どのくらいまで史実かは詳しくないんですが、同じ事件を書いたんでも、人の内面の描き方によってはこれほど違う話になるものか、とうならせられた作品。ただし。日本史や幕末に興味のない人、新選組についての知識がない人は解りにくい、かも。時代小説的に仕方ない部分もあるけれど。(これ以上詳しく説明してたらストーリーが堰き止められてしまうぎりぎりまでは説明あるんで)

そしてやっぱり、女性の描き方が上手い。糸里・吉栄・お梅・お勝ら女性陣がしっかりかけてなかったら、この話、薄っぺらくなっちゃうだろうな…。今時の女性とは違う芯の強さ、男を支えて操って、でも恋情には負けてしまったり、解っててもあえて騙されてあげる気丈さ。歴史の表舞台には出てこない部分だけに、作者の思い入れが伝わるような描き方です。

やっぱり読書ってのはいいよね。視界の狭まっていた自分に気付く場でもあるよ。ひとつのジャンルにとらわれずに、色々読むのも大事だよね。(これは一年の総括か?)




ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ
ワーキングガール・ウォーズ ワーキングガール・ウォーズ
価格:¥ 1,470(税込)
発売日:2004-10-21

新潮社

世間では仕事納めだなんだと先生たちも走り回っているようですが、私の日常は変化なし。子供がおじいちゃんちに泊まりに行ってるせいで、かえって時間が出来た駄目な主婦。(大掃除しろよ…)

で、というわけじゃありませんが、働く女性たちの本。

37歳・大手音楽企業係長・独身・恋人なしの主人公、翔子。中間管理職とは言葉だけで、部下からの人望も上司からの信頼も薄く、これといって目標のないまま年だけ重ねてきた自分。部下とのトラブルで日常に嫌気が差し、思い立ってオーストラリアまで旅行に行くことにするが…。

30歳台目前・ハワイ大学出身・語学力を生かして旅行会社のオーストラリア支店に勤務・といえば聞こえはいいが現地パートと変わらない待遇に息苦しさを感じている、第二主人公愛美。翔子ととあるメーリングリストで知り合い、旅行の世話をすることになるが…。

この二人の女性の話が、変わりばんこに語られていく連作集。帯によると、「本格負け犬小説」らしいんだけど、言いえて妙。

最初の方では女性ならではの閉塞感、将来に希望がない感じ、一年かけてこれをやり遂げたという感慨もなく、ただ歳だけ重ねてしまった、というような疲労感みっしりの、文章的には軽いんだけどどうにもしんどい話なんですが、話数を重ねていくにしたがってだんだん吹っ切れていきます。確かに負け犬かも知んないけどさ、これで終わりってわけじゃないんだよ、って話。30代の女性にはリアルかも、ですが、男性陣の共感が得られるかは解りません。

しかし、柴田よしきさんってのは多才な人だよね。読むたびにカラーが違う。「太陽の刃、海の夢」なんかもすごく好きな話なんだけど。同じ作家の本らしくない。でもどれも女性を応援している話、というのが共通点かも。

この本のラスト一行がその象徴。

「負けないもんね。絶対に。」




ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ

わたしを離さないで わたしを離さないで
価格:¥ 1,890(税込)
発売日:2006-04-22

ハヤカワ書房

クリスマスプレゼントにもらった本。雑誌でレビューを読んで以来気になっていたものの、なかなか入手できずにいた本でもある。多謝。

「介護人」として「提供者」の世話をしている主人公キャシーが、提供者の為の施設ヘールシャムで育ったころからの人生を振り返って語る話。

解説者の言葉を引用すると、

(本来なら内容について詳しく説明するのが解説の常道だがこの作品ではそれはしない、と前置きをした上で)この小説はものすごく変わった小説であり、作品世界を成り立たせている要素一つひとつを、読者が自分で発見すべきだと思うからだ。予備知識は少なければ少ないほどいい作品なのである。

これは至言。提供者って何を提供するの? とか、ヘールシャムって何のための施設? とか、考えながら読んだ方が絶対楽しい。

で、内容に触れないようにして語ろうとするとこれが難しいのだ。本当に。

この小説の基本的アイディアは、それほど珍しいものではないと思う。何作か読んだことがある。でも、こんな小説ははじめて読んだ。何がすごいのかって、主人公キャシーの、淡々とした語り口、かな。こんな人生を運命だと思うのはあまりに悲しい。でも、それを受け入れている。急流の真ん中に立ちすくんでも、いつか流されていくのは避けられないんだ、といったように。

各誌が絶賛、とか言われるとかえって読む気がなくなったりする天邪鬼な私だけど、この本はぜひぜひお勧めしたい。読んで欲しいし、今の世の中にも思いをはせて欲しい。




ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。