乱読にもほどがあるッ!
趣味? 読書です。毎日欠かさず本を読む、グータラ主婦の読書記録。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ
うちの3姉妹 1 うちの3姉妹 1
価格:¥ 998(税込)
発売日:2006-04-20

主婦の友

一昔前なら地域コミュニティというのがあって、初めての子供をそだてる時なんかは近所のベテラン母さんに相談したりした(井戸端会議ともいう)ものだけど、今は残念ながらそういうつながりは薄くなっている。育児サークルなんかはあるけど、仕切ってるのが未婚の保健士さんだったりして当てにならなかったり。

で、育児本が出る。私の見たところ、二種類ある。「子供はこうやって育てなさい」っていうHOW TO本と、「うちの子育てはこういう感じです」っていう日記本と。後者はどっちかって言うとコミックが多いかな。

その中でお勧めなのが2つ。男の子版が「毎日かあさん(西原理恵子)」。女の子版がこれ、「うちの3姉妹」。(長い前振りだった…)

うちは3姉妹ならぬ3兄弟なのだけど、性格はそっくり。こんなことあったよ! と思いながらとにかく笑える。性差の前に環境の差ってあるよ。あと、その年頃の子供がみんな持ってる面白みとか。

これ、小学生の息子も読んで笑ってます。読み終わったら肩の力が抜けてます。とにかく一度読んで欲しい。

(90点)

おまけ。これはもともとブログ発の本です。ブログも続行中です。興味のある方はこちらをどうぞ。

スポンサーサイト



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ

もうあちこちで語りつくされている気がする。私なんぞがこれ以上何を言えるというのか。と考えて書かずにいたんですが、やはり書く。

バッテリー 6 (6) バッテリー 6 (6)
価格:¥ 540(税込)
発売日:2007-04

巧たち新田東中は、以前完敗を記した強豪・横手二中との再試合の日を迎えようとしていた。(あらすじ書こうとしたら結局これだけで終わりだよね)

と、いうわけで、感想。今回は個人的に書き散らかすんで、読んでない人はご用心。

今回読んで。「やっぱりこれは豪の物語なんじゃないのか?」と思った。巧に出会ってしまった豪。ピッチャーとして必要なものは皆持っているのに、人間的な部分で欠けている巧。かけている部分に傷つけられ、踏みつけにされ、それでもやっぱり「巧のキャッチャー」でいることを選択した豪。彼の目線から語られる言葉は少なくて、内面は推し量ることしか出来ないんだけど、彼の苦悩はきっと半端じゃない。そもそも親から反対されている部活を続けるというだけでもしんどいんじゃないか。しかも相手はあの巧で、豪の苦悩はきっと通じてない。…大変だよね。

しかし。ラスト近くで、巧が、「キャッチャーだから一緒にいるんじゃない」と不器用ながらに豪に告げる場面。ああ、よかったなあ、と思った。巧の成長ぶりがここでうかがえる。そして、豪の反応が、彼の今までの苦悩をうかがわせて(落涙)。

ある程度年をとってから振り返ると、若かったころの、「何かをやりたくて、自分の押さえが利かなくて、上手く人に合わせることが出来なくて泣いたり悩んだりして、でも走らずにはいられないあの感じ」(青春スーツ?)がなつかしくほろ苦く思い出されるんだけど、この本は私にとってそういう本。男性が読むとちがう感想なのかもしれないけれど、女性の目から見ると「理想の青春」。(…書いてて恥ずかしい)

ラストはあれでいい! 色々想像できるのがいい! と思っていたのに、あっけなく「ラスト・イニング」でばらされちゃったよ…。んが、これについての感想はまた別の機会に。

(点数つけません。冷静じゃないんで。一巻を読んで面白かった人はぜひここまでたどり着いて欲しい)




ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ

いわずと知れた「館」シリーズ第七弾。上下巻、計2500枚の力作、だそうです。ああ、しんどかった。

暗黒館の殺人 (上) 暗黒館の殺人 (上)
価格:¥ 1,575(税込)
発売日:2004-09-10

近隣の村では「あそこには怖い物が住んでいてうかつに近づくとさらわれる」と恐れられている館、暗黒館。そこが中村青司に関係あるらしいと聞いて、江南は一人車を走らせるが、途中、地震が原因で事故を起こしてしまう。退路を絶たれ、暗黒館に向かう江南だが、そこには「浦登」の一族が住んでいた。

ここまでが、序章のあらすじです。ここからが本番。語り手の「私」の正体は明かされぬまま、黒く塗りつぶされた館、窓がほとんどなく内に向かっている部屋、そこに住むシャム双生児の少女、早老症の少年、心が壊れた婦人、いわくありげな儀式、と次から次へと畳み掛けるように書き連ねられる「昏い」イメージ。入り組んだ人間関係。乱歩や正史のころのような、時代がかった作品です。

ミステリを好んで読んでいると、「よくこんなこと考え付いたなあ」と思うような作品にめぐり合うことがあるのですが、正直、この作品はそこまでいってない気がする。謎のいくつかは読んでいる途中に解る。具体的にこれこれこうだからこうだと理屈だてて考えなくても、「あれおかしいなあ」くらいは解る。そういう文章になっている。

だから、私のこの作品に対する評価は、「よく書ききったなあ」です。

そもそも、「うらど」家、いわくありげな儀式、隠し扉や使えない階段、と聞いて私が思い出したのは小野不由美氏の「アレ」。同じモチーフの作品を少女小説とミステリと文法変えて書いたらこうなるのか? とか考えながら読んだ。

しかし、この膨大なモチーフを、積み重ね積み重ねしてフェアなミステリにする体力はすさまじい。

おまけ。「私」の正体はこうだろうなあとおもいながら読んだ。当たってた。江南の名前も予想どおり。でも、玄児の正体は予想外だった。中村某も。読んだ方だけわかってください、私の読解力はそんな感じです。

(点数…難しいなあ、自分で楽しんだ点数は85点、人にお勧めするなら60点。とにかく長くて読みにくいので)




ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ

気がつくと一週間書き込んでなかった。その間何をしていたかというと、「暗黒館の殺人」を読んでおりました。なかなか進まない。まだ途中です。

包帯クラブ The Bandage Club 包帯クラブ The Bandage Club
価格:¥ 798(税込)
発売日:2006-02-07

で、気晴らしに読んだのがこれ。

心が傷ついたその場所に、包帯を巻いてもらえると心が軽くなる--そう思いついた「ワラ」たち高校生は、HPを利用して「包帯を巻いてもらいたい場所」を募り、自分たちで包帯を巻いて回ることにする。それが包帯クラブ。活動初期を振り返った記録風物語。

自分が痛かったとき慰められたから、誰か慰めを必要としている人に、それを与えてあげたい。そんな、まっすぐな気持ちを書いた話。慰めてもらいたい、癒してあげたい、誰かと繋がってたいそんな気持ちにあふれてる本。主人公が少しいい子すぎる気もするけれど、「物語」の許容範囲。

いいのはですね、そんなささやかなボランティア活動が、心無い人に中傷を受けたときの反応。

「自分の傷にも巻いて欲しい」「傷を認めてもらえて嬉しい」といっていた人が、手のひらを返したように「そんなことして何になるんだ」と言い出す場面が、実はたまらなく気にかかる。大勢に寄りかかる人たち。マスコミがいいっていってるから、乗り遅れないようにする自己保身。ネットの匿名性と、それを利用した無自覚な攻撃。

クラブのメンバーの反応がばらばらになって、活動が休止に追い込まれる。そのときの乾いた感じが、好き。

「負けるな」って応援してあげたい。私が子供だった頃より複雑になった価値観の中を、泳ぎきらなきゃならない今の子供たちを。

ラストもいい。詳しくは書かないけど。(77点)




ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ
しゃべれどもしゃべれども しゃべれどもしゃべれども
価格:¥ 620(税込)
発売日:2000-05

若い落語家の三つ葉は、吃音癖が原因で仕事に躓いた従兄弟の良に、「話しかた」を教えるように頼まれる。無愛想な美女の十河、関西弁が原因でいじめられている小学生の村林が参加することになり、簡単な落語を教えるのなら、と条件付ではじめたものの、参加者たちはみんな口下手で、仲良くなる雰囲気もない。自分の芸にも自信がもてない三つ葉、さて上手くいくのでしょうか?

と、要約してみたものの、何かがちがう。

まず、三つ葉。古典落語をこよなく愛し、普段から和服でとおす彼。すぐかっとなり手が出る。よく考える前に言葉が出てしまい、無駄なトラブルの元になったりする。が、恋事には奥手で好きな女性に告白すら出来ない。このキャラクターが実にいい。いざ高座にあがると緊張のあまりしどろもどろになる、そのじたばたしてもどうしようもない感じに素直に感情移入できる。そして、小学生の村林。関西弁の響きのせいで能天気な発言馬鹿利しているように聞こえるけど、彼の抱えるトラブルがいいアクセントになって話を引き締めてる。所詮子供の揉め事だ、なんて突き放してしまってはこの話は楽しめない。十河の不器用でぶっきらぼうなところもいい。

こういう、奇抜ではないながらも味のある人物たちが、一年かけてわずかずつでも成長していく話。はらはらはするけれど、ラストは大団円で、すっきりとした読み心地。

実は、漫画化作品を先に読んだ。追っかけて小説を読んで、こっちの方が好きになった。で、夏には映画にもなるらしい。丁寧に作ってもらえるといいな、と思う。鑑賞後、心がほっこりする作品になりますように。

(80点)




ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。