乱読にもほどがあるッ!
趣味? 読書です。毎日欠かさず本を読む、グータラ主婦の読書記録。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ

今月読んだのは図書館本40冊、購入本5冊、再読本2冊。感想書いてない本がたまってます。近日中に何とか。短くなるかもしれませんが。

今月のベストブック

おっぱいバレー 水野宗徳 (92点)

今月は70点台の本が多かったです。面白い本はいろいろあったんだけど、「これ!」というのにめぐり合えなかったというか・・・。

本を読む量が増えると、読み込みが足りないのか、評価が低くなりがちな事に気付きました。読む順番にも左右されるし、まあ、個人的な点数なんでいいっちゃいいんですが。参考にしている方、いらっしゃったら(いるのか?)ごめんなさい。

スポンサーサイト



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ

この本を読んでいる間中ラーメンズのコント「Q&A」が頭をよぎりっぱなしでした・・・。内容はまったく関係ありません。

Q&A Q&A
価格:¥ 1,785(税込)
発売日:2004-06-11

これからあなたにいくつかの質問をします。ここで話した事が外に出ることはありません---。

この話はこんな台詞で始まる。タイトル通り、「質問」と「答え」のみで成り立っている話。

大型スーパーのMで火災が発生と通報。実際には火災ではなかったのに、死亡者69名、怪我人は100名を超える。毒ガスともテロとも噂が流れるが、いまだ真相は不明。被害にあった人、その周辺の人、誰かが誰かに質問をしながら、話は進んでいく。

答える人の名前・職業・年齢などは章が変わる最初の一ページで明かされるが、質問者の素性は解らない。最初は、この質問を通して何があったのか解き明かされる、ドキュメンタリータッチの小説かと思いながら読み進めたのだけど、よく考えたら恩田陸氏がわざわざそんな話を書くわけがない。途中で違う方向に話は曲がっていく。

そして、この話の底にあるのは、多分「憎悪」。そこまでひどくないかな、じゃあ「悪意」。人間は自分を守るためなら残酷なことをすることもある。相手を見くびって利用することもある。聖人君子の世の中ではない、そんな話。

ダークです。結構苦い話です。不条理感満載の、恩田陸ワールドです。ファンにはやめられない世界。

(70点。点数がいまいち低いのは、ファンじゃない人には不満が残ると思うので)




ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ

「図書館戦争」シリーズのスピンオフ作品。図書館内乱中に出てくる作品を実際に書いてみました、ということらしいです。

レインツリーの国 レインツリーの国
価格:¥ 1,260(税込)
発売日:2006-09-28

今回ネタバレありです!

伸行は、昔好きだった本の感想をネットで調べてみた。そして、「ひとみ」という女性の書いた感想に、意見をメールしてみる。と、即返事が返ってきた。それをきっかけにメールのやり取りが始まり、それは伸行の中で恋へと変化しはじめる・・・。

得意の飛び道具を封印して書いた話、ということですが・・・。ストーリー自体は、まあちょっとありがちな展開ですが、割と好きなタイプです。問題は他の部分。

と、いうのも。あちこちで書いてあったんで言っちゃっていいと思うんですけど、ヒロインのひとみさんは聴覚障害者です。なので、障害を気にしないですむメールでのやり取りというのはとても大切な部分です。でまあ、恋愛ものの定番として、途中でメールを使ったケンカの場面なんかがあるんですが。

このメールが、底が浅い。

「この性格でこの文章書くか? これ読んだら彼女は怒るだろうな、くらい予想できる男だろう」と思ったら、やっぱりひとみさんからは怒りと悲しみのつまった、その分文章を選んでない無神経なメールが来ることになって、こじれていく。わたしはここを、「この二人にはここですれ違ってもらわなきゃ」という作者の作為丸見えの場面として読みました。「いや、ちがうよ、彼は無知だからこういう言葉を選んだんだよ」という反論もありかと思いますが、私はそれなら、型にはまった「無知」を演じさせてるだけじゃない、と言い返します。

作者の中でこの作品・作品のテーマは消化されてないんじゃないかな。難聴者について書くぞと決めて取材して、取材中に拾ったネタを生のまま並べて、上からオブラートかけてみました、って感じ。でもやっぱり生は生。上手く料理できれば何倍もおいしくなるのに、急いじゃった。

もったいないな~。

(70点)




ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ

〈守人シリーズ〉が有名な作家さん。児童向けのファンタジーを主に書いていらっしゃるようなんですが、今回は日本風。

狐笛のかなた 狐笛のかなた
価格:¥ 1,575(税込)
発売日:2003-11

怪我をした子狐を拾った小夜は、猟犬に追われて普段近づかない屋敷の方へ逃げていった。そこには同い年の少年、小春丸がいて小夜を助けてくれる。これをきっかけに、大人たちには内緒で仲良くなる二人。二人を物陰から見つめる子狐は、実は獣ではなく霊孤だった・・・。時はすぎ、小夜は十六歳になっていた。保護してくれていた祖母も亡くなり、一人で生活していたが、ある日の市で昔の自分を知っているらしい女性とその兄に出会う。そこから、小夜の運命が動き出した・・・。

日本風なのだけど、日本ではない。守人シリーズのときも思ったけど、世界を作り上げることとそれを過不足なく描写するのはさすがの一言。特別な用語もちらほら出てくるんだけど、解りにくいことは一度もなかった。底の浅いエセファンタジーをかいてる人に、「やるならここまでやらんかい!」といって読ませてあげたいくらいの作品。

実を言うと、小夜と小春丸の身分違いの恋愛がテーマになるのかな~、べただけどそれもありだよな~、なんて邪推しながら読み進めたのだけど、違いました。(いや、べた度で言うと同じくらいな展開ですが)恋愛を超えて、「お互いを大切に思う気持ち」がテーマ。どろどろしない、読後感のよさがいいです。

(80点)

本編とはまったく関係ないんですが、割とシリアスな場面で、「もんどりうって転ぶ」というのを読んだ途端にふきだす私。恐るべし森見登美彦。




ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ

料理には詳しくないんで、「甘い豆腐って言ったら杏仁豆腐」しか思いつきませんでした。中国料理って奥が深い。

香港の甘い豆腐 香港の甘い豆腐
価格:¥ 1,575(税込)
発売日:2004-10

高校に行かずだらだら過ごしていた私は、その生活をなんとなく「父親がいない」せいだと思っていた。ところがそれが母にばれた途端、「父親に会いに行こう」と突然香港にいくことに。香港でであった人たちにひかれた私は、そのままひと夏を香港で過ごすことになる。異国での体験を経て、女の子が元気を取り戻す話。

まず、この無気力っぽい少女の設定に拍手。「友達から離れてみたら気分がすっとした。いちいち友達の顔色うかがわなくても言いし、余計な気を回さなくてもいいし、なにしろラク」・・・疲れてるんだなあ。なんというか、自己主張しないよう(出る釘になりたくないから)、周りから浮かないように必死に気を使っていて、突然気力が尽きちゃった、見たいな感じ。

そしてまたこのお母さんがかっとんでる。「どうせ父親がいないから?」という子供に反応して、外国だって言うのにまず会いに行くんだよ? 「お前の父親は・・・」とか説明も何もなしで。「行くから」と言ったときにはもうチケット取ってるんだよ? そのくせ父親との面会は人任せだし、よくわからないけど自分のルールに従ってる人。

で、対する香港の人たち。広東語の言葉としての勢いみたいなものもあるんだろうけど、言いたい事ははっきり言う、断られても気にしない、自分のことは自分で決める、といったきっぱりした感じ。日本人にはこの部分は足りないわ・・・。でも、放置しているんじゃなくて、ちょっとはなれたところから見守っている感じ? 「心配している」と言うことが負担になるかもと考えて、口に出さないでいる。無関心ではない。

もうね、香港に決めた時点で作者の勝ち。混沌としていて、自己主張が激しくて、エネルギッシュな街。その中に放り出されたら何もしないでうずくまってるわけには行かないでしょう。

最後に。おばあちゃんがいいんだよね、この話。かっとんだ娘を「もうあの子は何考えてるかわからなくてどうしようもない」と突き放しつつ見守ってる視線、孫を「あんな母親を持って災難だけど、ちゃんと元気でいるんだよ、連絡しなさいよ」とこっちは直接的に告げるバランス。心配はするけど過保護ではない。とぼけているようでしっかりしてる。彼女がいなかったらこの話は全然違う読後感だったんじゃないかな。そういう配置はさすがです。

(77点。もう一息、いい意味で裏切られたい感じがのこる)

あ、タイトルの「甘い豆腐」は「豆腐花(タウフファ)」というスイーツみたいです。




ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。