乱読にもほどがあるッ!
趣味? 読書です。毎日欠かさず本を読む、グータラ主婦の読書記録。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ

シリーズ6作目、油ののった作品。全5編の短編集。

ちんぷんかん ちんぷんかん
価格:¥ 1,470(税込)
発売日:2007-06

火事の煙をすって昏倒した若だんなは、気付くと賽の河原にいた。現世に戻る算段をするが、河原の鬼たちが邪魔をして・・・。(『鬼と子鬼』より)

長編の後だからか、力の抜けた小編集。

兄の松之助に結婚話はでるは、幼なじみの栄吉は修行に精を出すは、若だんなの周りの人間がどんどん成長していくので少しずつ若だんなも影響を受けているような感じ。手代の二人がいまいち活躍してない(というか出番が少ない)のは、彼らは変化しようがないからかなあ。

印象としては、「次作へ向けて力を溜めている感じ」。

よくある「名探偵もの」とは違って、主人公が成長する以上、いつかはシリーズとして終わりが来るんだろうし、だとしたら着地地点を模索し始めたのかもしれない。なんか雰囲気が今までと変わってる。

次作に期待、です。

(75点。この本1冊では可もなく不可もなく)

スポンサーサイト



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ

昨日からいつも行っている読書ブログさんへの訪問を取りやめてます。だって、「女王国の城」の感想がアップしてたら悔しいんだもん! こんなことならやっぱりネット注文しとくべきだったか・・・。でも「本屋で買う」の、好きなんだよねえ。

親不孝通りラプソディー 親不孝通りラプソディー
価格:¥ 1,785(税込)
発売日:2006-10-17

「親不孝通りディテクティブ」の主人公、テッキとキュータの過去編。舞台は1985年博多。

美人局に引っかかったキュータは、金を用意するために地元信金の裏金を奪う計画を立て、テッキに持ちかけるもテッキは拒否。そこで同じく金に困っていたキョウジと組んで襲撃する。それ自体は成功したものの、警察の動きがおかしい。一方テッキは親元を離れて新しく出来た恋人と一緒に生活をはじめるが、彼女には裏の事情がありそうで・・・。

アドバイス。気力と体力に余裕のあるときに読みましょう。

テッキとキュータ、警察、暴力団、政治家、盛りだくさんの人物が出てきて、それぞれの思惑で動くものだから、話が入り組んでます。「何でそうなるの?」と何度ページを戻ったか・・・。

ちょっと片手間に読むには解りにくい、でもしっかり腰をすえて読むとたまらなく面白い。キュータの真抜けっぷりとか、「高校生の頃からこうだったんだ・・・」と思えて楽しめます。

(70点。『ディテクティブ』から読んだ方がいいです、絶対)




ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ

とんでもなSF専門の作家さんだと思い込んでたら、「黄泉がえり」でちょっと違う? と気づき、それ以来じわりと読んでる作家さん。

精霊探偵 精霊探偵
価格:¥ 1,680(税込)
発売日:2005-09-29

事故で妻を失ってから、人の背後霊が見えるようになった主人公、新海。住居のマンションのオーナーであり、一階で喫茶店を経営している夫妻からの願いで、行方不明になっている主婦を探しに私立探偵の真似事をすることになる。ところがその主婦の失踪には、大きな裏があって・・・。

うん、SF作家さんです。SFとミステリは相性がいいってのを実感させてくれる作品。
特殊能力があるって設定の普通のミステリかと思いきや、きっちりSFに持っていってくれて、なおかつストーリーが解りにくくない。喫茶店のマスター夫妻にしても、途中で探偵助手として名乗りを上げる小夢ちゃんという小学生にしても、ありがち感はあるものの、描写に不足なし。

そんでもって、ラストに「背後霊が見える能力」についてのサプライズもあったりと至れり尽くせり。単純に面白かったです。

(74点。でも黄泉がえりには負けるかなー)




ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ

メンテがトラブったとかで、午前中はUPできませんでした。この時間に記事書いてるの久しぶり。

チルドレン (講談社文庫 (い111-1))

チルドレン (講談社文庫 (い111-1))
価格:¥ 620(税込)
発売日:2007-05-15

友人の陣内に付き合って閉店間際の銀行にやってきた鴨居は、銀行強盗の人質になってしまった! プラスチックのお面をかぶらされて、縛られているというのに、陣内が強盗犯を挑発。発砲した音を聞きつけてやってきた警察に、強盗犯は苛立ちはじめる。一緒に人質になっていた視覚障害者の長瀬は、その様子を見て「この犯人は多分・・・」と、鴨居に耳打ちをする。さて、結末は?(『バンク』より)

「短編集のふりをした長編小説です」って帯に書いてあります。まさにそんな感じ。

まあ結末を言ってしまえば無事に開放されるわけです。(顛末については書きませんが)

このとき知り合った長瀬との交流を基本にした短編と、その後十数年たって社会人になった陣内に振り回されっぱなしの後輩をメインにした短編とが交互に描かれてて、でも1冊読むと「ああ、こうつながってるんだ」って納得する感じ。ストーリーもさることながら、陣内のキャラクターで引っ張られる。屁理屈のときは猛烈に舌が回り、なおかつ手が早く、「俺ルール」最優先で、・・・かっこいい。伊坂氏お得意の作風です。

読みやすくてちょっと元気が出る、「伊坂氏の本は読んだことないんだけど・・・」って人向けの本かも。

(73点)




ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ

「はじめに」で前作について触れてあったのを見逃して借りてきて、理解できるかどきどきしながら読みました。

クリスマスローズの殺人 (祥伝社文庫) クリスマスローズの殺人 (祥伝社文庫)
価格:¥ 580(税込)
発売日:2006-12

市立探偵のメグはVビレッジ出身の吸血鬼だが、許可を取ってVビレッジの外で暮らしている。年の瀬も押し迫って、友人から下請けで引き受けた仕事は、夫の出張中に妻が浮気していないか、というもの。家の外から監視を続けたメグだが、人の出入りはなかったのに中で殺人事件がおこって・・・。

心配は必要ありませんでした。「Vビレッジという吸血鬼の村があり、そこの出身の人は皆吸血鬼だということ」「吸血鬼にも能力差があること」この2点だけ了解してれば、楽しめます。

で、もちろん、こういう「設定に特殊なところ」があるミステリは、謎解き部分でもその特殊な部分をいかしてくれないと。「不可能犯罪」の部分、「この吸血鬼がこういう行動をとったから不可能に見えたんだよ」という部分があるのも嬉しい。

殺人事件ですが、明るい雰囲気です。こういうの、結構好き。

(75点。次はこの前の作品を読むぞ)




ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。