乱読にもほどがあるッ!
趣味? 読書です。毎日欠かさず本を読む、グータラ主婦の読書記録。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ
小学生~中学生くらいの子を書いた話を読むと、「ええ! 今の子ってこんなに大変なの!」って思うことがしょっちゅうあるんですが、この話の「大変さ」はすんなり入ってきました。波長が合うのか、年代か。

春のオルガン (Books For Children)春のオルガン (Books For Children)
(1995/02)
湯本 香樹実

商品詳細を見る

小学校を卒業した春休み、「私」のただ一人の仲間は9歳の弟だった。隣の家との争いのせいでぎくしゃくする家を離れて、姉弟は外の世界をさまよい始める。広い空の下の河原、不思議なおばさんとの出会い、そしてもう家には帰らず壊れたバスの中で暮らそう、と二人が決めた日の夜に…? 12歳の気持ちを鮮やかに描きだし、忘れがたい印象を残す物語。
   (出版社/著者からの内容紹介)

つくづく、子供が安らげる場所というのは「家庭」なんだと思う。
隣との揉め事でギクシャクしている家、そんな家に帰ってこない父親、よく理解できない行動をとる祖父。怪物になってしまう夢を繰り返し見、原因のわからない頭痛に悩まされている「私」ことトモミ。
「そりゃ~ストレスだよ」と、部外者としてはいえるけれど、この話の中にはそのストレスを司会してくれる人はいない。

親にも誰にも言えず、弟のテツと一緒に「居場所」を探す主人公の様子は、切なくて苦しい。

そして実は、この2人の様子を一歩はなれたところから見守る「おじいちゃん」、これがツボった。
何もかも知ってるのかもしれない、でも口を出さずに見守っているおじいちゃん。あたたかくて優しい。

いろいろな出会いを通して、小さな成長を描く佳作。
生きることと死ぬことについて考える主人公たちの真摯な様子が、胸を打ちます。

(80点)
スポンサーサイト



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ

テーマ:感想 - ジャンル:本・雑誌

「関西人がみんなおもろいと思われても困るわぁ」という関西の方、この本、面白いですよ。

戸村飯店青春100連発戸村飯店青春100連発
(2008/03/20)
瀬尾 まいこ

商品詳細を見る

戸村飯店は、大阪の下町にある小さな中華料理屋。長男・ヘイスケは傍から見ると器用に何でもこなす優等生。次男・コウスケはお調子者で明るい、愛される次男坊。街に馴染めない思いを抱えていたヘイスケは、高校卒業を期に東京で一人暮らしを始めることにしたが・・・。

テーマは家族、かな。
長男目線と次男目線の章が交互にやってくる構成。

一見そつなくなんでもこなし、周囲からの受けもいい、長男。でも内面は、上手く空気を読めない、馴染めない、弟みたいに無条件でかわいがってもらえない、そういうコンプレックスがいっぱい。
一方、とりえらしいとりえがなく、好きな女の子は兄貴に片思い中、「多分この家は俺が継ぐことになるんだろうな」とぼんやり考えている次男。

最初は次男が可哀想で、いけ好かない兄ちゃんだなーと思ったけど、読み進むに連れて兄ちゃんの悩みが身に染みる。頑張れ! って言いたくなってくる。特に、「色々練習して吉本新喜劇の真似をしてみたけれど、すべりまくりでしらけられる」場面がいい。可哀想で応援したくなる。でも、関西のお笑いって、頭で練習して上手くいくものでもない気もして、その空回りも哀しい。

過去の回想場面がいくつか出てくるんだけど、これが見事に「どうして同じ場面なのに見る人が違うとこんなに違っちゃうんだろう」ってくらい違って、兄弟の確執って言うのはこういうところからはじまるんだなあ、と納得。なんかね、本当に身近にありそうな場面ばかりで、共感しました。
性格も外見も真逆な、仲の良くない兄弟。それでも「なんだかんだいったって結局ちょっといい感じ」なのです。家族っていいよね、とストレートに感じさせる作品。

(90点! こういう話、好きです)



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ

テーマ:感想 - ジャンル:本・雑誌

しずかな日々」が、もう大好きで、それ以来探し続けている椰月さんの本、3冊目。今回は趣を変えて「一般向け」の本。

未来の息子 (双葉文庫 や 22-1) 未来の息子 (双葉文庫 や 22-1)
(2008/02/14)
椰月 美智子

商品詳細を見る

教室で「コックリさん」をして以来、肩が重く感じられる理子。そこから、「未来からきた息子」だと名乗る、親指大の小さなおっさんが現れて・・・。(表題作)

表題作「未来の息子」は、今までのイメージからそれほどずれない、少女の鬱屈と、それを乗り越えるきっかけを丁寧に書いた作品。未来の息子が理子の父親に逢って、「初めてじいちゃんをみた」とぐっとくる場面なんかは、「出来すぎー」と思いながらも、やっぱりぐっとくる。ラストの理子の視線も好き。
「月島さんちのフミちゃん」も、ちょっと変則的な家族ながらいたわりあい思いやって生きてゆく感じがよく出た良品。

その他に3編収録されているのだけど、そっちは味わいがばらばら。
特に「こんなのも書けるんだ!」と(失礼ながら)感じたのが「女」。
夫に不満はないけれど、満足はしてない。1人での愉しみも存分に味わいたい。夫を見下して、男を軽蔑している、主人公の中の歪みが・・・理解できないといえないだけに、落ち着かない感じにさせる。お勧めはしにくいが、面白かった。

トータルしてみると、なんとも評価のつけにくい短編集。もう少し統一感のある作品集のほうが好きかも。
(75点。「未来の息子」だけなら80点)



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ

テーマ:感想 - ジャンル:本・雑誌

生きること、死ぬこと。色々なニュース報道を見ていたら、この本を思い出しました。
※ネタバレありです!

ぼくらの 1 (1) (IKKI COMICS)ぼくらの(1) (IKKI COMICS)
(2004/06/30)
鬼頭 莫宏

商品詳細を見る

自然学校に訪れていた少年少女15人は、ゲーム感覚で「契約」をしてしまう。巨大ロボットに乗って、現れる敵から地球を守って戦う、というもの。しかし、選ばれた操縦者は、戦闘終了後に氏が待っていて・・・。

ロボットものです。SFです。地球が舞台となっていますが、現実の地球とは少し違う、異世界が舞台です。設定資料なんかをみても、SFとしか言いようがありません。
そのうえ巨大ロボット(としか言いようがない)が出てきます。少年たちはそれに乗って戦うんです。

が。
この設定から連想される、一昔前ならありがちだった「友情」「努力」「協力」といった言葉とは無縁なストーリーが展開します。

何も知らずに遊び半分で契約したのに、パイロットになる順番が回ってきたら、死んでしまう。
勝てば死亡。負けても死亡。敵前逃亡しても制限時間切れで死亡。
この、選択肢のない状態で、彼らは「何のために」戦うのか。

「何のためなら死んでもいいと思うか」。

地球のため、ではない。人類みんなのため、でもない。
もっと個人的な、「生まれてくる兄弟のため」とか、「弟妹を守るため」とか、「復讐のために殺したい人間を殺すため」とか、そういう動機で彼らはパイロットを勤める。

じわっときます。
作品中にはかかれない(でも想像できる)部分、省略の仕方が絶妙。
決してウエットな作品ではないのに、染みてきます。
みんな死んでいく話なのに、命の重さを感じます。

現在8巻まで。ぜひぜひ、読んでみてください。

(点数はなしで)



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ
タイトルにあわせて冬に買ったのに。何で今頃読んでるんだろう。

理由あって冬に出る (創元推理文庫 M に 1-1)理由あって冬に出る (創元推理文庫 M に 1-1)
(2007/10)
似鳥 鶏

商品詳細を見る

数多くの文科系部活動の部室が立ち並ぶ、「部活棟」。そこに、失踪したブラスバンド部員の女性の幽霊が出るという噂が立って・・・。美術部員の は、なりゆきで幽霊騒動の真相を調べることになり・・・。

幽霊が出る→調べる→トリックが解る→新たな幽霊が出る→調べる→・・・の繰り返し。一見、事件は一度すべて解決したかのように見えるのだけど、小さな疑問が残っていて、ラストにもろもろがつながって一件落着、といった感じ。
図で説明するトリックというのが久しぶりで、ちょっと楽しかった。トリック的にはそれほど目新しいものじゃないし、欠点らしい欠点はいくつかあると思う。自分の経験に基づいて書かれているのか、校舎の形容とか街の様子とか、不必要な要素はいくつかあるし、それが奥行きにつながってないのがなんとも痛し痒しな感じ。
・・・けど、私的にはこれは「買い」な本です。
タイトルを読んで、もっと今風ライトノベルっぽいヤツを想像していたら、目指してたのは本格ミステリっぽかった。自分の好きな事を書くぞーっていう熱がある。この点はプラス。
このキャラクターの造形も、結構好きなタイプ。

とりあえず、似鶏氏の新作はきっと読む。

(72点)



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ

テーマ:感想 - ジャンル:本・雑誌

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。