乱読にもほどがあるッ!
趣味? 読書です。毎日欠かさず本を読む、グータラ主婦の読書記録。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ
ああ、今月も終わりか(大焦り)。

千年の黙 異本源氏物語 (創元推理文庫)千年の黙 異本源氏物語 (創元推理文庫)
(2009/06/25)
森谷 明子

商品詳細を見る


帝ご寵愛の猫はどこへ消えた?出産のため宮中を退出する中宮定子に同行した猫は、清少納言が牛車に繋いでおいたにもかかわらず、いつの間にか消え失せていた。帝を虜り左大臣藤原道長は大捜索の指令を出すが―。気鋭が紫式部を探偵役に据え、平安の世に生きる女性たち、そして彼女たちを取り巻く謎とその解決を鮮やかに描き上げた絢爛たる王朝推理絵巻。(「BOOK」データベースより)


源氏物語の新解釈ではなく、源氏物語を書いた人たちにスポットを当てた作品です。
といっても主人公は「紫式部」ではなく(そもそもこの名称は一度も作中に出てこない)、彼女の身の回りを世話するあてき。童の頃から恋をして結婚して子供を生んで、あてきの成長物語としても読めます。

が、本筋はミステリ。いなくなった猫の行方は、何故源氏物語が一巻だけ紛失したか、など日常の謎系ですね。一編一編読んでも面白いですが、通して読むと最後の章にいろんな話が集約してきていてなるほど、といった感じ。

作品のイメージとして、作家は女性。それも30代くらいの、既婚・出産経験あり。初恋の初々しさ、母が子供にかける愛情、どれも決め細やかに書いてあります。そこも好印象。

源氏物語は知らなくても読めると思いますが、いくらか時代背景を知っていた方が読みやすいかも。中学校レベルで十分ですが。

(80点)
スポンサーサイト



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ

テーマ:本読みの記録 - ジャンル:本・雑誌

さてさて、今日も一冊。

自白―刑事・土門功太朗自白―刑事・土門功太朗
(2010/03)
乃南 アサ

商品詳細を見る



新シリーズです。

昭和の高度成長時代を背景に、さえない中年男の刑事が事件捜査に当たる連作もの。昭和史を彩る事件やヒット曲がちりばめられていて、懐かしい感じがします。
刑事ものだけど、推理ものではなくて、もっと普通の人生を淡々と描いているような感じ。派手さはないけれどいぶし銀のよさがあります。
もう一ひねり、同僚に癖のある刑事がいたりすると物語としては盛り上がりそうですが、この話が求めているのはそういうものではないのでしょう。
各章の最初に、事件の当事者の目から見た事件の様子がさらりと描かれるのですが、ここのうまさはさすがとしか言いようがない。

私は「また逢う日まで」が好き。突然張り込みを命じられた主人公・土門が、じりじりとあぶられながら勤めをはたす話ですが、じわっと暑さがわき出てくるような文章がいい。

(80点。昭和にノスタルジーがない人は読みにくいと思う)



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ

テーマ:本読みの記録 - ジャンル:本・雑誌

あーなんでこういう本を読もうと思ったかなあ。

パイロットフィッシュ (角川文庫)パイロットフィッシュ (角川文庫)
(2004/03/25)
大崎 善生

商品詳細を見る


人は、一度巡りあった人と二度と別れることはできない―。午前二時、アダルト雑誌の編集部に勤める山崎のもとにかかってきた一本の電話。受話器の向こうから聞こえてきたのは、十九年ぶりに聞く由希子の声だった…。記憶の湖の底から浮かび上がる彼女との日々、世話になったバーのマスターやかつての上司だった編集長の沢井、同僚らの印象的な姿、言葉。現在と過去を交錯させながら、出会いと別れのせつなさと、人間が生み出す感情の永遠を、透明感あふれる文体で繊細に綴った、至高のロングセラー青春小説。吉川英治文学新人賞受賞作。(「BOOK」データベースより)


私はもっぱらエンタメ系の読書好きで、読み終わって「あー面白かった」と思って終わるのが一番です。文学系は苦手です。
だけど時々、こういう本を手に取っちゃうんだよね。

内容的にはやんわりと人付き合いが苦手なまま生きてきた40男が、20年前の恋人からの電話がきっかけで自分のこの10年を振り返る話、といいますか・・・。恋人にきっかけを作ってもらって就職しちゃうあたりちょっと頼りないなあ、という感じですが(しかも就職先がちょっとあれだし)、やわらかく流れていく空気は心地いい。

夜中の、しんとした空気の中、ぼおっと光る水槽。
このイメージがこの作品を支えています。静かな透明感。素敵です。

大きな盛り上がりはないのですが、心に響く話だと思います。
恋人と別れるにいたった経緯と現在の状況の重なり具合が辛い。

主人公にとってのパイロットフィッシュはいったい誰だったんでしょうね?

(80点。静かな作風ですが、結構好き)



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ

テーマ:本読みの記録 - ジャンル:本・雑誌

そろそろサイドバーも整理しないと(汗)

踊るジョーカー―名探偵 音野順の事件簿踊るジョーカー―名探偵 音野順の事件簿
(2008/11)
北山 猛邦

商品詳細を見る

推理作家の白瀬は、とっても気弱な友人・音野順が秘める謎解きの才能を見込んで、仕事場の一角に探偵事務所を開いた。今日も白瀬は泣き言をいう音野をなだめつつ、お弁当のおにぎりを持った名探偵を事件現場へ連れてゆく。殺人現場に撒かれた大量のトランプと、凶器が貫くジョーカーが構成する驚愕の密室トリック(「踊るジョーカー」)、令嬢の婿取りゆきだるまコンテストで起きた、雪の豪邸の不可能殺人(「ゆきだるまが殺しにやってくる」)など五つの難事件を収録。(「BOOK」データベースより)


名探偵と、彼がといた謎を元に小説を書いている推理小説家が主人公の物語です。
探偵の音野順が自分に自信がない引きこもりで、でも安楽椅子探偵ではなく、現場に出て行って手がかりをつかむタイプです。
作品としてはオーソドックスな、依頼系の謎解き連作集。
トリックとしてそれはありか? と言う感じのも混じってますが、キャラクターの魅力で読ませます。名探偵・助手・警部の三つ巴のやり取りが楽しいです。

最後の「ゆきだるまが殺しにやってくる」が好きです。ツンデレかよ!みたいな。

(80点)



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ

テーマ:本読みの記録 - ジャンル:本・雑誌

今日はもう一冊。

きみが見つける物語  十代のための新名作 不思議な話編 (角川文庫)きみが見つける物語 十代のための新名作 不思議な話編 (角川文庫)
(2010/01/23)
角川文庫編集部

商品詳細を見る


このシリーズは時々読んでいるのだけど、巻を重ねるごとに執筆陣が予想から外れていくのが面白い。
今流行の作家だけでなく、名人級の作家さんが混じってるのね。

今回の執筆陣はいしいしんじ・大崎梢・宗田理・筒井康隆・三崎亜記。「今の」流行作家といえるのは三崎氏くらいではなかろうか。大崎氏といしい氏は少しネームバリューに欠けるし、残りのおふた方は今の中学生の間で話題というには少しキャリアが長すぎるような。

しかし今回の私のヒットはなんと言ってもいしいしんじ氏の「すげかえられた顔色」なのです。
もともとこの話が収録されている短編集も読んだことがあるのだけど、圧倒的なイメージの奔流に流れされて強い印象がなかった話。
だけどこれ一編だけ読むと、ぞくりと怖い、怪談のような話。
それでいてなんとなく詩的な、切り絵のようなモノトーンの情景が浮かび上がるような・・・。
私、この作家さん好きだわ、と再実感。

大崎氏と三崎氏のも既読。

(75点)



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ

テーマ:本読みの記録 - ジャンル:本・雑誌

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。