乱読にもほどがあるッ!
趣味? 読書です。毎日欠かさず本を読む、グータラ主婦の読書記録。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ
悦楽の園がすごくよかったので、次に何をかいても上手くいかず、間が空いてしまいました。

コロヨシ!!コロヨシ!!
(2010/02/27)
三崎 亜記

商品詳細を見る


20XX年、掃除は日本固有のスポーツとして連綿と続きつつも、何らかの理由により統制下に置かれていた。高校で掃除部に所属する樹は、誰もが認める才能を持ちながらも、どこか冷めた態度で淡々と掃除を続けている。しかし謎の美少女・偲の登場により、そんな彼に大きな転機が訪れ―。(「BOOK」データベースより)


青春小説も書くんだ! というのが第一の感想です。
スポーツ少年の挫折、出会い、淡い恋、正体不明な顧問、練習と成長、という普通のスポーツ小説と骨格は一緒ながら、なんともいえない味わいになっているのはその競技が「掃除」だからでしょう。

といっても普通の掃除とは違って、くまでのような掃除用具の棒を用いて規定空間内にある塵芥をいかに美しく舞い散らせ、いかに完璧に片付けるかという競技で、テニスなどのラケットを使った競技に近い要素もあり、新体操などの道具を使った競技に近い要素もあり、しかしまったく架空の世界でまったく架空の競技なのです。

そして「掃除」は政府の管理下にある競技で、常に監視の目があります。主人公の祖父はその関係で失踪したらしく、自宅では「掃除」関係の話はご法度。そんな環境下で禁止されている幼い頃からこっそり掃除をやってきた樹が全国大会を目指すのがメインストーリー。

様式は王道のスポーツものですが、作中にまぶされている「異民族」「弾圧と反発」などのモチーフは、今までの作品に通じるところがあるかな。

正直、最初は競技の具体的なイメージがわかなくてとっつきにくい感じもしたんですが、どんどん加速して面白くなっていきました。
ラストの終わり方が納得いかないし、まだ隠されている部分もあるのですが、それはかかれるらしい次回作に着たいということで。

(88点! 楽しんで読みました)
スポンサーサイト



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ

テーマ:本読みの記録 - ジャンル:本・雑誌

読もう読もうと思って長らくお預けにしていた本。くう~~もったいない! 傑作です!

悦楽の園悦楽の園
(2007/10)
木地 雅映子

商品詳細を見る


この世界は、人間を礎にした塔。人が勝手に塔になることをやめてしまえば材料が足りなくなる。だから人は必死で塔にしがみついている、それに適さない人までも無理やりに巻き込んで。私たちはそんな生き方は出来ない、2人でこの塔を出る――。少女真琴は同じ魂をもった少年に出会う。彼女たちは生きていける場所を見つけることは出来るのか? 


「氷の海のガレオン/オルタ」と絡めての感想になります。

オルタは、「逃げろ」というメッセージを持った作品でした。

「普通」という生き方が出来ない、どうしてもどうしても周りの人たちに合わせられない、世界は私が考える様に整然としてない。普通なら解る、といわれて、でもその普通がわからない。
そういう(おそらく脳の働きに癖があるせいで)「普通に生きられない」少年少女たちに、「死ぬな」「逃げろ」「逃げて生き延びろ!」と叫んでいる作品でした。

しかし私はこれが長らく不満だったのです。

学校というシステムになじめない子はいるのです。逃げるのを責めているわけではありません。しかし、「じゃあ、逃げてそのあとどうするの?」という疑問はずーっとずーっと持ち続けていたのです。
その子が一人で生きていく力は、どこでどうやって蓄えるの、と。


そしてこの作品は、「戦え!」と言っている作品です。

普通からはみ出ているものの、争いを避けて周りにあわせていくだけの器用さを持っていた少女真琴と。
普通が解らない、その分純粋で才能を持った少年南一と。
彼女たちが自分の生きていく場所を掴み取るために、傷ついて血みどろになって戦う話です。


その戦いの中に叫びを感じました。

必ず、道はあるから、と。
必ず、仲間に出会えるから、と。

普通じゃなくたって、生きていく価値はあるから、と。


私の疑問の答えをもらいました。


幸い、真琴の周りには彼女たちの置かれている状況をわかってくれる大人がいて、彼女たちの居場所を作るために尽力してくれます。
この大人たちも、真琴たちの置かれた状況と似たものを潜り抜けて大人になったのでしょう。
そして真琴たちも、戦いながら傷つきながら大人になって、いつか同じような子供の力になる日が来ることでしょう。
そういった、未来へ続いていく明るさを感じさせる作品です。

絶対、絶対読んでみるべき。

(96点!)



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ

テーマ:本読みの記録 - ジャンル:本・雑誌

ちょっと本の表紙がみづらいので、ちょっと大きくしてみました。ブログ重くなるかな?

ドラゴン・ティアーズ──龍涙ドラゴン・ティアーズ──龍涙
(2009/08/07)
石田 衣良

商品詳細を見る


このシリーズは私の中で一度「マンネリだなあ」と評価が落ちて、そのあと「やっぱ面白いなあ」と反転したものです。
「ちくしょう、こんなのそのままにしておく訳にいかないじゃんか」という、単純な気持ちからトラブルを解決するマコト。共感できます。

今回のトラブルは「キャッチセールス」「ホームレス問題」「出会い系」「中国人実習生」。

仰々しく「この国の惨状は!」とやられてしまうときっと萎えると思うんですが、もっと個人的な話に持っていくあたりが上手い。たとえば、ホームレス問題にしても、マコトがやるのは「ホームレス全員が住宅に住めるようにする」なんていう大きい話じゃなくて、もっとちいさな、だけど切実な「生きていくために与えられた権利」を守ろうとする話、です。

池袋ならではの話っぽくなくなってきていると思いますが、それはそれで楽しめるからいいかと。

私が好きなのはやっぱり「ドラゴンティアーズ」かな。中国人労働者問題。珍しく、マコトと似たタイプの策士と共同戦線を張る話です。

(78点。 安定して面白いと思います。)



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ

テーマ:本読みの記録 - ジャンル:本・雑誌

そういえば、結構話題になったのに読んでなかったなあ。

パパとムスメの7日間 (幻冬舎文庫)パパとムスメの7日間 (幻冬舎文庫)
(2009/10)
五十嵐 貴久

商品詳細を見る


イマドキの女子高生・小梅16歳と、冴えないサラリーマンのパパ47歳。ある日突然、「大キライなパパ」と「最愛の娘」の人格が入れ替わってしまったら? (「BOOK」データベースより)


事故がきっかけで体が入れ替わってしまった父親と女子高生が、四苦八苦しながらお互いの体で生きていく一週間。
娘にとってははじめてのデートがあり、父親にとっては携わっているプロジェクトの最終会議があり、と何で今! みたいな叫びが面白い。

人生に疲れて「こんなもんだよな」と妥協して生きている父親と、「サラリーマンってなんか変」って言えてしまう娘の認識の差や、「ぜーーーったい体は見ないでね!」と叫んでしまう気持ち、娘のデートを失敗させたい父親の気持ち・・・。
それざれがリアルで、でもちょっと笑えて、パワフルで、コミカルでテンポよく、最後まで一気に読める。
山場の展開もいい。中年男性には女の本質は見抜けませんよ。

(83点)



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ

テーマ:本読みの記録 - ジャンル:本・雑誌

おっと、3日あいてしまった。

天才探偵Sen〈4〉神かくしドール (ポプラポケット文庫)天才探偵Sen〈4〉神かくしドール (ポプラポケット文庫)
(2009/10)
大崎 梢

商品詳細を見る


携帯に人形の画像がとどいたら、神かくしにあう―。うわさを確かめることになった千たちが見たものとは…? 怖い、でも真実を知りたい! (「BOOK」データベースより)


毎回、この話はちょっとオカルト要素が入るのだけど、今回の雰囲気はすごく好き。
神隠しという正体のわからないうわさと、呪いのアンティークドール、いなくなってしまった少年。そして現実に送られてくる画像付きメール。
今現在メールが送られてくる以上、これをたくらんでいる悪いやつがいるはずだ――という部分と、どこからこの噂が出たのか、という原因調査の部分。このふたつが絡み合っていて、最後までどきどきしながら読めました。

シリーズをここまで読んでようやく、各登場人物の個性が際立ってきた気がします。今更! という気もしますが。さくさく読めることに甘えて読み飛ばしちゃってた部分も多いんだろうなあ・・・。

(79点)



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。