乱読にもほどがあるッ!
趣味? 読書です。毎日欠かさず本を読む、グータラ主婦の読書記録。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ
この本は絶対、シリーズ一作目から読むべき。

オール・マイ・ラビング 東京バンドワゴンオール・マイ・ラビング 東京バンドワゴン
(2010/04/26)
小路 幸也

商品詳細を見る


下町の老舗古書店“東京バンドワゴン”に舞い込む古本と謎を、四世代のワケあり大家族・堀田家が家訓に従い解決する。ページが増える百物語の和とじ本、店の前に置き去りにされた捨て猫ならぬ猫の本…。不可思議な事件に潜む「あの人の想い」とは?(「BOOK」データベースより)

いつもの堀田家のいつもの出来事。
でも「町の大家族の古本屋さん」の話からは少しずれてきちゃったかなー。ちょっと話が大きいところで動いています。東京バンドワゴン開業秘話なんかは典型で、過去の因縁話とも絡んできますから、今までの作品は読んでからの方が面白いかな。

とかいいつつ、面白かったのはお店の前におかれていた「捨て猫」のエピソード。
箱を開けてみたらでてきたのは「吾輩は猫である」「三毛猫ホームズ」「ノラや」などの猫がキーワードになっている本。数日後、再び置かれていたのは「捨て犬」と書かれた箱。しかも一つ目の箱とは筆跡が違って…。
この謎は比較的すんなり解けるのだけど、仕組んだ人たちの気持ちを考えたらほほえましくて嬉しくなっちゃいました。その後の解決策もさすが堀田家といった感じ。
みんながみんな元気なわけでもなくて、自分の未来に思いをはせる青少年がいたり、子供の発育を心配するお母さんがいたり、体調に問題があったりもするのですが、

それでも愛があれば何とかなるのです!

というテーマの話。ラストの場面はほろりとしました。研人の小学校卒業式の話ですよ。

続間にも期待。この話のいいところは登場人物もちゃんと年をとるところだと思います。
でもその前に最初から読み直そうっと。
(87点)
スポンサーサイト



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ

テーマ:本読みの記録 - ジャンル:本・雑誌

臨時収入があったので(貸してたお金が返ってきただけともいう…)なんとなく読んだことのない人の本を読もうと思い立ったのですが。これが大当たり。

チーム (実業之日本社文庫)チーム (実業之日本社文庫)
(2010/12/04)
堂場 瞬一

商品詳細を見る


箱根駅伝といえばお正月2・3日にテレビ中継される大学対抗の駅伝。マンガや小説の題材になっているものもありますね。しかしこの作品が他と違うところは「学生選抜」チームを主役にすえているところ、なのです。
チームとして箱根には出られない、しかし予選会でいいタイムを出した個人を抜擢して、一つのチームとしてたすきをつなごうというのです。
タイムから見ても個人の能力は高いのですが、なかなか「チーム」としてまとまるのは難しい、何のために襷をつなぐのかモチベーションの維持が難しいチーム。

主人公の浦は昨年の自分の不調がもとで所属チームのシード権をなくしてしまったことを悔いている青年。そこへ選抜の話が届く。個人で箱根に出ることをチームのみんなは裏切りだと感じないだろうか…。この葛藤から物語が始まるところにほれました。

そしてこのチームの監督もいい。陸上会の名伯楽といわれ、何人もの名選手を送り出してきたが、自分のチームを率いて箱根にでたことはない。引退のこの年も予選会に挑んだが数秒差で出場できない。そこへ舞い込んだ選抜チームの監督。この寄せ集めのメンバーをどう率いて成績を残すか…。
この監督は本当にいい監督なのですが、箱根を走らせた経験がないということがどれだけのプレッシャーなのか。

チームの中も一枚岩ではなく、天才だからこそ他と馴れ合わない性格的に難がある人もいます。
キャプテンを負かされることになってしまった浦がどうやって彼らを纏め上げるのか。
彼らはどんな思いをこめて襷をつなぐのか。

後半のレース部分も、経験が足りなくて失敗する選手あり、悪天候に泣かされる選手あり、さまざまな思いをこめて繋がっていく襷。
臨場感たっぷりながらもテンポのいい文章で、読ませてくれます。

故障しない選手がいい選手、とか考えさせられる台詞もたくさん。
いい小説でした!

(90点)



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ
予定より若干遅れましたが、皆様今年もよろしくお願いします。

都会のトム&ソーヤ(7)《怪人は夢に舞う 〈理論編〉》 (YA!ENTERTAINMENT)都会のトム&ソーヤ(7)《怪人は夢に舞う 〈理論編〉》 (YA!ENTERTAINMENT)
(2009/11/28)
はやみね かおる、にし けいこ 他

商品詳細を見る


この世界を救うため、怪人を夢の世界まで追いかける―。そんな「究極のゲーム」をついに作りはじめる、内人と創也。しかしそこへ、謎の「ピエロ」からの不吉なメッセージが…。 (「BOOK」データベースより)


このシリーズがもう、読むたびに「究極のゲームといったってもともとの能力が高い人しかクリア出来ないゲームははたして良ゲームか?」と考えてしまうのですが、今回の作品は「プレイヤーが『彼らだったら』」という地点から語られていくのでまあいいかな。それぞれのプレイヤーに対してクエストの難易度を変えていくだけのまめさがあるのであれば、ゲームとしては成立するのかもしれない…(でも商業的には成立しないよなー)。
こういうゲームは主催側がどれだけプレイヤーの行動を読めるかにかかってくるので、相性のいいプレイヤーと主催って言うのはあるし、前巻のあれだってプレイヤーが違う人だったら楽しめないと思うんだよねえ…。
元TRPGプレイヤーの戯言ですが。

今回の作品では、いよいよ内人と創也のチームがゲーム制作に動き出します。まだ企画段階ですけど、細かいことを煮詰める段階まで進んできます。
しかも創也が宣伝媒体に選んだのがラジオ! その出演者がまた一癖も二癖もある落語家! 予想の上を行く展開でした。しかもそこに「プランナ」の影もちらついてきて、栗井栄太たちと三つ巴の腹の探りあいになって行きます。ゲームを作る際のアイディアの煮詰め方が少し甘いかなーと思うのですが、実践編でもう一ひねりしてくれるのではないかと期待。ミステリ的な騙しもきっちり入れてくれて、満足の一冊です。

この話は後半の「実践編」に続いています。どうやら実際にプレイされるみたいです。
期待して読みたいと思います。

(点数は実践編の後で)



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。