乱読にもほどがあるッ!
趣味? 読書です。毎日欠かさず本を読む、グータラ主婦の読書記録。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ
「警官の血」で直木賞ノミネート、このミス1位になってから、図書館でコーナー化されることが多くなった佐々木氏。読むのは2冊目? 3冊目? けれんの少ない堅実な作風の方、というイメージがありますが。

警察庁から来た男 (ハルキ文庫)警察庁から来た男 (ハルキ文庫)
(2008/05/15)
佐々木 譲

商品詳細を見る

北海道警察本部に警察庁から特別監察が入った。監察官は警察庁のキャリアである藤川警視正。藤川は、半年前、道警の裏金問題の為に百条委員会でうたった (証言した)津久井刑事に監察の協力を要請した。一方、札幌大通署の佐伯刑事は、ホテルでの部屋荒らしの捜査を進めていた。被害者は、すすき野の風俗営業店で死んだ男の父親だった。大通署に再捜査の依頼の為、そのホテルに泊まっていたのだという。佐伯は、部下の新宮と事故現場に向かうのだが…。(「BOOK」データベースより)


監察官と、現場の警官。
二組の立場の違う男たちが、別々に捜査に挑むのですが、読者側には「どうやらこの二組の事件は重なりそうだぞ」と思わせるつくりになっています。
派手な事件ではない。巨額の賄賂が動くわけでもない。
半年前に粛清されたはずの北海道警察の中に、まだ残っているおかしな気配を白日にさらそうとする話。
自分の職場にプライドを持った男たち(失礼、女性もいました)の、作り上げるドラマです。

・・・えーと。
真に勝手ながら申し上げますと、札幌を舞台に、警察官や暴力団が派手な争いを起こす話なら、東直己氏の作品の方が面白いと思われます。

しかし。
ゆるぎなく「人間」であるところの警察官の話としてみたら、確かに抜群の描写力。
この作品の主人公格の言う、「現場の警察官の多くは」というせりふを聞くと、本当に普通に自分たちの町にもいる警察官の方々の事を指しているような、説得力があります。

(75点) 
多分私はこの作品の舞台に思い入れがありすぎるんだな、と思いました。はい。



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ

テーマ:本読みの記録 - ジャンル:本・雑誌

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sensa.blog121.fc2.com/tb.php/1004-13f3c459
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。