乱読にもほどがあるッ!
趣味? 読書です。毎日欠かさず本を読む、グータラ主婦の読書記録。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ
好きな作家の読んでない本をおさえておこう月間。まずは一番読んでない本が多いあさのあつこ氏から。

風の館の物語1 (文学の扉)風の館の物語1 (文学の扉)
(2007/01/24)
あさの あつこ

商品詳細を見る

母が入院し、田舎の親戚の家で過ごすことになった水内洵と沙菜の姉妹。二人が訪れたその家は、地元の人たちが『風の館』と呼ぶ古くて大きな屋敷だった。館で起こる不思議な現象…。そしてある夜、洵の前に少年の幽霊があらわれる―。 (「BOOK」データベースより)


今までぜんぜん聞いたこともなかった、親戚の家。そこに姉妹二人で厄介になることになって、緊張する姉・洵。この洵がおっとこまえなんですよ。すらりとした長身で、腕っ節も強く運動も得意。好奇心旺盛で、妹思い。かあっこいい。
そして、洵の親戚にあたる(おばあちゃんが姉妹って言う二人のの関係はなんていうんだ?)千夏。こっちはれっきとした男。
地元では「風の館」と呼ばれるくらい大きなお屋敷で、不思議な出来事にも時折遭遇し、母親からのプレッシャーにも耐えている、何気に大変な境遇の男の子。

「風の館」で、不思議な出来事がいろいろ起きて、それに振り回される子供たち。
しかし、この子供たちのキャラクター設定がいい。
自分が子供であること。力が足りないこと。大人に守ってもらわなくては生きていけないこと。
それらをしっかりと理解したうえで、でもできるだけのことは自分たちでする、そういう矜持に満ちた子供たち。

1巻はまだイントロなので、これからどう展開するかが楽しみです。

(おまけの80点)



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ

テーマ:本読みの記録 - ジャンル:本・雑誌

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sensa.blog121.fc2.com/tb.php/1005-9a1238d1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。