乱読にもほどがあるッ!
趣味? 読書です。毎日欠かさず本を読む、グータラ主婦の読書記録。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ
この本、いい評判ばかり聞いていて、借りられると聞いて大喜びで出かけていったのだけど、長さにくじけそうになりました。読み始めてしまえばあっという間だったのだけど。

警官の血 上巻警官の血 上巻
(2007/09/26)
佐々木 譲

商品詳細を見る


戦後の混乱期に、安定した収入を求めて警察官になった安城清二。駐在所の巡査として安定した生活を送っていたものの、いくつかの未解決事件を残して死亡。清二の死が殉職と認められなかったことに不満を抱き、父にあこがれて警察官を目指した民雄。その民雄も殉職し、民雄の息子も警官を目指すことになり・・・。清二の代から続いた未解決事件は、解決されるのだろうか。三代続く、警察小説。

「このミス」一位をとって直木賞候補作となり、有名になったこの本なんですが、正直・・・ミステリとしてはいまいち薄味だと思います。大きな謎があって、それにすべてが収束していく話ではない。
むしろ、時代に翻弄された男たちの話です。
無駄な装飾のない、骨格のしっかりした文章で読ませます。
この作品の主人公たちが目指しているのは、世間の耳目を集める華々しい活劇ではなく、地元の人たちのささやかな幸せを守ることです。
なのに、それが難しい。
実際にこういう事件はありそうなものばかりで、(家庭内暴力とか)それへの対応の仕方も誠実。
「刑事」ではなく、「警官」。
いいドラマ読ませていただきました。

(82点)


ここからネタばれ的な追記。

警官の血 下巻警官の血 下巻
(2007/09/26)
佐々木 譲

商品詳細を見る

三世代続く小説というと「赤朽葉家」を連想する私なんですが、大筋、間違っていないような気もする。
戦後、時代が大きく動く中で生きてきた初代。
高度成長期に、上から押し付けられたものに反発して生きていく時代の中で押しつぶされそうになった、二代目。
そして、大きなうねりを感じない時代の、自分の周りの世界の三代目。
現在を舞台に書くのなら、こういうモチーフになるでしょう。

宮部みゆきの「理由」にも同じようなモチーフが使われていたような気がします。
(料理の仕方がぜんぜん違うので、同じじゃないといわれそうですが)

最後に浮かび上がってくるのは
悪と善に明確な区別はないのだということ。
真っ白なゾーンにいるだけでは、市民の安全は守れないということ。

グレーゾーンに身を置くことで、ようやく行える正義もあるということ。

もっと華やかな作品がたくさんある中、こういう作品がひろく読まれて評価を得ることに、私は喜びを感じます。



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ

テーマ:本読みの記録 - ジャンル:本・雑誌

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sensa.blog121.fc2.com/tb.php/1017-67ac8f19
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。