乱読にもほどがあるッ!
趣味? 読書です。毎日欠かさず本を読む、グータラ主婦の読書記録。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ
またしても。シリーズ第二作でございます。他の作家さんはそうでもないんだけどなー、なぜかこのお方の本は「シリーズ」で「一作目以外」を選んだ様に借りてしまう。何故だ。

ふたつめの月ふたつめの月
(2007/05)
近藤 史恵

商品詳細を見る

派遣社員の久里子は、ようやく正職員に抜擢されたが、ほんの二ヶ月で解雇されてしまう。理由は会社全体のリストラで、ということだったが、実際やめたのは久里子一人で・・・。不可解な出来事を相談した赤坂老人が、久里子に出したヒントとは。


フリーターの久里子の出会った少しだけ不思議な出来事とそれを解決していく赤坂老人。日常の謎計ミステリで、安楽椅子探偵ものの連作ですね。
縦糸に久里子の恋も絡めてあります。

主人公が年の割りにまっすぐな、少女めいたところを残している女性で、打ち据えられてもへこたれず、立ち上がる強さがあります。
特に仕事関係では、結構つらい目にあっていると思うんですけどね。後ろ向きにならない強さ。
「確かにそれはつらいけど、でもそれがなんだというんだ」といっちゃえる強さ。

その彼女に支えられて、作品全体が前向きな感じがします。
「リストラ」や「殺人予告」、「わざとのひき逃げ」と、決して明るい内容ではないんですが。

いつの間にか、近藤氏の作品はこういう前向きに明るい、読後感のいいものが多くなっていたようで、うんと初期の作品しか読んでなかった自分を恥じております。もったいない事したな。
(76点)



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ

テーマ:本読みの記録 - ジャンル:本・雑誌

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sensa.blog121.fc2.com/tb.php/1021-1fed24e2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。