乱読にもほどがあるッ!
趣味? 読書です。毎日欠かさず本を読む、グータラ主婦の読書記録。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ
先日シリーズ2作目「ヴァン・ショーをあなたに」を読みまして、これは近いうちに一巻目も読もう、と思っていたらあっけなく入手できました。やったー。

タルト・タタンの夢 (創元クライム・クラブ)タルト・タタンの夢 (創元クライム・クラブ)
(2007/10)
近藤 史恵

商品詳細を見る

下町の小さなフレンチ・レストラン、ビストロ・パ・マル。風変わりなシェフのつくる料理は、気取らない、本当にフランス料理が好きな客の心と舌をつかむものばかり。そんな名シェフは実は名探偵でもありました。常連の西田さんはなぜ体調をくずしたのか? 甲子園をめざしていた高校野球部の不祥事の真相は? フランス人の恋人はなぜ最低のカスレをつくったのか?……絶品料理の数々と極上のミステリ7編をどうぞご堪能ください。(出版社 / 著者からの内容紹介)


料理が出てくる作品では、おいしそう! と思えるかどうかで作品の評価が変わってきたりするのだけれど、この本はまあ及第点。フレンチに造詣の深い方はまた違った感想を持つかもしれませんが、やっぱりあんまりなじみがないもので。

しかし、その料理ががっちりと作品の本編と絡んでいるのはお見事。
この料理じゃないとこの作品にならない、といった感じです。
「ヴァン・ショー~」に比べるとオーソドックスなミステリ形式で、切れがいいと感じました。

特に面白かったのは、表題作「タルト・タタンの夢」。食べすぎで体調を崩したと思い込んでいるお客の話から、おかしいところをつまみ出して謎解きに結びつける見事さ。この作品が冒頭にあることで、シェフ=名探偵という図式を浮かび上がらせる効果は抜群。
そして「犯人」を糾弾しないやさしさも素敵。

(78点)



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ

テーマ:本読みの記録 - ジャンル:本・雑誌

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sensa.blog121.fc2.com/tb.php/1024-273c7cc6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
気付かずに続編の「ヴァン・ショーをあなたに」を先に読んでしまいましたが、こちらもようやく読むことができました。 下町にあるこじんま...
2009/05/03(日) 13:34:01 | 心に残る本
ブックデザインは緒方修一。カバーイラスト・デザインは谷山彩子、本山木犀。 初出「ミステリーズ!」。創元クライム・クラブ。連作短編集。...
2009/05/05(火) 16:41:19 | 粋な提案
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。