乱読にもほどがあるッ!
趣味? 読書です。毎日欠かさず本を読む、グータラ主婦の読書記録。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ
これで「読んでいたけど書いてなかった」辻村氏の本は終わり。既刊本で読んでいないものは、今手配中です。

凍りのくじら (講談社ノベルス)凍りのくじら (講談社ノベルス)
(2005/11)
辻村 深月

商品詳細を見る

藤子・F・不二雄を「先生」と呼び、その作品を愛する父が失踪して5年。高校生の理帆子は、夏の図書館で「写真を撮らせてほしい」と言う一人の青年に出会う。戸惑いつつも、他とは違う内面を見せていく理帆子。そして同じ頃に始まった不思議な警告。皆が愛する素敵な“道具”が私たちを照らすとき―。(「BOOK」データベースより) 

最初は普通のお話なのです。
無気力で、周りに合わせるのは上手いけれど内心周りを馬鹿にしている、それでいて確固とした自分を主張するほど強くない女の子の話。彼女が「写真のモデルになってほしい」という男の子に出会うことで、だんだん変化していく。
一方で、もう縁を切ったはずの前彼からの連絡を拒否できない弱さも彼女はもっていて。その前彼がだんだん「壊れて」いくのを見つつも、きっぱり離れることも立ち直らせることも出来ないまま、巻き込まれていくんです。
この構成が実に上手い。
トラブルに直面することで、空っぽだと思っていた自分の腕の中に、いろんなものがあることに気付く。
青春小説の王道です。それを理屈っぽくなく、自然に主人公に寄りそう形で読ませる。
そして、最後。
今までちりばめれれていた、「あれ?」と思う手がかりが、ばーっと一つにつながって、そういうことだったのか、と合点のいくようになっています。やっぱりこの辺は上手いなあ、と思います。

冷たい校舎」や「メジャースプーン」のように、「不思議」が前面に出ているわけではないのに、それがなければストーリーが終わらないところは少し不親切な感じがします。表現したいところは解るし、好きな話ではあるのですが。

(82点)

このあと、「メジャースプーン」あたりから、ストーリーの作り方が変わったような気がします。もっと、物語性が高くなっていると。私はこれ以降の話のほうが、好きですね。



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sensa.blog121.fc2.com/tb.php/1038-2a988ca3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
表紙イラストは佐伯佳美。 「冷たい校舎の時は止まる」(上・中・下巻)で 第31回メフィスト賞受賞デビュー。 「子どもたちは夜と遊ぶ」...
2009/05/05(火) 16:44:23 | 粋な提案
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。