乱読にもほどがあるッ!
趣味? 読書です。毎日欠かさず本を読む、グータラ主婦の読書記録。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ
不倫の話はどちらかというと苦手なはずなんですが。

ベーコンベーコン
(2007/10)
井上 荒野

商品詳細を見る

毎週日曜日、家族に言い訳をして数時間だけ訪れる、安海。毎回、おいしいけれど簡単な料理をつくって彼を待つ温子。このまま穏やかに続くはずだったが、安海に子供が出来たことを知らされて・・・。(「ほうとう」 あらすじ) 性欲と食にまつわる短編集、全9編。

細かいところまで描ききらない、ぼんやりとした不安感というのがこの作者の持ち味だろうなあ、ということを前に書いたんですが、今回これを読んで、すごく納得しました。

「みずうみ」とか「くちなし」とかに近い、どこか物悲しい響きに感じた、という一節があったんですよ。
ああ、こういう感性なのか、と感じました。
どこか物悲しい。寄る辺ない、不安定な、漂う感じ。
そういう感性をこめて文章にしたらこうなるのか、と。

収録作品には幅があって、ねじの外れかけた若者の話や、離婚する親に振り回されて「早く大人になりたい」と感じる女の子の話、不倫だと思っていたら全部嘘だったと相手の死後知らされた女性の話など、味わいは違うのです。
が、共通するのは「何か満たされない」、それでいて「どこかあきらめている」感じ。
うっすら不幸な香りがします。

たまに、読むんなら、いいかもしれない。
しかしやはり不倫が当たり前のように書かれている話は苦手なのです。

(74点)



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ

テーマ:本読みの記録 - ジャンル:本・雑誌

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sensa.blog121.fc2.com/tb.php/1046-7d3c94a4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。