乱読にもほどがあるッ!
趣味? 読書です。毎日欠かさず本を読む、グータラ主婦の読書記録。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ
連絡です。
今までコメント欄に「メールアドレス」の記入欄があったのですが、プライバシー保護の観点から削除いたしました。個人的な連絡がある人がいたらサイドバーのブロろ~ぐか「管理者にだけ表示を許可する」コメントでお願いいたしますm(_ _)m

さて、今日の一冊。

さざなみさざなみ
(2006/01)
沢村凜

商品詳細を見る

破格の高給に釣られて「執事」などというものをやることになった「俺」。雇用主が出した「水の中に小石を落とすとその周りに輪になってだんだん波が広がっていくようなものをみてみたい」という難問に答えるため、彼がひねり出した秘策は・・・。

本筋の「俺」の話に並行して、人の何かいいことをしなくてはならないと思いつめる男の話と、「いいこと」をしてあげたりもらったりする人たちのエピソードが挿入されています。

全体のつくりは早いうちから想像つくし、あっと驚くような仕掛けもありません。
むしろ淡々と進んでいくお話。

「ペイ・フォワード」という映画がありましたが、あれにそっくりな話です。
誰かに親切を受けたら、その当人ではなく、他の誰かに親切をして返す。それがだんだん広がっていく、というわけです。
しかし、この作品ではその親切の間に、「封筒の授受」というものが加わります。「誰かに親切をして、この封筒を渡してください」と伝わっていくのです。
これが絶妙な仕掛けで。
親切っていうのは間違いなくいいことなんですが、「しなくてはならない」といわれると途端にプレッシャーになってしまったりするのです。また、親切をして報われるとは限らず、かえって犯罪に巻き込まれたりすることもあります。このバランス感覚が抜群にいい。
特に、「奥山史嗣」の章のラスト、感服しました。ただただ強迫観念に駆られて「親切する相手」を探しているんだと思ってました。こういうひねり方もあるんですね。

ちょっと短めですが、いろいろ考えさせられるいい話だと思います。

(80点)



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ

テーマ:本読みの記録 - ジャンル:本・雑誌

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sensa.blog121.fc2.com/tb.php/1049-6d01485a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。