乱読にもほどがあるッ!
趣味? 読書です。毎日欠かさず本を読む、グータラ主婦の読書記録。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ
これは漫画「プリーズ、ジーヴス」を先に読んでなんか名作みたいだけど小説はどうなんだろう、と思って手に取ったのでした。

比類なきジーヴス (ウッドハウス・コレクション)比類なきジーヴス (ウッドハウス・コレクション)
(2005/02)
P.G. ウッドハウス

商品詳細を見る

ぐうたらでダメ男の若旦那バーティーと、とんち男の召使いジーヴス。世界的に有名なこの名コンビと、オマヌケなビンゴやお節介屋のアガサ伯母さんたちが繰り広げる抱腹絶倒の人間喜劇。(「BOOK」データベースより)


面白かったです!

いわゆる馬鹿むすこもの、です。
ファッションセンスが悪くて、賭け事好きで、享楽的で、何かといったら周りの人に泣きついて何とかしてもらう、馬鹿貴族のバーディー。一人前にノーブルオブリージュ(高貴なる者の責任)なーんていうんですけどね、非生産的なことこの上ない。
そしてそのバーディーに仕えるジーブス。
当主の性格を見抜いて、上手く誘導したり、アドバイスを与えたり。どう見ても、人間としてはジーブスのほうが格が上なんです。
しかしそのジーブスも頑固なところがあって、洋服のセンスについてだけは譲れないところがある。

主従関係ではありますが、堅苦しくはありません。

脇を固める惚れっぽいビンゴや、口やかましいアガサ伯母さんもいい味出してます。

続巻も読むつもり。

(78点)



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ

テーマ:本読みの記録 - ジャンル:本・雑誌

コメント
この記事へのコメント
なんだか面白そうな本ですね。
前にもこの本の感想をどこかで見かけて、気になってました。
召使いの男が問題解決、ということで「黒後家蛛の会」のようなミステリと思いこんでいましたが、違うのですね!
2009/05/22(金) 20:35:53 | URL | 牛くんの母 [ 編集]
一応ミステリですけど、味わいはだいぶ違います。
主人公たちのちょっととぼけた行動が巻き起こすいろいろな問題を、執事がアドバイスしたり裏から手を回したりして解決するはなしです。

面白いですよ。
でもちょっと昔の話なので、今の本とはリズムが違う感じで、読みにくい人はいるかもしれません。

2009/05/24(日) 02:16:10 | URL | 千砂 [ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sensa.blog121.fc2.com/tb.php/1056-b4805c35
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。