乱読にもほどがあるッ!
趣味? 読書です。毎日欠かさず本を読む、グータラ主婦の読書記録。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ
赤い館の秘密 の方が有名かな? 一度読んでみたい作家さんだったのでした。

四日間の不思議 (ヴィンテージ・ミステリ・シリーズ)四日間の不思議 (ヴィンテージ・ミステリ・シリーズ)
(2004/06)
A.A.ミルン

商品詳細を見る

かつて暮らしていた邸宅に足をのばしたジェニー。そこで叔母の死体を発見した彼女は驚きのあまり、“凶器”の位置を変え、自分のイニシャルの入ったハンカチを落とし、さらに窓下には盛大に足跡を残して逃走してしまう。警察はジェニーを被害と加害の両面から捜すのだが、やがてくだされた“真相”は、ジェニーでさえ考えつかないものだった…。 (「BOOK」データベースより・抜粋)

というか、この作家さんで一番有名な作品は「くまのプーさん」ですよね。原作本も何冊か読んでます。
そう思ってみると、非常に納得のいく話になっているんですよね。

発端は、一人の女性の変死。主人公のジェニーが彼女の死体を発見したところから物語は始まります。
そもそもジェニーが逃げ出さないで、「こういうことをしてしまいました」ときちんといっていれば、その時点でこの事件は終了なんですよ。まあ、裏付け操作くらいはしたと思いますが。
しかし、ジェニーは自分が犯人だと思われても仕方ないような証拠を山ほど残した上、逃走。
そして犯罪者はやっぱり田舎に向かうわよね、そして干草のベッドで寝なきゃ! という、偏った思考で行動を起こし、周りの人たちも巻き込んでいきます。

そしてまた登場人物たちがどいつもこいつものんきというか・・・善人ばかりというか・・・(警察官も!)緊迫感はまったくありません。

でも、この本はそれでいいんだと思います。
ユーモア小説。それも、今の時代のきわどいとがった笑いではなく、少し昔の、コントっぽい笑い。

ミステリとして期待すると愕然とすると思いますが、こういうのもありですね。

(73点)



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ

テーマ:本読みの記録 - ジャンル:本・雑誌

コメント
この記事へのコメント
A.A.ミルンと言えば、「くまのぷーさん」
てっきり童話作家、絵本作家さんなんだと思ってた!
今度、探してみよう^^
いつもありがと~
2009/05/26(火) 18:15:04 | URL | kaz [ 編集]
実をいうと私も
結構最近まで
「同姓同名ってまぎらわしいなあ」とてっきり別人だと思ってたのです(汗
2009/05/29(金) 12:09:43 | URL | 千砂 [ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sensa.blog121.fc2.com/tb.php/1058-9a326907
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。