乱読にもほどがあるッ!
趣味? 読書です。毎日欠かさず本を読む、グータラ主婦の読書記録。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ
最近、この方の著作を読み漁っております。が、私が面白い!(「ヤシュ・クック・モ」とか) と思った本でも、アマゾンなどのレビューを読むと、いまいちな評価が多いんですよね。疑問に感じておりました。

瞳の中の大河瞳の中の大河
(2003/07)
沢村 凛

商品詳細を見る


山脈に囲まれ、孤立した王国。貴族だけが富を独占し、反発した野賊が内戦を起こし、国は疲弊していた。戦いを終わらせ、平和な国を取り戻す・・・。困難に立ち向かったテミズ大佐の生涯。

他の作品が不評なわけ、納得しました。
だってこれ、傑作だもの。これを念頭において、他の本を読んだら、「物足りない」って感想も出ようもんだわ。

荒廃した国。
お飾りの国王の下で、高級貴族たちが権利を奪い合い、富を独占している。民は奪われるだけ奪われ、疲弊している。貴族たちのやりように不満を持った人々が「賊」となって立ち上がり、国民のための政治を要求しているが、それがまた新たな争いの火種になり、民は虐げられ続ける・・・。
規範の緩んだ軍が、どれだけ害悪をまき散らかすか。愚鈍な政治家に治められる国が、どれほど疲弊していくか。
しかし、ほとんどの民が「こういうものだ」と思って、あきらめながら生きてゆく。
その中、軍人になったテミズが、指導力を発揮し、部下の心をつかみ、昇進し、あるべき姿の国を目指す。大河ドラマです。

そして、作者の視線は決して、登場人物の一人に近づきすぎない。
内面を描きすぎず、淡々と、しかし力を持って書かれる文章。

そして、後のストーリーで重要な役割をになうことになる登場人物たちの、登場の場面が実に印象的。登場人物は結構多めだと思いますが(一国の歴史書だから)、それぞれの人物にドラマがあります。

そして。
すべてが終わった後の、エピローグ。
「日は昇り、また沈み、そして日々は繰り返す」。
この章タイトルが表わすものがもう・・・一冊読み終えてみると、ぐっと胸に迫るものがありました。

(90点。傑作です!)

しかし。
残念ながら、この本、絶版です。
何とか、どこかで再販していただけないものか。



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ

テーマ:本読みの記録 - ジャンル:本・雑誌

コメント
この記事へのコメント
傑作ですね!
こんばんは。
以前千砂さんにお薦めしていただいたものの、なかなか読めずにいたのですが、ようやく読むことができました!

良かったです。すごく。
エピローグの一番最後の台詞、意外でしたが素敵な終わり方でした。

沢村凜さんの著書は『黄金の王白銀の王』とこれしか読んでいないので、他のを読むのがちょっと怖いです…二大傑作を先に読んでしまったなんて~^^;
2010/03/09(火) 01:56:08 | URL | croco [ 編集]
>crocoさま
確かに。
その二冊を読んでしまったら、他の話はちょっと物足りないかもしれないです!
特に現代ものは。

「リフレイン」はよかったですよ。
2010/03/10(水) 15:22:19 | URL | 千砂@管理人 [ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sensa.blog121.fc2.com/tb.php/1059-f376eb58
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
内戦の終結に命をかけた男の半生を描いた、傑作大河小説。 瞳の中の大河(2003/07)沢村 凜商品詳細を見る この本は絶対に一気に読みたいと思...
2010/03/09(火) 01:42:25 | crococorc
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。