乱読にもほどがあるッ!
趣味? 読書です。毎日欠かさず本を読む、グータラ主婦の読書記録。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ
大好きな作家さんの一人です。それだけに、もったいない、という意識が先に来ました。
今回ネタばれ気味です。一応、決定的なことは書いてません。

太陽の坐る場所太陽の坐る場所
(2008/12)
辻村 深月

商品詳細を見る

高校卒業から10年。クラス会に集まった男女の話題は、女優になったクラスメートの「キョウコ」。彼女を次のクラス会へ呼び出そうともくろむが、「キョウコ」と向かい合うことで思い出される、高校時代の「幼く、罪深かった」出来事―。よみがえる「教室の悪意」。28歳、大人になってしまった男女の想いを描き、深い共感を呼び起こす傑作ミステリー。 (「BOOK」データベースより)

ストーリーの骨格は、「冷たい校舎」と似通っているんじゃないかと思うのです。終盤で、こういう叙述トリックがあったんだよ、という種明かしをするために、こつこつストーリーを積み上げていく部分なんかが。

私はそれがもったいない、と思う。

高校を卒業してから10年。成功したものも、結婚して子育てに忙しいものも、夢をあきらめきれずにあがくものもいる人生半ばの世代になった友人たち。間違いなく一番成功していると認められているのは女優の「キョウコ」。クラス会に彼女を呼ぼうとするものの、いやおうなく思い出される高校時代の苦いあやまち。

心理描写が抜群です。
自分で選んで田舎に残ることに決めた人たちが、都会に出て行った人に抱く割り切れない嫉妬。それを押し隠そうとしているのに気付きながら、透けて見えることにうんざりする都会に暮らす人。
自分より才能にあふれている人を見るときの、元クラスメイトだからこその羨望。
意地悪を自覚しながら、「でもこのくらい許されるよね」というしたたかさ。友人のものだから手に入れたい男。本当は正社員じゃないのに、勤め先の有名企業の名前だけをあげるずるさ。
そしてだんだん明かされてくる、ゆがんだ友人関係。その中で、正々堂々自分を貫こうとする女性たち。小憎らしい女もいましたが、それだけ読んでいる側の感情に触れてくるというのは才能です。
怖いくらいに迫力があるし、説得力もある。秀逸です。

もっと、まっすぐ書けばいいのに。
普通に、叙述トリックなしの、群像としての青春劇として書いても、この作品はきっと成功したのに。

何故、ミステリという枠に押し込めなくてはならないのかが、私には解りません。

(88点)



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ

テーマ:本読みの記録 - ジャンル:本・雑誌

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sensa.blog121.fc2.com/tb.php/1061-54c7e5db
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。