乱読にもほどがあるッ!
趣味? 読書です。毎日欠かさず本を読む、グータラ主婦の読書記録。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ
マラソンランナーの話ですが、青春ものではありません。

ランラン
(2008/06/19)
森 絵都

商品詳細を見る


仲良くなった自転車屋から、息子の形見の自転車を譲り受けた環。ある日操られるまま自転車をこいでいた環は、「死者の国」へいたるルートを発見した。なくしてしまった家族との再会。しかし、その自転車は元の持ち主に返さなくてはならなくなり、環が家族に会うには自力で40キロのルートを走れるようになるしか方法がなく・・・。

死者の国に行くルートという設定が実に絶妙で。
「自力で走らなくてはならない」(環の乗っていた自転車は死者の国にいた持ち主が『呼んで』いたので例外)
「休憩をせずに進み続けなくてはならない」
「スタートは日没後でなくてはならない」
「日付が変わるまでに元の世界に帰らなくてはならない」
というもの。
日没が午後6時としたら、6時間以内に、40キロの道のりを自力で走らなくてはならない。

環は家族全員を一時に事故で亡くしてしまい、その後身を寄せたおばさんも数年前になくしていて、生活するためだけに仕事はしているが、他人とのかかわりはまったくない。

そういう自分に閉じこもった女性が、「死んだ家族に会うために」というネガティブな前向きさでマラソンチームに入り、トレーニングに励む。
そのチームの面々がまた個性的。特に環の天敵として書かれている、悪意はないのに口を開くと毒舌ばかりする主婦の真知がいい。
とにかくもう、気に障るいやな人なのだけど、しかし彼女には彼女なりの人生があるのだ、と書かれている。

その真知とかかわることで、人間関係に前向きになり、嫌な人に文句を言ったり、恋が芽生えたり。
主人公の環が、成長する話です。

そして。
環は、決して「天才ランナー」とかではなく、普通の、むしろ体力も根性もない女性で、自覚もあって、マラソンに挑戦してもきっとみっともない姿をさらすことになるだろう、と予想している。
それでも、走ろうと思う強さ。ここが素敵。生きてるってすばらしい、と思いました。

(80点。ちょっと厚いけどすらすら読めるよ)



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ

テーマ:本読みの記録 - ジャンル:本・雑誌

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sensa.blog121.fc2.com/tb.php/1073-cbe4d454
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
ブックデザインは池田進吾(67)。書き下ろし。ネタバレありです。 22歳の夏目環は両親と弟、叔母を亡くした孤独なフリーターです。 自...
2009/06/16(火) 01:06:45 | 粋な提案
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。