乱読にもほどがあるッ!
趣味? 読書です。毎日欠かさず本を読む、グータラ主婦の読書記録。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ
この本、初版発行1959年ですよ! それからずっと現役なんだなあ、すごい。

赤い館の秘密 (創元推理文庫 (116-1))赤い館の秘密 (創元推理文庫 (116-1))
(1959/05)
A.A.ミルン

商品詳細を見る

赤い館の主のところに、ならず者の兄が訪れた。二人きりで話し合いをもっていると思われたが、館の中には銃声が響き、残されていたのは一つの死体。もう一人いたはずの人物も煙のように姿を消し・・・。たまたま滞在していた素人探偵二人が謎解きに乗り出すのだが。

江戸川乱歩が選んだミステリ、という古典中の古典です。

財力に物を言わせていろんな職業を点々とするのが生きがいな男、ギリンガム。たまたま次の仕事を何にしようか悩んでいたところに事件に立会い、「そうだ、私立探偵をしよう」と思いつくこの能天気さ。そして「私立探偵をするからにはワトソン役もいなくちゃなあ」と友人を助手に指名するあっけらかんとした感じ。
どこかほのぼのとしたおかしみのあるミステリに仕上がっているのは、この二人の会話の妙によるものだと思います。

手がかりはフェアに書いてあるし、この考え方では間違っているというものも含めて探偵が考えたことも書かれている、ミステリのお手本のような作品です。(兄だということになっている)謎の来訪者、秘書のとった非合理的な行動、秘密の地下通路と、ミステリを盛り上げる小道具もたっぷり。

…が。
そもそもの謎(真相)に大きな穴があります。何でこれ気付かなかったの?といいたくなるような。
(ホームズが仮装の名人だといわれても、180センチ強の男性が女装してたらいくらなんでも解るんじゃない? といったのに近い穴です)←ホームズファンの方ごめんなさい
それも含めて、古典だから仕方あるまい、とゆったり読む寛容さが必要です。

(75点)
この時代の小説としては画期的に読みやすいと思います。会話主体で進むからかしら?



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ

テーマ:本読みの記録 - ジャンル:本・雑誌

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sensa.blog121.fc2.com/tb.php/1082-c8634cc6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。