乱読にもほどがあるッ!
趣味? 読書です。毎日欠かさず本を読む、グータラ主婦の読書記録。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ
うわはは、先月半ばに読んだ本でしたのよ。

ST警視庁科学特捜班  緑の調査ファイル (講談社文庫)ST警視庁科学特捜班 緑の調査ファイル (講談社文庫)
(2007/02/10)
今野 敏

商品詳細を見る


1億円の名器ストラディバリウスが盗難。人気バイオリニストがコンサートのリハーサルの際にすり替えられたのだ。出動したST翠の異常な聴覚に、オーケストラの指揮者・辛島は興味を示す。捜査が難航するなか、コンサートマスターが密室殺人の被害者となる…。翠の苦悩が胸を打つ「色」シリーズ第4弾。(「BOOK」データベースより)

今野敏といえば「神南署」よりこっちのほうが人気があるんでしょうかね。最近読み出したので、いまいちよくわかってません。しかもシリーズ4作目から読み出すという間抜けっぷり。

ちょっとずつ普通の人より飛びぬけた能力を持つ人たちが集まった「科学特捜隊」。今回の事件は「バイオリンの盗難」。人には聞こえない小さな音も聞き分ける翠という女性の能力が主眼。

すごい能力を持っていることと幸せはイコールではつながらないのだなと思わせてくれる作品です。
それでも、この作中に出てくる「常人離れした聴覚」の持ち主二人は、自分の能力を生かせるところに生活基盤がおいてあって、不幸ではないのですが。

トリックは目新しくはないものの「ああ~~!」と思える出来で、伏線もお見事。

今野敏の小説は、ねちっこいところがなくて、さっくり読めるのがいい。その分一作あたりのインパクトには欠けるかも。読んでいる間は幸せなんだけどな。
そして!
4作目から読んでもなんら問題はなかったということだけはしっかり書き残しておこうと思います。
(72点)



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ

テーマ:本読みの記録 - ジャンル:本・雑誌

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sensa.blog121.fc2.com/tb.php/1084-f922954b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。