乱読にもほどがあるッ!
趣味? 読書です。毎日欠かさず本を読む、グータラ主婦の読書記録。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ
6月は後半ぐだぐだだったので、一月のまとめは7月末に二ヶ月まとめてします。

竜とわれらの時代 (徳間文庫)竜とわれらの時代 (徳間文庫)
(2005/10)
川端 裕人

商品詳細を見る

北陸の手取郡荘山村で発掘された40メートルにも及ぶ完璧な竜脚類の化石。発見もつかの間、何者かがその化石を盗み出した。米国の進化論否定の聖書原理主義者やイスラム過激派も動き出す。少年期の夢を孕んだ壮大なスケールの本格恐竜小説。 (「BOOK」データベースより)


いやあ…長かった。

川端氏お得意の、科学に裏打ちされた人間ドラマなんですが、バランスよく書かれていて、読みやすいです。
化石と進化論、イスラム教と聖書原理主義、アメリカの一国主義と対抗する人々、原発という力にすがる自治体、そして何より「竜神さま」と信仰して生きる人たち。
いろんな流れがうねりながら、クライマックスに向けて終結していく様子は圧巻です。

重要な舞台を日本の田舎の村にすえて、方言を上手く使っています。
竜神様にお仕えする文ばあの、何もかも受け入れて大きく見守るような空気感があるおかげで、この本、硬くなりすぎずに読みやすさが増している気がします。
化石を追う男たちだけの話になってたら、多分読み終えられなかったと思います。

ただし、文庫にして800ページ弱。結構時間がかかりました。

(80点)



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ

テーマ:本読みの記録 - ジャンル:本・雑誌

コメント
この記事へのコメント
川端 裕人は、私にとって気になる作家のひとりです。
この本は、未読。
千砂さんの感想を読んで、読んでみたくなりました。
2009/07/03(金) 19:46:54 | URL | 牛くんの母 [ 編集]
私も読んでいるのは半分強くらいですかね。
「夏のロケット」がすきなんです。

あのシリーズにつながる、
「男のロマンと現実」を感じさせられる話ですよ。
2009/07/06(月) 17:34:24 | URL | 千砂 [ 編集]
ああ、「夏のロケット」もよかったですね。
私が一番好きなのは、「川の名前」です。
ペンギンたちを救おうとする少年達の話でした。
2009/07/06(月) 21:39:54 | URL | 牛くんの母 [ 編集]
川の名前も読みました!
あれも面白かったです。男の子たちの書き方がいい作品ですよね。
2009/07/09(木) 12:28:00 | URL | 千砂 [ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sensa.blog121.fc2.com/tb.php/1085-b7cb49a2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。