乱読にもほどがあるッ!
趣味? 読書です。毎日欠かさず本を読む、グータラ主婦の読書記録。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ
この本は装丁が好き。帯の文句も好きです。

激流激流
(2005/10/21)
柴田 よしき

商品詳細を見る

京都。修学旅行でグループ行動をしている、東京から来た七名の中学三年生。知恩院に向かうバスで、その中の一人の女生徒、小野寺冬葉が失踪し、消息を絶った―。
二十年後。「わたしを憶えていますか?」三十五歳となったグループのメンバーに、突然、送られてきた冬葉からのメール。冬葉は生きているのか? そして、彼女の送るメッセージの意味とは…? (「BOOK」データベースより 抜粋)

班でグループ行動していて、一人が失踪してしまったら・・・。
他のメンバーは「あなたたちがいじめていたのではないか」「仲間はずれにしていたから気付かなかったのではないか」と疑いを受けることになる。普通に卒業していたら、日常にまぎれて忘れてしまったかもしれない、ただのクラスメートが、「失踪」してしまったがゆえに心の中でとげのように残っている。
この、「思い出すと何か苦い気持ちになる思い出」の書き方が上手いなあ、と思うのです。

二十年たって、それぞれの人生を送っているメンバーに、送られてきたメール。
本人が送ってきたとは信じられないけど、誰が、何のために送ってきたのかは気になる。
引き寄せられるように集まって、真相を探ろうとするメンバーたちの気持ちを想像すると、切ない気がします。

作中の盛り上がりに比べると、真相が普通っぽい気がしますが、日常の枠の中におとすとしたらこんな感じなのかもしれません。

(75点)




ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ

テーマ:本読みの記録 - ジャンル:本・雑誌

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sensa.blog121.fc2.com/tb.php/1087-1792eee2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。