乱読にもほどがあるッ!
趣味? 読書です。毎日欠かさず本を読む、グータラ主婦の読書記録。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ
伝統芸能シリーズはおしまいにしようと思ったら、この本にも関係のある場面が出てきてました。お神楽も芸能の一種だよねえ。

RDG2  レッドデータガール  はじめてのお化粧 (カドカワ銀のさじシリーズ)RDG2 レッドデータガール
はじめてのお化粧 (カドカワ銀のさじシリーズ)

(2009/05/29)
荻原 規子

商品詳細を見る

神霊の存在や自分の力と向き合うため、生まれ育った紀伊山地の玉倉神社を出て、東京の鳳城学園に入学した鈴原泉水子。学園では、山伏修行中の相楽深行と再会するも、二人の間には縮まらない距離があった。弱気になる泉水子だったが、寮で同室の宗田真響と、その弟の真夏と親しくなり、なんとか新生活を送り始める。しかし、泉水子が、クラスメイトの正体を見抜いたことから、事態は急転する。(「BOOK」データベースより)

うん。
荻原氏、絶対少女マンガ好きですよね。

引っ込み思案で自分の能力を使いこなせない主人公泉水子。対照的に、自分の能力の使いどころを心得ていて、そつなく振舞える深行。
泉水子と同室になった真響は、明るくて文武両道を実現している、でも気さくな女の子。真響の弟の真夏は人付き合いはちょっと苦手、勉強も苦手、でも動物好きで前向きで、たくましい。
この4人と対決することになるキャラクターも、それほど斬新な個性を持っているわけではない。
書きようによってはどこかで読んだことのあるストーリーになっておかしくないものを、ぐいぐいと読者を引っ張る力はさすが。

二冊目になって、ストーリーにも勢いがついてきたのか、読み応えはぐんとアップしました。
泉水子も、ゆっくりながら成長しているし。

おそらく、まだまだストーリーは序盤。
日本古来の「言霊」や「陰陽師」「山伏」などの不思議ワードをちりばめながら、どんどんスケールが大きくなっていくことを期待します。

(83点)



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ

テーマ:本読みの記録 - ジャンル:本・雑誌

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sensa.blog121.fc2.com/tb.php/1092-25dfb012
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。