乱読にもほどがあるッ!
趣味? 読書です。毎日欠かさず本を読む、グータラ主婦の読書記録。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ
図書館に予約をだして幾星霜…(大げさすぎ)。ようやく入荷しました。

黄金の王 白銀の王黄金の王 白銀の王
(2007/10)
沢村 凜

商品詳細を見る

百数十年にわたり、国の支配をかけて戦い続けてきた鳳穐一族と旺廈一族。生まれた時から「敵を殺したい」という欲求を植えつけられていた二人の王。だが、彼らは過去のしがらみを断ち切った。そして、争いのない平和な世の中を作りたいという思いを理解し、陰で協力し合う道を選んだ。しかし、それは想像以上に厳しいものだった…。 (「BOOK」データベースより)

自己を捨てて、自分の信じるもののために生きる男の物語、です。
「瞳の中の大河」「リフレイン」とも通じるところがありますね。

架空の国の歴史物語です。
一つの国の中に、いくつかの種族があって、それらが互いに権力争いをしている。その中でもっとも激しいのは鳳穐一族と旺廈一族。開国の王を同じく祖先に持つにもかかわらず、むしろそれだからか、お互いに憎しみあっている一族。
「このまま争いを続けていたら、国の力が弱まって、人民たちが飢えてしまう。他国からの侵略も起こりうる。今のうちに国を一つにして、内乱を終わらせてしまわなくては」と考え付いた薫衣という若輩の王。この、柔軟な発想力と、そのための第一歩をたがえない聡明さ。これこそ、まさに「王の資質」です。
そして、薫衣が改革に乗り出す際、協力者として選んだのが櫓。支配される側に回ってしまった、一族の王。矜持を捨てて「国のため」に薫衣と協力することになりますが、国の姿勢を変えるのはさすがにたやすいことではなく、さまざまな困難が待ち受けています。

なんといっても、胸を打ったのが、櫓と薫衣の妹の稲積の純愛話。二つの民族を一つにするための政略結婚でありながら、お互い惹かれあい、それを気付かぬままに長い年月を一緒に過ごす二人。370頁あたりからの描写はほろっと来ました。

大きなうねりとなって流れていく歴史物語。圧巻です。ぜひ読んでいただきたい。

(90点)

あえて欠点を挙げるとしたら、人物名が読みにくいことだと思います。何度「主な登場人物」の欄を確認したことか(涙)



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ

テーマ:本読みの記録 - ジャンル:本・雑誌

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sensa.blog121.fc2.com/tb.php/1099-3bccc7fe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。