乱読にもほどがあるッ!
趣味? 読書です。毎日欠かさず本を読む、グータラ主婦の読書記録。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ
考えてみたら「ライトノベル」と「ヤングアダルト」は対象年齢が少し違うはず。まとめて青少年向け扱いしてますが、…まあいいか。

都会のトム&ソーヤ (2) 乱!RUN!ラン!     YA! ENTERTAINMENT都会のトム&ソーヤ (2) 乱!RUN!ラン! YA! ENTERTAINMENT
(2004/07/21)
はやみねかおる

商品詳細を見る


廃ビルの砦にこもって、究極のゲーム作りをめざす創也は、ライバルの天才ゲーム作家に会うため、手がかりを追ってデパートへ。しかし、そこで待っていたものは…。サバイバルの天才、内人を相棒に、都会の中で、新たな冒険がはじまる。 (「BOOK」データベースより)


早くも二冊目です。一冊目の感想はこちら。
一作目より少し距離の縮まった内人と創也。・・・のはずが、結構けんかしてます。
「究極のゲームを作ること」を目標にしている創也は、天才ゲーム作家とうわさのある「栗井英太」に会って、どんなゲームをつくっているのか聞くのが当面の目標。「同じことをやっていたんじゃ、勝てないから、参考にしないために話が聞きたい」。この、自尊心がね、いいと思うんですよ。創也のキャラクターがはっきり解って。
栗井英太に会うために、夜中のデパートに侵入したり、洋館で謎解きをしたり。とにかく一筋! な情熱は、若い頃の特権かもしれません。

「体を動かして体験すること」「自分の頭で何かを工夫すること」を賞賛している内容になっているのもいいこれはあれだな」と見抜けたりもしますが・・・どきどきしながら読みすすめました。

この本で、いったん、究極のゲーム作りについては一段落(なのかな?)。
次はどんな冒険なんでしょう。わくわくさせてくれると信じられる、良質のシリーズです。

(80点)



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ

テーマ:本読みの記録 - ジャンル:本・雑誌

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sensa.blog121.fc2.com/tb.php/1106-e1b82962
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。