乱読にもほどがあるッ!
趣味? 読書です。毎日欠かさず本を読む、グータラ主婦の読書記録。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ
また二日もあいてしまいました。今回は本は読んでるぞ!

きみとぼくが壊した世界 (講談社ノベルス)きみとぼくが壊した世界 (講談社ノベルス)
(2008/07/08)
西尾 維新

商品詳細を見る


このシリーズの第一作が大好きで(しかし今確かめてみたら感想は書いてない。ブログ開設と読書時期のあれこれで、書いてない本が結構あるのだ、むむぅ)、続きも読むようにしているのですが、このシリーズ、登場人物は重なるけど、結構味わいが異なるので、読んでみるまであたりかはずれかわからないのがつらいところ。

この作品に関していうと。※ネタばれあり!
病院坂黒猫と、櫃内様刻の二人が、連れ立ってロンドン旅行に行くことになり、そのときの様子をミステリを交えながら一章ずつ交代にノートに書き上げていく、という展開です。
そして、書き手が変わるたびに、「前回の章でおきたミステリの謎解きがひっくり返される」という要素をはらんでいます。章によっては「だってそんなこと本当は起きてなかったじゃないか」とかいうひっくり返し方もあるし。
そんなんありか~という向きもあるでしょうが、私はこういうの、結構好きです。

結局は、お互いしか見ていない、「きみ」と「ぼく」との間のじゃれあいで。
そう割り切って読む分には、楽しく読めると思います。

ラストはちょっとすかされましたけど。

(78点。こういう古典もあったよね)



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ

テーマ:本読みの記録 - ジャンル:本・雑誌

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sensa.blog121.fc2.com/tb.php/1111-6ed3095c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
奇妙な相談を受け、シャーロック・ホームズが愛した街・ ロンドンへと誘われた病院坂黒猫と櫃内様刻。 次々と巻き起こる事件の謎解き合戦が...
2009/09/11(金) 18:10:09 | 粋な提案
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。