乱読にもほどがあるッ!
趣味? 読書です。毎日欠かさず本を読む、グータラ主婦の読書記録。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ
これも昨日のと同じく、特設コーナーにおいてあった本。「映画原作本」のコーナーでした。

さまよう刃さまよう刃
(2004/12)
東野 圭吾

商品詳細を見る


蹂躙され殺された娘の復讐のため、父は犯人の一人を殺害し逃亡する。「遺族による復讐殺人」としてマスコミも大きく取り上げる。遺族に裁く権利はあるのか? 社会、マスコミそして警察まで巻き込んだ人々の心を揺さぶる復讐行の結末は!?  (amazon・出版社 / 著者からの内容紹介より)


いや、前半は読むのが苦痛。
それは、少女が巻き込まれた犯罪が、これほど非道で残虐で、犯人たちには人として大事な何かが欠けている、ということを読者に納得させなくてはならないが故の書き方なのだけど、駄目な人は駄目だと思います。
その犯罪とはレイプ殺人です。
苦手な方はご注意ください。

そして。
この話の主題はそこからです。
少女を殺した犯罪者たちは、未成年なのです。
法の裁きを受けたとしても、恐ろしく軽い刑しか与えられない。
その事実を知った被害者の父親が、娘を殺した男たちを殺してやりたいと思ったとして、それを責められるものかどうか。
父親に同情するか。それでもやっぱり殺人はいけない行為か。
読者にも答えを求めつつ、物語はつむがれていきます。

途中にはさまれたマスコミの実態のようなもの、恐ろしく被害者感情を無視した行動は、現実の揶揄でしょうか。実際にありそうなところがまた気持ち悪い。
そしてさらに、「どんな非道な犯罪を起こした息子でも、母親は彼らをかばうもの」という書かれ方が、現実にそんな母を知っているからこそ余計に、胸に重い。

人の暗部に焦点を合わせて、逃げないで書ききった作品だと思います。
読後感もよくありません。
重くて苦しい。

さて、あなたならどうする?という問いかけが作中のそこかしこから聞こえてきそうです。

(88点)

決して「読んだ方がいいですよ」とお勧めはしませんが、東野圭吾のこういう作品が好きで私は彼の作品を読みつづけているのだと思います。
 
 
 
そして!
この本の映画化のキャストを見たのですが
主人公が寺尾聰じゃないですか!

「半落ち」のときも「博士の愛した数式」のときも泣かせてもらいましたよ、ええ。

このキャストを配置されたら、見ないわけには・・・・°・(つД`)・°・



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ

テーマ:本読みの記録 - ジャンル:本・雑誌

コメント
この記事へのコメント
私も寺尾聰のファンです!
あの、ゆった~りした雰囲気がいいですよね。
(博士の愛した数式で好きになりました)

ところで、映画のレビューはされないんですか?

2009/09/27(日) 08:16:11 | URL | こう [ 編集]
>こうさま
コメントありがとうございますm(_ _)m

映画のレビューが出来るほど、見ないんですよ。レンタル入れても年に5~6本かな。
やはり語るにはそれなりに目が肥えてないと、駄目だと思うので。
2009/09/28(月) 15:25:45 | URL | 千砂 [ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sensa.blog121.fc2.com/tb.php/1130-a6001a61
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。