乱読にもほどがあるッ!
趣味? 読書です。毎日欠かさず本を読む、グータラ主婦の読書記録。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ
今日の感想は辛口で。そしてネタばれあり。

ペギー・スー 魔法の星の嫌われ王女ペギー・スー 魔法の星の嫌われ王女
(2009/02/28)
セルジュ・ブリュソロ

商品詳細を見る


実の母親アゼナとの再会もつかのま、ペギーは青い犬と共に新たな旅に出る。向かった先は、本当の故郷、惑星アンカルタ。ここで更なる出生の秘密が明らかに--!? (アマゾン・内容紹介より)


このシリーズは何も知らない(そして魔力はあるけど使いこなせない)女の子が、突然事件に巻き込まれて、何とかかんとかがんばって、自分の日常に帰っていくお話、だと思っていたんですよね。一巻ごとに違う事件で。
なのにここ何巻か、話が連続するようになったからか、すっきり日常に帰った場面というのが描かれず、しかし一巻ごとに違う事件が起こってしまい。
なんというか・・・冒頭数ページを読んで、「あれ、こういう話になるってことは、この前の話はこうだと思っていたけど違うのか?」と思うのです。毎回。(私の記憶力が衰えているのを抜きにしても)

今回の話が一番きつかった・・・。

ペギーは前巻で、「実はあなたの母親は今まで育ててくれたあの人ではなく、ある星の女王なのだ」と明かされます。
そして、今回、その星に移住することになってしまうのです。
今までの人間関係を、全部捨てて。前回いっしょに危機を乗り越えた人たちを、みんな地球に残して。王女として。(青い犬だけは連れて行きますが)
新章の始まり、といった展開なんでしょうが・・・。なんか感情的に応援できなくなってしまいました。

今回の敵は「すべてを食べつくす巨人」です。が、ペギーが戦うのはしきたりと政治的駆け引きでがんじがらめになってしまった自分の立場です。身分格差といった問題も出てきます。

今回初登場で、それほど掘り下げられていない部分も、次の巻では語られることと思います。もし、これがまたぜんぜん違う事件になってしまうのだったら、私はこのシリーズはもうあきらめると思います。

(71点)

紹介文では「更なる出生の秘密」と書かれていますが、出生の秘密に絡んでどうこうといったストーリーではありません。



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ

テーマ:本読みの記録 - ジャンル:本・雑誌

コメント
この記事へのコメント
わるいところばかりではなくていいところも考えてみたらどうでしょうか?きっとまた好きになれるんではないでしょうか?
2010/07/19(月) 23:59:54 | URL | 読書友達 [ 編集]
もちろんこの作品にいいところがないとはいいません。
しかし一巻と比べてみたらまったく違う話になってしまっているのです。

私は、
奇妙な怪物たちの描写にひかれません。
怪物たちをやっつけるために考え出される面白いやり方も、「なるほど」と思うけれど
そのために他の部分を読もうと思うほどには吸引力を感じません。

「どんな怪物が出てくるんだろう、ペギーはどんな困難に立ち向かうんだろう」
と思って読む分には楽しいのだと思います、

でも私はこの主人公の気持ちに寄り添えなくなってしまった。

「面白いのに」
と思ってる方には失礼な言い方になってしまっているかも知れませんが、
これが私の本音です。
2010/07/23(金) 01:00:21 | URL | 千砂 [ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sensa.blog121.fc2.com/tb.php/1136-98a32781
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。