乱読にもほどがあるッ!
趣味? 読書です。毎日欠かさず本を読む、グータラ主婦の読書記録。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ
これは書店でもらった「新刊ニュース」だったかに紹介がのっていて、そのうち読もうと思っていた本です。

追跡―警視庁鉄道警察隊追跡―警視庁鉄道警察隊
(2009/07)
高嶋 哲夫

商品詳細を見る

東京都内を運行する列車内で、スリと切り裂き事件が相次いで発生した。『多国籍スリ集団』と呼ばれる犯人たちは、お年寄りや女性を狙い、乗客を集団で取り囲み、連携して犯行に及ぶ。一方、『切り裂き魔』と呼ばれる犯人は、女性のバッグを狙い、ゲリラ的に切りつける犯行を繰り返していた。警視庁鉄道警察隊新宿分駐所の小松原たちは、犯人グループを追い、警乗に追われていた。日々拡大する被害のなか、小笠原たちの執念の捜査で辿りついた犯人像…それは、男性ではなく女性だったのだ―。(「BOOK」データベースより) 

新人警察官が自分の仕事に誇りを持つまでの成長物語、です。
ミステリ的に、「誰が犯人だろう」と思いながら読むのも楽しいですが、犯人を当てるのに足るだけの伏線はないかもしれません。刑事がこつこつ証拠を集めていくタイプの作品なので、劇的な証拠というのはないです。

※以降、若干ネタばれ※

『切り裂き魔』と呼ばれる、女性のバックばかりを切り裂く犯罪者。犯人と目される老婦人が捕まったものの、痴呆にかかっているため明確な自白が得られない。
新人警官の小松原は、「何かが違う」と思い、他の犯人の可能性はないか証拠固めに奔走する。
しかし、そこへ新たな『切り裂き魔』が現れる。
過去の犯罪はどこまでが新しい犯人の仕業で、どこから老婦人の犯行か…。
鉄道警察隊という、条件の限られた中での捜査しかできない警官たちを描いた作品で、集団ものとしても面白いし、脇役のキャラクターもしっかりしています。
地に足の着いた警察ものとして、出色の出来。
それでいてラストにちゃんと山を持ってきてくれるあたり、小憎い感じもします。

この作家さん、初めてでした。また読もう。

(80点)



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ

テーマ:本読みの記録 - ジャンル:本・雑誌

コメント
この記事へのコメント
今読み終わりました~

面白かった!
警察官モノけっこう好きです
この後、どういう人生になっていくのかな~と思います

フィクションながらも
息子には大金を持って歩かせまい、とか思ったりしてw
いろいろ蓄積されますよね・・・

2009/11/11(水) 11:36:48 | URL | 桃葉 [ 編集]
>桃葉さま
そう!
わが身を振り返りつつ読むのですよ。

今日は高城高の「函館水上警察」を借りてきました。
どうも普通の警察ものと違う路線をひた走り中なワタクシ。
2009/11/11(水) 13:01:36 | URL | 千砂(せんさ) [ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sensa.blog121.fc2.com/tb.php/1141-de3f83e5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。