乱読にもほどがあるッ!
趣味? 読書です。毎日欠かさず本を読む、グータラ主婦の読書記録。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ
小路さん、最近続々と新作発表されますよね。追いかけて読んでますがおいていかれそうです。

COW HOUSE―カウハウスCOW HOUSE―カウハウス
(2009/06)
小路 幸也

商品詳細を見る


社会人としてやってはいけないことをやってしまって、左遷された畔木。新しい仕事はお屋敷の管理人。やってきた早々、屋敷内のテニスコートを無断で使っている少女と老人の二人組みに出会うのだが…。

小路さんの作品は、「おとぎばなし」だと思うのです。
決定的に悪い人のでてこない、「いいひと」たちが集まって、困難に立ち向かう話。
主人公の畔木。恋人の美咲。無人老人と、天才ピアニスト少女ふうか。
そして一番存在感のある、坂城部長。

話の主軸の一つにふうかの「才能」の件がある。

天才的なピアノの才能を持ってはいるものの、親はその才能を知らないでいる。
なんとなく普通に大きくなって、普通にやっていけたらいい、と、そればかりを考えている。
ピアノを習うにはお金もかかる。ふうかは両親を慮って、普通の(ちょっと変わった)女の子のふりをして毎日を過ごしている、のだが。
そこに主人公たちが現れて、彼女の運命が変わる。

すべてがいいほうにまわり始める、まさに夢のような話。

甘すぎる、と思う人もいるかもしれない、と思う。
それでも小路さんの書く話はこれでいい。よんだあと、やわらかい気持ちになれる、数少ない作家さん。

そして今回の注目は「部長」!
かっこいい!
こういう大人を描けるのはすばらしい!

(80点)

阪神大震災が題材の一つになってます。苦手な方は避けたほうが無難。



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ

テーマ:本読みの記録 - ジャンル:本・雑誌

コメント
この記事へのコメント
こんにちは。
なんとなくうまくまわっていってしまい、甘いな~とは思うのですが、このゆるさがいいと思わせてくれる小説でした。
どこかに存在していてほしいユートピアです。
2009/11/07(土) 14:41:51 | URL | かつき [ 編集]
>かつきさま
ゆるくていいお話ですよね。
この作風は大好きです。
2009/11/11(水) 12:59:24 | URL | 千砂(せんさ) [ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sensa.blog121.fc2.com/tb.php/1146-0c4de9a2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
いわゆる同居小説ですが、鎌倉の4千平米の土地に建つ豪勢な日本家屋に緑豊かな芝生と林とテニスコート。誰もがうらやむ豪邸です。そこに左遷された25歳の商社マン畔木は婚約者の美咲を伴って、引越します。クビになってもおかしくないくらいの失態を犯した彼は会社で一...
2009/11/07(土) 14:44:45 | 猛読醉書
小路幸也著 「COW HOUSE」を読む。 このフレーズにシビれた。  あまりにも長い間その葛藤をかかえていたために、それがスタンダードに、デフォルトみたいになっちまった。 [巷の評判]凪の海では, 「今回のこの本はほんとに読後感がすがすがしい。人物設定がみんな私好
2010/02/14(日) 12:10:30 | ご本といえばblog
この企画は・・・今の時代に合っている。利益になるかどうかはまったく未知数だが可能性はゼロではない。何より会社のイメージ戦略としては真っ当で、かつ確実だ。  まずは来訪記念にどうかひとつ! [:next:] 人気blogランキング【あらすじ】この家は、みんなの居場所...
2010/04/12(月) 18:31:37 | じゅずじの旦那
管理人の承認後に表示されます
2014/04/03(木) 11:39:46 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。