乱読にもほどがあるッ!
趣味? 読書です。毎日欠かさず本を読む、グータラ主婦の読書記録。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ
最初に読んだときはめっぽう面白いと思ったものの、その後浅田次郎に飽きてぜんぜん読まなかったので、ちょっと内容をあいまいにしか覚えてなかったりして。
読み直しました! 長かったよ。

蒼穹の昴(1) (講談社文庫)蒼穹の昴(1) (講談社文庫)
(2004/10/15)
浅田 次郎

商品詳細を見る


清朝末期の中国を、浅田次郎なりの解釈で描いた物語。
「権力にしがみついて国を傾ける悪女」と見られてることで、長く続いた王朝を終わらせる覚悟を決めた西太后の物語。

あまりの貧しさに自らの手で宦官となった春児とその妹、そして春児の兄と義兄弟の契りを交わしていた王逸あたりが主軸の話なのだけれど、歴史大河小説として読み応えあり。
登場人物はかなり多いので、(そして似た名前の人もそこそこいたりする)メモ片手に読んだほうが吉かもです。

私はこの小説を最初に読んだ何年か前、「母の愛って偉大だなあ」と思った覚えがあるのだけど、今は「上手く手を離してやるのも母親に必要な才能だなあ」と思いながら読みました。

ものすごく華々しい山場があるわけではないのですが、(時代の流れに即しているので)登場人物たちの心情を丹念に描いた力作です。

(80点)

そして。
続編に当たる「中原の虹」を読んでいないことが判明しました。急いで探します。



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ

テーマ:本読みの記録 - ジャンル:本・雑誌

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sensa.blog121.fc2.com/tb.php/1147-f4039eb9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。