乱読にもほどがあるッ!
趣味? 読書です。毎日欠かさず本を読む、グータラ主婦の読書記録。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ
体調不良にてしばらく間が開いてしまいました。もう元気です。

ヨルの神さまヨルの神さま
(2008/11/26)
樫崎 茜

商品詳細を見る

弟といっしょに塾に向かう途中、突然鳴った公衆電話。電話が告げた「ヨルの神様」という言葉に引かれて、調べ始める恵だったが・・・。

成績・まあいいほう。兄弟は弟一人で、こいつがめっぽう勉強好き。友達はいる。親は学習塾の塾長をしていて、子供への理解はある方。さすがに塾には通わせられる。勉強は嫌いだが、やればそこそこの成績が取れるので、しないこともない。
・・・という主人公、恵。はっきりとした不満があるわけでもなく、そこそこの濃さで毎日を送っている中学生。
でも、背中にべったりと「つまんねえ」って書いてあるような、そんな少年。

そんな少年が受けた間違い電話。恵は「ヨルの神様は公園の滑り台に座っている」という言葉を頼りに、近くの公園を探しまわります。

そして出会ったヨルの神様は、特殊な能力があるわけでなく、ただの物静かな青年で、しかも犯罪計画まで立てています。その計画は罪を当てはめるとしたら「窃盗罪」なのだけど、もっと悪い犯罪もあちこちにありふれている。恵はその「計画」に手を貸すことにして・・・。

小説として甘い部分はあると思います。展開に無理がある場面も、説明が足りない場面もあると思う。
ただ、少年の視点からつむがれた彩度の低い日常についての文章は、読ませるものがあります。
どちらかというとYA小説の部類になりますね。

(75点。もう少し大きなうねりがある小説のほうが好みかな)



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ

テーマ:本読みの記録 - ジャンル:本・雑誌

コメント
この記事へのコメント
模擬テストである統一合判にでました。なんか嶋先生に望が質問しにいったところから始まり塾の嶋先生が変な質問をして去っていって望と考えるシーンまでが出題されました。恵がオレという表記になっていまいた
2010/05/08(土) 23:23:00 | URL | 受験生 [ 編集]
>受験生さま
そうなんだ! 知りませんでしたー。
試験に出るのは一部分で全体を読むとまた違う印象になりますよね。

宮沢賢治はテストで読んでから本編を読んだなあ・・・。
2010/05/11(火) 10:40:29 | URL | 千砂 [ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sensa.blog121.fc2.com/tb.php/1149-6edefbd6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。